旅日記 台湾 台北 平渓線

平渓線始発の駅、瑞芳駅を散策しよう!

投稿日:2015-09-26 更新日:

さて、ここからがいよいよローカル線、平渓線の旅のスタートです。

平渓線は台北の東を走る、ローカルな電車です。

なんてったって、1時間に1本しかないというローカルさ。

なので、計算して進まないと時間がなくなってしまいます。

 

ちなみにやっと買えた一日乗車券は、これです。





 

まだ少し、電車が来るまで時間があるので、

せっかく到着した瑞芳の町を散策してみましょう。

ついでにお腹もすいたー。


駅のすぐ前は、こんな感じです。

古い感じの町ですね。

とりあえず、おしゃれなカフェなんかもあって、

そこでパールティーでも飲みながらランチを!

なんて思ったけど、やっぱり屋台を見ると、心踊っちゃうんですよ。旅人魂ってやつは。。

で、路地裏の辺りで見つけた、おばちゃんの屋台で、肉まんと台湾粽を購入。

 

おばちゃん、一個ちょうだいーって言ったら、

おばちゃんはニコニコしながら日本語で、

「あなたキレイよ。」

 って。

 

もぉー!!(≧▽≦)

だから、アジアのおばちゃん大好きなんだよー。

そんなにおだててさぁ。木に登っちゃうよ!!

あ、どうでもいい小話スイマセン。

 

ってことで、コンビニで買ってみたグアバジュースと、

おばちゃんの屋台で買った、2つがお昼ごはん。

 

粽の中身はこんな感じで。

鳥肉とか野菜とか、

ちゃんと具材も入っていて、お世辞抜きでおいしかったです。

これまた、台湾の母の味なんでしょうね。

もうちょい、町を軽く散策してみましょう!

駅からまっすぐ歩くと、こんなフードコート的な建物がありました。

なんかちょっと、古びた温泉街的な雰囲気を感じました。

この橋とか。

 

でもって、小学校発見。

って感じの、そこまで賑わってはいないけれど、

瑞芳駅は、平渓線もそうだし、バスなんかも出ていて、

乗り換えの為の町って感じですね。

 

どっちにしろ、夕方また戻ってきて、ある場所へ行く予定なので、

瑞芳駅は、また後でね~って感じです。

 

時間もなくなってきたので、そろそろ駅へ戻って、

平渓線電車に乗りましょう!

 

それなりに使われている駅なんだと思うけど、

改札は自動ではなく、駅員さんが手でスタンプを押す感じの改札でした。

 

一番奥のホームに、平渓線は到着します。

この日は思いっきり月曜日でしたが、

平渓線って台湾人にはなかなかのデートスポットのようで、

ホームにはなかなかの人が。



大きなお世話なんですが、若者たちは、学校はどうしているんでしょうか。。。

で、電車がこれです。

 

電車が来るなり、車内は席取り合戦状態でした。

ってことで、あっという間に満員。

勝手に、銚子電鉄をイメージしてたけど、とんでもない。

馬鹿にすんなと言わんばかりの繁盛ですね。

 

これはもう、江ノ電でした。

あ、ちなみに江ノ電と平渓線は、なんだかコラボ的な事をしているらしくて、

江ノ電の切符で平渓線の一日乗車券になるとか、逆もしかりとか、

そんな感じのイベントやってるらしいです。

 

 

さあ、色んな駅に降りてみましょうかね!

わくわく (゚∀゚*)

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロブログ「新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

<sponsored link>







-旅日記, 台湾, 台北, 平渓線

執筆者:


  1. みん より:

    ハラハラ…
    台風が台湾直撃みたいで心配です。

    サヨさん、無理をされず安全な所にいて下さいね(>_<)

  2. うしおクローバー* より:

    おー、平渓線だ♪
    いつも楽しく拝見しています。色々トラブルがありながらも、食べるものにはワクワクしちゃうサヨさんはかわいいですね。サヨさんはかわいいですね。(2回言ってみました。)

    平渓線乗りたいです!江ノ電の江ノ島駅に平渓線キャンペーンのコーナーがあって、台湾の映像が流れています。江ノ電の1日乗車券「のりおりくん」の使用済みチケットを、平渓線の1日乗車券と交換出来る…というような企画だったと思います。

    そう、逆もしかりのパターン、平渓→江ノ電もあったと思います。あ、サヨさん、帰国後に江ノ電乗り放題出来るのかな?果たして、これを利用している人がどれだけいるのか…。最近は日本のあちこちで中国語を聞くことが多いですから、台湾からのお客様もいらっしゃるのかな。

    いつか台湾行きたいです。旅の様子、楽しみにしていますね。

comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PREV
台湾のローカルなローカルな何もない駅”八堵”
NEXT
台湾に昭和があった!菁桐駅

関連記事

インド二人旅をするということ

ついに行くのです。 2年前の東南アジア旅の時には、ごたごたしていて行けなかったインド。 今、出発前夜の気持ちを綴っております。     あの時は、「今回は呼ばれなかったということで…

続きを読む

アルゼンチンの長距離バスの食事クオリティー

南米の長距離バスでは、だいたい食事が配られます。   で、プエルトイグアスを出発して9時間近く、 目の前での交通事故目撃のショックで体調を崩し、寝入っていたら、強制的に起こされて、 アテンダ…

続きを読む

リマのアルマス広場、旧市街に立って

ガラッと雰囲気の変わる旧市街に到着しました。   急に歴史的な建物の並ぶエリアが現れて、 再び違う国にでもやってきたかのような、変わりっぷりです。   アルマス広場、リマ版 観光客、現地人、…

続きを読む

フエ王宮外周とおばあちゃんのバインミー

さて。 シクロのおっさんに大嘘をつかれて気分最悪になった私は、 王宮に入りませんでした。 ただ、だからと言ってそのまま何も見ずに帰るほど、 旅人魂がちっちゃい女でもないんで、 お金払わずに元とってやる…

続きを読む

アンコールワットの朝日

4時起床。 眠いけど気合で起きます!   カンボジアは暑過ぎなので、水シャワーもちっとも苦じゃありません。 ヤマトのドミのサウナ状態も手伝って、 シャワー浴びて、扇風機に当たりながら支度をし…

続きを読む

旅先ではいつも自分の生き方を肯定したい

いつしか再びウトウトして、再び目を覚ますと、  バスは、ウマワカ渓谷の辺りを走っていました。  ウマワカ渓谷は、アルゼンチンのフフイと言うところにある渓谷です。 この辺りもまだ、標高2000メートル。…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link