旅日記 タイ カンチャナブリー

辿り着いた街、カンチャナブリー

投稿日:2014-01-27 更新日:

映画”戦場にかける橋”のモデルにもなった鉄橋がある町、

すなわち、日本にもとてもゆかりのある場所

カンチャナブリーに到着しました。




さて。

無事にバスでの初移動をクリアし、次なる試練は宿探しです。

 

一応、前日に調べたホテルがよさそうだったので、そこへ行ってみることにしていました。

 

バスを降りると、あらゆる乗り物のおじちゃん達が声をかけてきます。

モテモテ状態です。

とりあえず、なんか一番アピールしてきたおじちゃんに言ってみる。

 

「~ってホテルに行きたいんですけど。」

「OK。」

 

宿までの値段もはっきりさせ、初サームローに乗り込みました。

サームローは自転車です。

 

おじちゃんの背中。


しかし、これがタイでの当たり前なんだろうけど、

こんなか弱そうな体で、下手したら私の二の腕くらいしかなさそうなほそ~い足で、

こんな暑い中を、重いバックパックを背負った客を乗せて、自転車を漕ぐなんて、大変な仕事だなぁ。

 

時々、道の途中でおじちゃんがここは~だ、とか、ここは墓地なんだ、とか教えてくれました。

そしてちょっとするとおじちゃんが、一枚のパンフレットを渡してきて、

この宿はどうだ?と勧めてきました。

値段は、行こうとしていた宿の半分。

 

え?本当にこんな安く泊まれちゃうの?

しかも、写真もいい感じ。

とりあえず行ってみてもらうことにしました。

 

到着。

 

おじちゃんが、とりあえず気に入るか見てくるといい、というので

部屋を見せてもらうことにしました。

一通り見せてもらい、wi-fiもあるとのことで、のどかで気に入ったのでチェックインすることに。

 

予定よりも断然安く済んだので、チップの意味も込めて(大人ぶって)おじちゃんに100B渡しました。

 

Sugar Cane Guest House

 

 

泊まる部屋はバンガロー式になっていて、こんな感じ。


なんだかまた、レトロで可愛い雰囲気の造り。

 

部屋は凄く広くて、なんとちゃんとシャワーとトイレが各部屋内についています。

ベッドもダブルで広い!!一人旅だけど、広々と寝てやるっ!!

1泊、150B=460円くらいです!なんて安いんでしょう。

 

宿の庭の向こうには、クウェー・ヤイ川がいい感じ。

これこれ。

私が好きなのは、カオサンみたいなごちゃごちゃよりも、

大自然。

 

カンチャナブリーには、凄く癒されそうなので、3泊することにしました。

 

ちなみに川の上に建てられたコテージは、もうちょい料金は高めで500Bちょっとかな。

エアコン付きの部屋だそうですが、この時期、エアコンなんていらないし、

安くても充分の設備。

 

しかもしかも、ここには番犬がいるんですよ。

はること同じシーズーさんが!

カンチャナブリーにいる間、よろしくねー。

 

 

さぁ!一日目の午後と言えば、街を散策しましょう。

 

ここカンチャナブリーの日差しもやっぱり暑いです。

犬もそこら中でバテて寝ています。

 

ゲストハウス沿いの道は、こんな感じ。

遠くには、ミャンマーに続く山が見え、本当にのどか。

 

昼ごはんもまだだったので、通りすがりの屋台で、チキンの串焼きを購入。

10B=30円くらい

んー。照り焼きっぽい味がしっかりついて、おいしい!(><)

 

でもって、暑さに負けて、今日も買っちゃいました。

スムージー。

 

マンゴースムージー 20B=60円くらい

 

私、そんなにマンゴーに惹かれるタイプじゃないんですが、

これは甘さも抑えてあって、マンゴーをたくさん使って作ってくれるので、

激ウマ!!

 

食べ物もおいしいし、カンチャナブリー生活良い予感がします。

 

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

<sponsored link>







-旅日記, タイ, カンチャナブリー

執筆者:


  1. ☆まりりん より:

    なんだか運命(*^o^*)

    このシーズーちゃん、うちのりゅう君の小さい頃にそっくり!毛の配色が全く一緒だよ。ビックリ!!

  2. ちゃりこ父 より:

    こんにちは。

    素敵なところですね。

    料金、安すぎ!

    自転車こぐ仕事ならやってみたいな…

  3. HIDE THAI KhonKaen より:

    カンチャナブリ、ラッチャブリは友達のお菓子配達の手伝いで毎年行きます。
    田舎で花が綺麗な地方ですね。
    日本人も多く移住されてますが、ヤードのような居住区です。

  4. カツ より:

    お疲れー✌️

    さよちゃんのブログ見て、急遽俺もカンジャナブリ行く事にしたよ(笑)

    カンボジアには明後日向かうことにした!

    ちょっと調べたら、

comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PREV
カンチャナブリーまで初のバス移動
NEXT
ナイトマーケットで直面した現実

関連記事

次の国、マカオへ行こう!

香港を離れ、マカオへ向かいます!尖沙咀の朝が気持ちいいほど、新しい国へ行くと言うのはテンションが高まるのです。フェリーターミナルもすいすい進んで、あっという間に船の中。束の間の船旅です。

昨日の敵は今日の友だと、切実に想う

よーーーーうやくヤマトへ戻り、 岡村さんへお礼を言ってトゥクトゥクを降ります。 すると、いつもヤマトの下にいるドライバー3人衆が集まってきて、 しばしお話タイム。   この3人衆、かなりキャ…

続きを読む

ついにルアンパバーン到着!

9時にパクセーの村を出発したスローボードは、いくつか岸に寄り、 何人かの村人を送り届けながら、夕方4時、ルアンパバーンの岸に到着しました。 いつものごとく、到着アナウンスもなければ、看板的なものもない…

続きを読む

南米旅終了そして帰国!

この帰国日当日になり、日本食を食べるかどうかということで、 しょうもない喧嘩をした私とゴロー丸ですが、 とりあえず再度、民芸品市場へと向かい、おみやげを買い、 ホテルへと戻りました。   昼…

続きを読む

ワット・ヤイチャイ・モンコンへ歩いて行こう

カツさんとも別れ、なんだこの寂しさはっていう、旅の別れの寂しさを経験し、私は一人、駅の待合所の椅子に座りました。 しばし、自分の感情を整理したい。 大丈夫。また一人旅に戻っただけだ。またきっとこんな出…

続きを読む

インドの地下鉄ってちゃんと都会

インドに一泊して思ったけど、 クーラーのない部屋の中よりも、圧倒的に屋上の方が涼しくて、  旅友たちがみんな、屋上で寝たって言ってた意味がわかった。   もしかしたら、カンボジアとかでもそう…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link