国内の変わった場所・おすすめ場所

昇仙峡 初秋の曇り空

投稿日:2018-11-14 更新日:

今年の紅葉は遅いですねー。都内の昼も、季節はまだまだ初秋って感じ。

待ちきれなくて、時間もなくて、少し早目ではありますが、紅葉を観に行ってきました。

緑はまだまだ残っているけれど、緑、オレンジ、黄色、赤などなど、たくさんの色が散在する景色を見ることが出来ました。

2018年、11月始めの昇仙峡は、こんな感じでした。




都内から車で、寄り道もしつつ3時間くらい。

あいにくの曇り空と山だけあって、まだ昼なのに夕方みたいに薄暗かったです。

ここから、ロープウェイで登っていきます。

運行は20分間隔で動いています。

平日に行ったので、客はまぁまぁってくらい。

 

運んでくれる、ゆめちゃん号。

ちなみに乗り場で、すっごい懐かしいもの見つけた!

小さい頃、地元のすたれたゲームセンターにあった”コインドクター”

田舎町に来ると、ほんとこういうレトロなものとの出会いがあったりするのが楽しい。

 

ロープウェイで5分くらいで、頂上に到着しました。

あいにくの雲で覆われている景色。

これもこれで、幻想的かな。

ちょっとだけ、山々が顔を出してくれたところ。

山頂のパノラマ台駅を出ると、更に絶景。

甲府の町を見下ろせて、富士山もババーンと現れるらしいんだけど…

やっぱり、雲がどうしても多めで、富士山、もはやどこにあるのかもよくわかりません。

まぁ、新幹線に乗っていても、富士山運がないからなー。

 

とは言え、ここは昇仙峡の山頂。

美しい奇岩の岩肌がところどころに顔をのぞかせていて、素敵な景色です。

そして、まだまだこれからとは言え、すでに色を変えた葉や、まだ青々と緑色を輝かせている葉、それらが1つに治まった風景は、凄く凄く見ごたえがあります。

3色のもみじ。

松の木の紅葉を、初めて意識して観た気がする。

もちろんすでに、真っ赤に紅葉した葉っぱも。

さすが山の上だけあって、色んな草木が観られるのもまた、とても楽しいです。

 

そして、そんな景色だけではなくて、願掛けをするための神社などもあります。

鈴を結んで、願いが結ばれるとのことで、願い事によっていくつか結び場所が分かれていましたが、ダントツで健康祈願の鈴が多く結ばれていました。

 

龍の松。枝が龍に見えるとのことから。

 

古ーい祠。凄く存在感がある。

こんな古い祠なら、本当に願いが叶いそうな気がする。

 

そして、雲が天に登っていくところ。

なんだか神々しい。

富士山は見られなくても、こんな感じの雰囲気ある景色が見られたら、曇りの日も悪くはないかなぁと思いました。

 

とは言え、山なので、裏道は岩肌を登ったり、木の根っこをまたいで登ったりと、結構ハードなので、歩きやすい靴で来た方がいいです。

こっちは裏側の景色。

有名な山って、意外と裏側もまた違った顔を見せて、絶景だったりしますね。

 

そして、もちろんロープウェイに頼らず、羅漢寺山登山をしている団体もいました。

この日本一の絶景と呼ばれている場所なら、登山もたくさん途中途中で、楽しみがありそうですね。

登山かぁ。いつかしたいけど、いつかなぁ。

 

ひとまず、今日は雨も降りそうなんで、言いわけ

帰りもロープウェイで、すいすいと運んでもらうことにしました。

ロープウェイを降りたら、ここにも見どころが。

 

黄金池と言う、黄金の鯉がたくさん泳いでいる池がありました。

また、金色の鯉と紅葉の景色がすっごく似合いますね。

もちろん、この池では金運アップのお願い事をするといいそうですよ。

 

さて、せっかくなのでもう少し、紅葉を楽しみながら、次回も昇仙峡周辺の景色などをお届けしたいと思います。

 

昇仙峡ロープウェイ

朝9時より運行。運賃、片道650円 往復1200円 ワンちゃんは300円で乗れるそうです。

HP:http://www.shousenkyo-r.jp/index.html

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

 

<sponsored link>







-国内の変わった場所・おすすめ場所

執筆者:


comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PREV
国立民族学博物館 インドから日本へ
NEXT
カオスな街バラナシで嘘つきインド人の本領発揮

関連記事

私の中では日本一の水!大歩危峡

さてさて。 次に向かうは、徳島県です。 11月の初四国で愛媛と高知、 そして今回、香川と。。。徳島入ったー!! ついに、四国制覇です!! って、まだまだ四国も行きたい場所山ほどあるんですけどね。 それ…

続きを読む

しまなみ海道を渡って行くのだ!

先日、寝る前にスマホをいじってたら、 LINEをひらいて、手が滑って、気付けば、しばらく連絡をとっていなかった とある友人に勝手に電話をかけ始めました。 切ろうにもうろたえすぎて画面が変わってしまい、…

続きを読む

宮島上陸

連休初日と言うこともあり、フェリーはすっごい人でした。 もっとも厳島神社に近づいたポイントでは、人の背中を見て通り過ぎるという混雑具合。 でもでも、水辺っていいですね。 せっかくの快晴だけど、やっぱり…

続きを読む

世界で出会った狛犬【日本編】

日本にも海外にも寺とか神社はたくさんあって、その場所を守っている狛犬さん達。それぞれの神社で顔つきも全く異なって、可愛らしい子から凛々しい子まで、表情も色々。立派だったり、綺麗な神社もいいけど、狛犬を見るのも楽しいです。今日は、そんな狛犬特集の日本編です。

恐山にこの世の果てを見た気がした

  初青森でした。 まだ冬の入口前でしたが、ほんとに快晴で素敵な青森旅になりました。 国内でも、行ってみたい場所はたくさんあります。 興味があるのは、いわばディープスポットってやつです。 恐…

続きを読む

微笑むたくさんの石像に会える愛宕念仏寺

愛宕念仏寺(おたぎねんぶつじ)は、世界で一番優しい気持ちになれるお寺かも。 三連休のど真ん中の日、嵐山は大混雑で竹下通りみたいになっていたのですが、 このお寺に向かうべくバスに乗り込むと、人はとっても…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link