旅日記 インド バラナシ 長距離バス

バラナシのインド人と最後まで喧嘩して、さらばインド

投稿日:2019-02-06 更新日:

バラナシ初日、宿に向かうリクシャーマンに危ない宿だと大嘘つかれたけれど、

宿はとても快適で、宿の人にはお世話になりました。

 

バス停に向かう時間まで少し待機させてもらっていたら、

宿のオーナーがいたので、カトマンズまでのバスについて色々教えてもらいました。

ついでに、この後ネパールに入国する際に必要となるUSドルに両替してもらったんだけど、

このUSドルが後ほど、小事件を引き起こすのです。

 

 

小さな発見。

インドのカレンダーの暦は縦だった!!

いよいよ時間が来て、バス停へと向かいます。

とは言え、またしてもリクシャーを使わないと遠いので、

最後にひと頑張りしないといけないのだけれど。

 

バラナシの駅から来た時は、一人50ルピーでした。

本当は40ルピーなのに、めんどくさいからお釣りを諦めて50ルピーになったのでしたが。

カオスな街バラナシで嘘つきインド人の本領発揮

 

今度の行き先はバスステーションですが、駅からはさほど変わらない距離で、

もちろん料金は変わらないはず。

しかし、つかまえたリクシャーマンは、一人60ルピーと言いやがる。

断固抗議すると、駅方面まで向かう他の人も集まれば(相乗りにすれば)

50ルピーでいいとのことで、

しぶしぶ承諾し、他のインド人の相乗り客が来るのを待ちます。

 

待ちます。

 

なかなかそうそう都合よくは来なかったけれど、

結構待たされ、ようやく相乗り客が決まり、

膝がくっつくくらいのぎゅうぎゅう状態でリクシャーは走り出しました。

 

すぐに、途中で相乗りインド人を降ろし、駅に到着しました。

が、案の定こいつも悪徳ドライバーで、”やっぱり60ルピーだ”と言いやがる。

「50って言ったでしょ!50しか払わないから!」

と怒っても、真顔のまま60ルピーを請求してくる。

もはやインド人ドライバーと、喧嘩するのも疲れた。

意地で50ルピーしか払わないつもりだったので、彼の言い分を無視して50ルピーを渡し、

さっさとリクシャーを降りて、歩きだしました。

 

バラナシのリクシャーマン、ほんっと嘘つきばかりだった。

出会いに恵まれなかった。

なんで最後に気持ち良く町を去らせてくれないんだよ。

 

たったの10ルピー。だけど、これを言われた通りに払ったら、

真面目にやってるドライバーの人達が損をするだけ。

そして、これからもたくさんの旅人がバラナシにやってきて同じ目に遭うだろう。

それにインドでは10ルピーの価値は大きい。

やっぱり、こういう悪徳ドライバーを許さない旅人でいたい。

 

駅からバス乗り場までは、まっすぐなんだけど、途中にあった大きなホテルで、

念のため道を聞いてみたら、すっごい紳士的に教えてくれました。

それにしても立派なホテルで、安倍首相が泊まったのはここなのかもってくらいのホテルでした。

バラナシにもこんなホテルがちゃんとあるんだね。

 

 

バスステーションは、そんなに大きくないけれど、夜でもちゃんと明るくて、

売店もあって人もたくさんいて、そんなに怖くない雰囲気です。

ほんっと外国人少ないから、欧米人を見るだけでもほっとするよ。

 

ちなみにインド人は、バスを待っている人達なのか、普通に床に寝てました。

いつも一人旅の時、宿を決めずに到着して、時間が遅くて宿が見つからなかったら、

最悪、バスターミナルで野宿しようと心に決めているんだけれど、(幸いまだ一度も野宿経験はないです。)

バラナシのバスターミナルは、ちょっと野宿できそうって思うくらいには明るい雰囲気。

まぁ、もっと夜が深まって行ったら、怖い場所になるのかもしれないけど。

 

はい。バスターミナルで野宿か、宿に頼み込んでソファーで寝させてもらうか、

ほんとラオスでのチャイナ旧正月の時みたいに宿がちっとも見つからなかったら、

そんな対策を考えています。

 

余ったインドルピーで、売店でポテトパイ30ルピーを買いました。

お菓子は何種類か種類があって、だいたい20ルピーからの物が売られていました。

 

こんな感じのベビースターっぽいお菓子を買ってみた。ちなみにカレー味。

でもほんっと、このお菓子類が長いバス旅ではこの後重宝したので、

買ってバスに乗るのをおススメします。

 

売店のお兄さんは、すっごい気さくで楽しいインド人でした。

良かった。さっきの悪徳ドライバーがインド旅最後に出会ったインド人にならなくて。

 

さてと。

肝心な、この後乗るバスはどれかな?

あ、あれかな。。。はは。。。

よく、テレビや写真なんかで見る、インドの乗車率120%越えのバスってこんなですね。

ですが、さすがに外国人用のバスは、ここまで酷いバスではありませんのでご安心を。

 

ポテトパイを食べ終わって、ゆっくりバスに向かうと、もう到着していました。

同じバスの乗客らしき欧米人の男性が、荷物はここに入れるといいよと声をかけてくれたので、

未知の国を行くバスでもちょっと安心感が。

 

なんだかんだ一人旅の時でも、長距離バスで安心したのは、

大きな欧米人男性が隣りに居る時だったな。

強そうだし。

 

バスに乗り込みます。

バスは指定席。ケーシーの座席番号は○○ね、

と確認してくれたお店のお兄さんの声が甦ります。

 

正直言って、東南アジアの寝て行けるバスの方が快適で、

インドの夜行バスは普通の座席のバス。

ですが、エアコンが効き過ぎってくらい効いていて快適です。

 

窓の外では、他のバスを待っているのかな?

インド人がたくさん。

ひとまず、さっきのボートトリップで若干船酔いしてしまったので、

酔い止めをしっかり飲みます。

バラナシ - カトマンズの道も、なかなかの道らしいんで。

 

しかし、バラナシすっごい町だったなー。

私、すっごい怒ってた!

でも、その怒るパワーも、なんだか町からもらったようなそんな気さえする。

だって、日本じゃこんなに面と向かって相手に怒ったりできないもん。

それって、自分にとって凄く必要なことなのに。

しっかり怒って、しっかりたくさんのことを感じて考えるって大事だなと思う。

怒ることも楽しむことも、生きるパワー。

バラナシは、ほんとにすっごいエネルギーが渦巻いている町だと思った。

 

怒ってるさなかは、二度とこんな町来るかっって思ってたのに、

いざ去るとなると、次に来たときのことをもう考えていて、

それは絶対、いつかもう一回来たいって言う紛れもない気持ちで。

 

とにかく疲れたけれど、精一杯生きる原点というか、パワーをくれた町。

願わくは、嘘つきリクシャーマンがどんどん減って行きますように。

 

そして、楽しかったよ!インド。

また来るからね。体力溜めて。

 

では、この旅クライマックスのネパール、カトマンズへ出発ー!!

 

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

 

 

0

<sponsored link>







-旅日記, インド, バラナシ, 長距離バス

執筆者:


  1. tekutekubunbun より:

    こんばんは

    最後の最後にまた喧嘩 (^▽^;)
    でもインド人と渡り合えばチョットの事ではへこまなそう(笑)
    強くなれるような気がする!

    でもサヨさん野宿する覚悟で旅をしてるの??
    すごいね!!
    やっぱり旅行ではなく旅なんだね!!

  2. スティーヴ より:

    サヨさん、こんばんは♪

    サヨさん、お久しぶりです。
    リクシャのことでふっかけて来るのは、バラナシが特に多いんですか?
    まぁ、インド人には笑わせてもらいました笑
    サヨさんは、旅のあとで日本に帰り体重の変化がありますか。

  3. 瑠璃色の海と猫 より:

    いつも楽しい旅行記ありがとうございます

    楽しい、って言うよりも、命がけの、真剣勝負が、伝わって来て、ワクワクします。生命維持を、脅かされている私には、(32~33度という低体温、心不全、ヒドイ不正脈で、いつ止まっても不思議ではない心臓)力強いエールに感じます。
    これからも、お元気で、素晴らしい旅をなさってくださいね。
    私も、今年、生まれて初めて、エジプト行きます(8月下旬から9月にかけて)
    「瑠璃のブログ~瑠璃色の世界の私と永遠の猫たちパート2」
    です。(いいね、付けられるのとは、違っています。アメブロ側でされた事です)

  4. ヒーリングタイム より:

    ネパール

    おはようございます。

    正直言って私は、インドは、嫌いでは無いですが、あまり、馴染めませんでした。それに比べると、ネパールは、良かったです。
    もう一度、行きたいと思っている内に、王政が倒れ、私も、年をとって行けそうも無くなりました。

    そういえば、20年位前にネパールに行った時に現地日本語ガイドのネパール人が、当時、独身で40代半ばだった私に、27歳のネパール航空のCAを紹介するから結婚前提で付き合ってみないかなどと言いだしたことを思い出しました。

    勿論、遠慮しましたが、これって、どうなんでしょうか。

  5. ted & LEON より:

    色んな経験をして
    人間本来の生きて行くと言うDNA が
    沸きだすんでしょうね❗
    またひとつ成長しましたね
    これからも気をつけて下さいね

  6. Sonoko より:

    インドって本当にエネルギーが必要な国ですよね。精神的に弱っている時は参ってしまいますね。バラナシに限らず、インドでは若い頃は毎日インド人と喧嘩してました(笑)私ってこんなに強かったっけ?って思うくらい、インド人の騙しやぼりは絶対許さず戦っていました。
    ムカつく~❗って思うのに絶対また戻ってしまう不思議な国インド。
    12回訪れる頃には、インド人の行動が想定内になり、もう全く喧嘩もしなくなりました。
    歳取ったのもあるかな~(笑)

  7. ノル より:

    こんばんは。

    バラシナ、インド。
    ネパールへ^_^
    旅^_^
    良いですね!
    読んでいて現地を感じる様な気に
    なりました。

    ちゃっかりフォロー登録させて頂きます。
    宜しくお願い致します。

comment

PREV
バラナシのこの景色を覚えていよう
NEXT
ネパール ツーリストビザの申請はネットで簡単

関連記事

ビジャソンでのルカとの出会い

PM8:00、ウユニを出発したバスは、夜道をずっと南下していきます。 オンボロバスにも、長距離バスにも慣れてるし、しっかり準備もしていったけど、 それでもこのバス、本気ですきま風がびゅうびゅう吹いて、…

続きを読む

フェリーに乗って香港島へ

香港特別行政区は、いわばいくつかの島によって出てきている国です。
まずは、到着した香港国際空港があるのは、ランタオ島という香港の西部にある大きめの島の北にある小さな小島、赤鱲角島(チェクラプコク島)という場所です。
そこからバスに乗って宿の重慶大厦のある九龍(カウロン)と言う、中国と陸路で繋がっている半島エリアに到着しました。
で、私達が今いるのは、九龍の尖沙咀(チムサーチョイ)と言う地区。
そこから、フェリーに乗って海を渡り、対岸の香港島へ渡ります。

フエの名物料理 ブンボーフエ

ぐーーーっすり寝ました。 ひたすらバス移動からドミトリー。気を抜けない睡眠が続きましたが、久々の個室。 ホテルは静かで、かなりいい感じでした。   午前中は洗濯をしたり、調べ物をしたり、部屋…

続きを読む

クラクフでドラゴンのパレードに遭遇

ヨーロッパ旅、そしてクラクフ最終日!!   どうでもいい話ですが、ヨーロッパの宿によくあるこれって、 洗濯物干しなんでしょうか??? って、もはや洗濯物干しとして使ってるじゃん!!って感じな…

続きを読む

プノンペンの王宮を散歩する

博物館を出て、再び呉さんのバイクの後ろに乗り、 独立記念塔などを通って、目指すは王宮です。 かつて、カンボジアはフランスの植民地でした。 1953年に独立を宣言すると、やがて独立を記念して、5年後の1…

続きを読む

ドイツ名物CURRYWURSTとアレクサンダープラッツをぶらり

ベルリンの壁も無事、見られたことですし、お腹すいたー!! ドイツと言えば。。。白いソーセージ!! で、ドイツで流行っているファストフードで、すっごく食べてみたいものがあったんです。   &n…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link