旅日記 ベトナム ホイアン

世界遺産の町 ホイアンを更に散策してみよう

投稿日:2014-04-30 更新日:

まだまだ、ホイアンの町は、見どころがいっぱいです!

写真で、ガンガン紹介したいと思います。

 

まずは、お土産屋さん。

うーん。。。買って帰りたくなるくらい、綺麗なものがたくさん売られているんですよ。

やっぱり、ホイアンはバックパッカー的旅で来るよりも、短期旅行で来た方がいい町かも。

 

そして、フルーツ売り場。

この真ん中に写っている、赤い果物:ローズアップルが東南アジアの中では好きなフルーツです。

タイだと、よく冷えたカットフルーツが屋台でよく売られていますが、ベトナムは見かけなかったかな。。。

 





そして~。

ベトナムも魚はよく料理に使われますね!

 

それから、ベトナムでは今、子供たちの遊びのブームは凧揚げのようで、

 綺麗なカイトが売られていました。

ホイアンに到着する寸前、バスの窓から、たくさんあげてるのが見えたな。

そして、そして。

また綺麗な町並みが続きます。

 

トゥボン川沿いの道もまた風情があります。

 

 

そして、町中にはいくつか井戸があって、

この井戸も、地元の人たちが頻繁に使っているようでした。

ホイアンで有名な井戸はバーレー井戸だけど、これは違う井戸。

 

古く綺麗な町並みが続きます。

ホイアンにも、もちろん観光名所的な場所はいくつかあって、

寺もあるんだけど、単体入場ができません。

 

ってのは、ホイアンの観光名所のチケットは、セットで売られていて、

120,000ドン払ってセットチケットを買うと、好きな観光場所5つに入れるという仕組み。

なので、あそこだけ行きたいんだけど、、、が叶いません。

ちょっと、その辺は不便というか。。。120,000ドンってけっこう高いし。(´・ω・`)90,000ドンから値上げしたらしいですぜ、最近

 

まぁ、外観見てるだけでも楽しいですから!!

 

そしてそして~

ホイアン名所、ジャパニーズブリッジこと、日本橋です。

そのむかし、ホイアンには日本人町があったそうなんですね。

そして橋の向こう側には中華街があって、この橋で結ばれていたんだとか。

 

橋の中はこんな感じ。


橋だけど、しっかり屋根もついていて、中には祠があります。

祠の中に入るのは有料。橋を渡るだけなら無料です。

建築が始まった年と終わった年の干支の像も飾られています。

 

日本語もチラチラと、目に入りました。

日本橋から見た景色はこんな感じ。

きっと、初めてのベトナムでホイアンに来ていたら、ベトナムのイメージがかなり違うんだと思います。

 

今回、私が周ったベトナムの都市の中でも、この町だけずば抜けて憩う事が出来た場所でした。


そして、夜の町ホイアンは。。。

暗くなると、まるで夢の中を歩いているような世界が待っていたのです。

 

ガンダルフの花火、見られるかな。どきどき。(゚∀゚*)

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

0

<sponsored link>







-旅日記, ベトナム, ホイアン

執筆者:


  1. ちぃ より:

    はじめまして。

    お写真とても綺麗ですね。見入ってしまいました。
    ベトナムは行ったことがないんですが、街の色合いがとっても素敵ですね。
    読書登録させて下さい。

comment

PREV
魔法にかけられた町ホイアン
NEXT
夢の世界へ行く準備は出来ていますか?

関連記事

ガンジス川の日常とネパールへのバスチケット探し

嘘つきインド人に振り回されながらも到着した宿、 ババゲストハウスからは、窓の向こう側にガンジス川が見え、 窓越しに眺めているだけでも、早く近づいて見てみたい!と掻き立てられるのです。   途…

続きを読む

インカレイルに乗ってマチュピチュ村を目指す

オリャンタイタンボ駅から列車に乗り込み、マチュピチュ村を目指します。  念願の列車に無事に乗ることができて、ウキウキなゴロー丸さん。 駅に来るまでのミニバンでの岐阜事件(前記事参照)にもめげずに、  …

続きを読む

マリエン教会で人形達に出迎えられる

ネプチューン噴水広場のすぐそばには教会があります。 マリエン教会 そんなに目立つわけでもない、大きくもない教会なんだけど、 今も礼拝が行われている教会としては、ベルリンでは最も古いゴシック様式の教会な…

続きを読む

マカオでも人骨を巡る旅

聖ポール天主堂跡は、マカオの歴史をぎゅっと詰めたようなそんな歴史的建造物。その歴史の波の中を泳いでいた人達の骨も祀られているのです。

ウィーンの犯罪博物館 いきなり衝撃的

私がウィーンに行ったら来たかったNo.1の場所、 クリミナル博物館(犯罪博物館)に到着したのでした。   ちなみにかなり路地裏にひっそりとわかりにくい感じであるここですが、 かつてはここもゲ…

続きを読む

パナン・チューン寺 そしてもう一人のサムライとの出会い

せっかく、こっちの岸に来たので、行ってみたい気になるところは。。。 日本人跡! 名前の通り、日本人がかつて住んでいた跡地。 歩いて行けるかなぁ。。。うん。行ってみましょう! 乗り物系のおっちゃん達をか…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link