旅日記 インド バラナシ

バラナシのこの景色を覚えていよう

投稿日:2019-01-17 更新日:

バラナシでの最後の食事は、初日に出会ったインド人トシに教えてもらった、

ベジタリアンフードのお店、SHREEへ。

なんだかんだ、バラナシにいる間お世話になったお店です。

体調を崩すこともなかったし、安心してこのお店はおすすめ。

 

 

しかし!

 

このインドに来てからずーーーっとのカレー味に嫌気がさして、

カレー味のするものは食べたくない。で、暑過ぎて食欲ない。

 

ってことで、ココナッツパンケーキと書かれたメニューを注文。

パンケーキと言うよりもクレープ。でも、美味しかったです。

 

あとは、シェア用のパスタ。

トマト味のはず。うん、トマト味の。。。

 

パパイヤラッシーは、いまいちの味でした。

食べていると、ちょうどトシがやってきました。

実は、初日に会った後、彼は、○○連れてってあげる、小さい火葬場も連れてってあげるよ、

などと、勝手に言っていたんだけど、

やっぱりバラナシのインド人に深入りし過ぎて大丈夫なものか、

でもって、なんだかんだ高いお金を請求されるんじゃないかとか、警戒し過ぎて、

結局彼のお店にはあれ以来行かなかったのです。

 

が、彼はいつでもなぜか私達を探し出して来て、突如現れるのが謎でありました。

 

昨日も、宿に帰る前の道端のお店でステッカー買ってたら、急に現れて、

「なんで、声かけてくれなかったんだ」と、若干怒り気味に言われたんですよね。

今まで、現地の人との交流に笑わせてもらい、助けられることもたくさんあって、

そんな旅が好きな者としては申し訳ないなといつも思ってたんですけど、

バラナシのインド人とは、次の約束はしないのが一番だと思ったんで、

結局彼とどこかに行くことはなかったんです。

 

トシは本当に、ただ日本人と仲良くしたいだけなのかなぁ。それは純粋なんだろうか。

やっぱり、他の国で仲良くなった現地人とは、どうしても比べてしまう。

それはインドにいるからなんだけど。

 

思い返してみれば、彼にはなんだかんだでお世話になったと思うんで、

彼の店で買ったTシャツが実はもっと安かったかも疑惑 も、

彼のしてくれたことへのささやかなお礼と思って、

(結局最後もお礼を言えないまま別れてしまったのが心残りだし)

ちっとも頭には来てないんだけど。

 

インド、旅人としてはやっぱりすっごく楽しくて、魅力のある国だと思う。

正直、淡々と進む旅よりも、こんな風に思いっきり喜怒哀楽を出させてくれる国の方が好き。

手を振れば、どんな無表情のおっちゃんも手を振り返してくれるし、

たくさんのインド人が、大人も子供も、悪事目当てなんかではなく気軽に挨拶してくれる。

 

しかし、残念なことに悪い人間は、とことん悪い。

まぁ、それは日本もそんな部分あるけど。

ひとまず、次にバラナシを訪れた時はもうちょっと、警戒しながらもオープンに行きたいなと思いました。

 

で、最後にトシにお願いしたのは、ボードトリップ。

初日に、トシがこういうのあるよって言ってくれた中にボードトリップがあって、

どうせならガンジス川からのバラナシのガートを見てみたいし、

実際、ガートでボード勧誘してくるインド人も多かったんですけど、

こういう時は、トシに頼んじゃった方が安心な気がしたので。

 

ちなみに、ボートトリップは、200ルピーでした。(305円くらい)

 

道で出会ったのは、なぜかいつもの野良牛ならぬ、野良馬!?

「彼が連れて行ってくれるからね」と、トシが紹介してくれたお兄さんについて行って、

ボートに乗るガートに到着。

 

ここには、オレンジ色の服のサドゥー(修行僧)がたくさん。

みんな一日中、ガンジス川を眺めているのだろうか。

 

沐浴をする子供達。

結局、沐浴はしないまま終わったけど、ボートでガンジス川に出ることで、

私の沐浴としよう。そうしよう。免疫力ナシの病弱旅人

 

さあ!イケメンインド人のお兄さんと共に、

ザ・バラナシな景色を見に行きましょう!

 

ガンジス川の上から見るバラナシのガートは、とても綺麗とは言えないけれど、

とてつもない存在感があると思う。

町中に居ると、次から次へと話しかけられるから、

黙って周りを見回す有余もないくらいだけれど、

こうして静かなガンジス川の上から、町を見つめると、

ほんとに悪くない町だな、と思うし、なんて特異的な貴重な町なんだろうと思う。

そしてそんな貴重な場所に居ることができている今。

ガンジス川の上に居る今を、噛みしめます。

 

すれ違うインド人の船。

向こう岸の家に帰るのかな?

 

プージャの時にも見た、死者のための小さな灯りを乗せた小舟がたくさん流れて行きます。

そうそう。

 

ガンジス川には、病気や事故、子供などの遺体は、火葬しないでそのまま流すって聞いてたんで、

これ見て、一瞬遺体が流れてきたのかと、びっくりしました。

でも、イケメンインド人のお兄さんが、

「人の頭に見えるよね、でも椰子の実だよ。」

って。

 

ほんとに、頭に見えたんだよ。。。

 

ボートは、どんどん進んでいきます。

 

そして、このピンクの建物が見えてきた辺りから、

再び写真撮影禁止となります。

なぜなら、この先は、前回の記事で書いた大きな火葬場のあるマニカルニカー・ガートとなるのです。

っていうか、こんなボートで行ってくれるんなら、

わざわざあんな思いして行かなくても良かったのになぁー。

マニカルニカー・ガートへは、ボートトリップで行く方がおすすめですよ。

 

お兄さんが色々説明してくれたけど、

ハリスチャンドラ・ガートの方で聞いた説明 とほぼ一緒でした。

でも、ガイドもしてくれて感謝。

 

ガンガーから見たマニカルニカー・ガートは、

すっごく異質を放っている世界で、

私が、日本に居る時にいる場所とは本当に真逆のような場所で、

厳しくもあり、インド人にとっての最後の場所と思えば尚更、

凄いとしか言いようのない場所で、

言い方おかしいけれど、綺麗で、

仕方のないことだけれど、写真に残せないことが凄く残念なくらいです。

 

空はいつも曇っていて、なぜか、この一帯だけ無数の鳥が飛び交っているのも、

またこの異世界さを浮き上がらせている1つでもあるのです。

これは何の鳥なんだろう。

死者の灰に集まっているのかな。

 

いっろんなことがあって、本当に濃いバラナシだったけど、

最後にガンジス川からの景色を見ることができて、本当に良かったです。

 

これだけ、たくさんのインド人と喧嘩しても、嫌な事があっても、

やっぱりこの景色をまた見たいなぁと思う。

もちろん、もっともっと他のインドの町も見てみたい。

 

インド国内だけで、行きたい場所がまだまだたくさん。

そう思ってるだけで、私のインド旅は、まだまだまだまだ続いて行くんだと思いました。

 

最後にちょっとだけ見えた、バラナシのガンジス川の青空。

っていう、なんだか清々しい気分でバラナシを締めくくれそうだったのに、

最後の最後にまたバラナシのインド人との戦いが。

 

そして、ネパールに入ってもなお、このバラナシからもらったとんだ被害で、

ダメージを受けることとなったのです。

 

もう、バラナシ。。。

あはは、です。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

 

 

0

<sponsored link>







-旅日記, インド, バラナシ

執筆者:


  1. スティーヴ より:

    サヨさん、こんばんは♪

    サヨさんは、本当に旅が好きなんですね!
    喜怒哀楽が激しそうな先進国ならやっぱりアメリカあたりでしょうか?
    ラテンの国もそういう気がします。
    海外に一度も行ったことない僕には、夢のようです!笑
    サヨさんは旅行で世界制覇するつもりですか?

  2. tekutekubunbun より:

    こんばんは

    アハハ
    確かに頭に見えるよね (≧▽≦)
    これは焦る!!
    でも本当にそのまま流すことあるの??
    てかまさかそのボート手漕ぎ??
    お兄さん手で漕いでるように見えるんだけど??

    最後に何があったんだろ (^▽^;)

  3. ぐるくんのからあげ より:

    ガンジス川

    ガンジス川を見ると長澤まさみさんの「ガンジス川でバタフライ」を思い出します。

    長澤まさみさんはいろんな意味で有名なガンジス川で実際に泳いだそうで、腹がすわっていると感心しました。

    しかし、インドはすごい国ですね。

    私の旅慣れた知人もインドだけは、お腹を壊したそうで、すごさがわかります。

comment

PREV
バックパック旅で大事なもの失くしたことある?って話
NEXT
バラナシのインド人と最後まで喧嘩して、さらばインド

関連記事

平渓線始発の駅、瑞芳駅を散策しよう!

さて、ここからがいよいよローカル線、平渓線の旅のスタートです。 平渓線は台北の東を走る、ローカルな電車です。 なんてったって、1時間に1本しかないというローカルさ。 なので、計算して進まないと時間がな…

続きを読む

ついにルアンパバーン到着!

9時にパクセーの村を出発したスローボードは、いくつか岸に寄り、 何人かの村人を送り届けながら、夕方4時、ルアンパバーンの岸に到着しました。 いつものごとく、到着アナウンスもなければ、看板的なものもない…

続きを読む

最終日の朝、様々な民族衣装のパレードが始まる

クスコ最終日。   今日の午後には、再びバスに乗ってクスコを離れます。 すっかり親しんだ、朝ごはんを食べに宿の屋上へ。   ちょうど、別の部屋に日本人の方が泊まっていたようで、 ここで遭遇し…

続きを読む

ラオスからベトナム 陸地越えはいつだって大変

すっかり熟睡してしまっていたのですが、周りのいびきで起こされました。 どうやら、いつの間にかバスは停止しているらしいです。 (後から聞いたら、2時くらいから停止してたらしいです。) 国境が開くのを待つ…

続きを読む

目覚めたら...王宮の町フエ

朝、9:00頃、バスの窓には遺跡のような大きな門が見え始め、 ああ、フエに着いたんだなとわかります。   バスは、ここで降りる人が半分くらい、このまま降りずに次の町へ向かう人が半分くらい。 …

続きを読む

文武廟(マンモーテンプル)ってどこですか?

文武の神様、文武廟を探しに中環から上環まで歩いて行くつもりが、迷いに迷う旅となりました。でも、やっと見つけて終了ギリギリで入った文武廟の内部には圧倒されました。

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link