旅日記 ペルー マチュピチュ 世界のごはん・お菓子

マチュピチュ村を歩こう

投稿日:2017-09-22 更新日:

最初に、前回書いた日記で、マチュピチュの鳥の形と横顔の答え合わせをしたいと思います。

インカの石積み、壁の鳥の形は。。。↓↓

 

そして最後の、マチュピチュ遺跡とワイナピチュの山の景色を横にすると、

インカ人の眠る横顔が浮かび上がる。。。というのは。。。↓↓

以上でしたっっ!!(`・ω・´)ゞ

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

再びバスに乗って、山を降り、麓のマチュピチュ村へ帰ります。

ほんっとうーに、麓からは、遺跡いっさい見えませんね。

こうして、麓に降り立つと、まさにあれは幻の町だったんじゃないかって思えるほどです。

 

さて。

電車が来るまでは、まだ少し時間もあるので、マチュピチュ村を少し歩いてみますか―!

小さな村ですが、まあ観光客の為に、お店はたくさんあります。

こちらは村の地図。

ちょっと、温泉街っぽい村だなーと思っていたら、

どうやら本当に温泉があるようです。

この村に滞在する人には、遺跡を歩いて、山に登った後の絶好の娯楽ですね。

可愛いゴミ箱。


この南米で、色んな町に行ったけど、

どこの町の広場にも同じ名前がついていたりするのですが、

ペルーの大きな広場は、”アルマス広場”とつけられているのが多いです。

 

で、ここマチュピチュ村にもアルマス広場はあります。

ひときわ目立つ、金色のインカ皇帝のパチャクテク像が目印。



色んなポーズをして各町に立っている彼ですが、マチュピチュ村のパチャクテクは、手を広げていますね。

彼は、インカ帝国9代目の皇帝です。

かつては、クスコ周辺程度の小さな領地であったインカ帝国を、

南米のかなり広い範囲まで拡げた、類まれなる権力を持つ人物です。

そして彼の進めたインカ帝国の発展が、

皮肉にもインカ帝国がスペインに侵略される道を造ったとも言われてもいるのですが。

そんなパチャクテクの墓は、今でも、マチュピチュ遺跡の下に埋められていると言われているそうです。

 

今でも、この村からマチュピチュ遺跡を見守り、人々を叱咤激励しているように見える後ろ姿。

以前も書いた、この村の初代村長の野内さんも造り上げた村。

この村が、いつまでも穏やかで平和な村でありますように。

 

ふ。。。

この子、可愛い。この子も町の一員ですね。

この子は、ネットカフェの看板犬かな。

リアル可愛い子見つけた!!(´▽`*)

ペルー犬と言えば、毛のないつるつるの子が有名だけど、

こうも寒い場所じゃ、あったかい毛皮着てないと、ワンさんもやってらんねーなって感じだろうな。

この子はあったかそう。

 

お土産を買うなら、駅のすぐそばにお土産市場があります。

結構広い市場なんで、見て歩くのも楽しいです。


クスコとマチュピチュのどっちが値段は安いのかわかんないけど。

 

と、散策していたら、この村に戻ってきてから、ぽつぽつと降り始めた雨が、本格的に降り出しそうなので、

お腹もすいたし、雨宿りも必要なのでお店に入りました。

で、店に入った瞬間から、豪雨みたいな土砂降りに変わりました。

そして、この雨は、この後、一日ずーっと降り続いたのです。

 

いやぁ。間一髪!!

良かったー!!これが、マチュピチュ遺跡を歩いている時じゃなくて。

遺跡の中なんて、確実に雨宿りする場所ないし。

今回の旅、ここまで大きな観光名所では、雨も降らず、全部天気に恵まれました。

全てのパワーに感謝です。

はるこのパワーもあったのかな。

 

ペルー料理を食べますか!

おなじみ、SOPA

 

ピザも頼みました。

石釜ピザなので、凄くおいしかったです。

 

バナナシェイク

わかってはいたけど、

 

んー常温!!

さて、雨宿りがてら、ちょっと休憩。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

 

<sponsored link>







-旅日記, ペルー, マチュピチュ, 世界のごはん・お菓子

執筆者:


  1. ぐるくんのからあげ より:

    観光地

    どこの国にも観光地の近くには楽しい施設があるのですね。

    バナナシェイクが常温もおもしろいですね。

    そういえばソ連(ロシアの前の名前です。皆さん知っていますか。)に行ったときのビールは常温でした。

    冷たいビールを確かめるのは日本人だけでした。

    石窯ピザもおいしそうですね。

  2. ☆まりりん より:

    出た!

    常温(笑)

    写真見た瞬間、温泉街っぽい!と思ったら、温泉街だった!!ほんと、日本の温泉街と同じような風景がおもしろいね。

comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PREV
マチュピチュ遺跡ラスト
NEXT
祭りのあとのような帰り道

関連記事

四万人の遺骨で出来た教会

聖マリア大聖堂を後にすると、ここから徒歩5分くらいのところにある、 セドリツのもうひとつの名所、墓地教会を目指します。 もちろん、ここもずっと行きたかった場所。 でも、今日は本当に人骨だらけの写真にな…

続きを読む

ワット・プー・カオトーンに到着

アユタヤの中心地から、ひたすら自転車を漕いで、到着しました。 こんな田舎道を走って来ましたが、地元の暮らしが垣間見えて楽しかったです。     最後、入口を間違えて、遠回りして裏口…

続きを読む

インドに到着!疑心暗鬼とわくわく感が止まらない

トランジットのマレーシアであっという間に荷物検査、 そして搭乗開始となりました。 やっぱり二人旅だとこういう待ち時間ってあっという間ですね。   インド人がかなり増えてきました。 色とりどり…

続きを読む

ここはー...スラム街ですか?それとも?

バスは、Nepligetバスターミナルに到着しました。   なんだか結構、一緒にバスに乗っていた乗客は、 地元の人が多かったらしく、お迎えの車がたくさんいて、 みんなそれに乗り込んでいました…

続きを読む

ビエンチャンの夕方の過ごし方

夕方、のそのそと起きだして、ビエンチャンの中心地へ出かけました。 ビエンチャンでは、ルアンパバーンと同じく、ナイトマーケットが毎晩やっているので、 もちろん行ってみましょう!   中心地は、…

続きを読む

目覚めたら...王宮の町フエ

朝、9:00頃、バスの窓には遺跡のような大きな門が見え始め、 ああ、フエに着いたんだなとわかります。   バスは、ここで降りる人が半分くらい、このまま降りずに次の町へ向かう人が半分くらい。 …

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link