旅日記 タイ カンチャナブリー

カオ・プーン洞穴へ、ひたすら自転車をこいで

投稿日:2014-01-31 更新日:

さぁ、どんどん今日は観光しますよ!

次なる目的地は、カオ・プーン洞穴です。




 

洞穴とか洞窟とか風穴とか、大好き!

ちょっと遠いみたいだけど、これは行くっきゃないでしょう。

 

ってことで、自転車をとばします。

 

しかし、地球の歩き方のカンチャナブリーページ、地図が適当すぎ。

どこを曲がっていいかわからず。。。

 

とりあえず、川を越えなくてはなりません。

が、橋のある場所が。。。鉄橋の方から来ると、どこを曲がっていいかわからない。

 

ここかな?

と、曲がってみたものの、まんまと行き止まり。

 

道端にいた、超地元人に道をたずねてみます。

 

「すみません。橋を渡って向こう側に行きたいんですけど、

この道じゃないですよね?どこを曲がればいいでしょうか?」

 

。。。

 

しかし、超素敵な笑顔だけが返って来ました。

 

そ、そうですよね。

うん。英語はリンガ・フランカなんかじゃありません!!

 

「あー、あっちかな?きっと、そうですね!あ、行ってみます!ありがとう。」

と、自己解決して去る。

全ては、よその国にお邪魔してる分際で、タイ語が喋れない私が馬鹿なのさ。

 

すいませんねぇ。。。変なジャパニーズが来てびっくりしましたね。。。

 

で、やっとこさ発見!

 

この橋が見えたら、曲がります。

 

 

やっぱり、クウェー川は、綺麗!

 

そしてそして、難問なのは、この先でした。

 

ほんっと、あの地図おかしいですよ!

U字に道を行くようになっているけど、だいたいまっすぐです。

 

おかげで途中で、こんな道に行っちゃって、

どっかの家に続く道だったらしく、こわーい番犬にめちゃめちゃ吠えられて、

逃げるはめになりましたから!!

 

馬鹿地図めー!

ってか、こっちだって気持ちは番犬乗せてるんだからね!!この籠に!!

 

 

しかし、のどかです。本当に。

素敵なところです。

カオ・プーンに続く道は、車も少なく、本当にのんびりです。

 

ひたすら、自転車をこいでください。

だいたい、30分くらい。

 

途中、分かれ道でちゃんと看板がありますからね。

カオ・プーンに進んでくださいね!

 

で、カオ・プーンの駅が見えたら、右へと曲がります。

そして、そして、最後の関門。

 

坂を登ってください!(=◇=;)

 

自転車押しながらだし、日差したっぷりできついけど。。。

もう登りきったら、洞穴に入れますからね!

 

もう、ゼイゼイ言いながら到着。

 

僧侶の方が、受付にいらっしゃって、チケットを買います。20B

「全部で20分くらい歩いてね」

と言われ、いよいよ洞穴の中へ。

ここを降りて行きます。(゚∀゚*)

 

中に入ると、おばあちゃんがいました。

タイ人のために、お花を売っているようです。

 

おばあちゃんに挨拶。

すると、目の前に広がるのは、

バンコクのに比べたら小さめの寝仏像。

でも、ここを守っている感じが凄くする!

おばあちゃんも、守られているんだね。

いつもそうして、ここにいるのか、タイ語を話せたら、本当に聞いてみたいよ。

 

 

奥へ行ってみましょう。

こんな感じの細い道を進んでいきます。

  

洞穴の中はとっても静かで、すごーく心地いい。

この時は、他に来ている人は誰もいませんでした。

 

そして、ところどころに、仏像が置いてあります。

ひとりだし、あんまり余計なことは考えないで進みましょう。例えば、昔、日本軍の病院だったらしいとか、そういうことは。。。

 

 最後は、出口付近で、記念撮影ができるようになっています。

って、別に記念撮影用でもないのかもしれませんが。。。

とりあえず、はること一緒にタイマーでカシャリ。

 

再び、結構ハードな階段を上って、外へ出ます。

 

疲れたので、置いてあったベンチで休憩。

静かだし、風も気持ちいいので、日記を書くことに。

 

しばらくすると、どこからともなく犬がやってきて、

後ろに静かに横になったので、またはること1人と2匹で記念写真を撮りました。(笑)

 

そしてまたしばらくすると、何の集団かわかりませんが、

タイの方達がたくさん来洞穴から出てました。

 

おばちゃん、おじちゃん、そして若い人たちまで。10人位の集団です。

ちょっとおしゃべりをしました。

  

「あなた、どこから来たの?」

「日本だよ。」

  

「日本?!まぁ、可愛い!」

 

タイ人もお世辞が上手過ぎちゃいます。笑 

しばしみんなのカメラの撮影会に加わりました。

 

「あなたはライターなの?それは、記事にするの?」

「ううん。ただの日記だよ。」

 

「タイはどう?タイフードは?」

 

 質問攻めです。ちょっとしたスター気分。

 

でも、楽しかった。

ああー、私もみんなと写真撮れば良かったのにー!と、超後悔。

 

でも、今日はなんだか出会いの日です。

すっごい疲れたけど、ここまで来て良かったなぁ。

 

しかし、ここはかなりの穴場ですよ。

こんな遠くまで来ている観光客は、ほとんどいませんから。

 

外にも少し写真などが飾ってあります。

第二次世界大戦時代のカンチャナブリーを伝える写真がここにも。 

 

出口を出て、すぐ外にあった屋台でランチをとることにします。

お店で、タイ2回目のパッタイを注文。

 

おばあちゃんが、作ってくれます。

待っている間、地元のおばちゃんが、私の前に座りました。

 

また、おしゃべり。

「ここまでどうやってきたの?」

「自転車だよ。」

「ああ、停めてあったやつね。見たわ。」

 

 そういえば、自転車で走ってる人も、ほとんど見ませんでした。

 目立ちますね。笑

 

おばちゃんは、タクシーの運転手らしくて、この辺りをいろいろ説明してくれました。

 

そして、パッタイが来た!

 

バンコクでは、まだまだ緊張していて、あまりおいしく感じなかったけど、

麺が、ここのは細めで、味がしっかりついていてすっごいおいしかった!

 

きっと今日は、色んな人とおしゃべりできたのもあるのかも。

 

ああー。いいなぁー。ここ。

優しいなぁ。

 

でも、結構遠かったから、そろそろ帰らなきゃです。

 

「いい?自転車に乗る時は、バックは必ず身につけておくこと。かごにいれないこと。

タイでは、かごから荷物をすれ違いに奪う犯罪が結構あるから。

絶対、気をつけるのよ!」

 

真剣な顔をして、私の心配をしてくれた。おばちゃんの優しさが嬉しかった。

  

私もう、カンチャナブリーが大好きです。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

<sponsored link>







-旅日記, タイ, カンチャナブリー

執筆者:


  1. ちゃりこ父 より:

    こんばんは。

    自転車、いいなあ。
    気持ちよさそう!
    戦場にかける橋、のクワイ河のマーチ、って、ここですかね。

  2. HIDE THAI KhonKaen より:

    パタヤは4日で飽き コンケンに帰ります。
    チャンツアーバスは420バーツと高いですが、食時、水、おやつ付きで、座席は電動マッサージ、ゲーム、ビデオ、free Wi-Fiで最高の7時間ツアーです。
    ちなみにバンコクーパタヤへのツアーバスは100バーツで戦勝記念塔横のデパート横から出てます。

comment

関連記事

スーパーのブッフェ、ペルー料理に感激!

怒涛の移動続きを乗り越え、やっとリマへ到着。 そしてここからは、やっと目的地までの最後の移動、クスコへ向けて、 再び24時間バスです。 ってことで、バスに乗る前に、 食料を備えるため、Crus del…

続きを読む

ホームスティ先のパパとママとの出会い

色々と予期せぬハプニングにつまづいて、すっかりテンションは下がってしまったものの、ようやく無事到着ゲートを出ることができました。そこで目にしたのは、名前入りの画用紙などを持った、たくさんの人の姿です。たくさんプラカードを持った人達が、出口で出迎えているけど、私の名前は見つかりません。

ここはー...スラム街ですか?それとも?

バスは、Nepligetバスターミナルに到着しました。   なんだか結構、一緒にバスに乗っていた乗客は地元の人が多かったらしく、 お迎えの車がたくさんいて、みんなそれに乗り込んでいました。 …

続きを読む

こんな風にして忠烈祠へ行きました。

次は、またまたMRTの文湖線に乗り換えて、ある場所へと向かいました。 ちなみに台湾のMRTはどれも綺麗なイメージでしたが、文湖線は一番綺麗に感じました。 松山空港も通っていて、地下ではなく、地上を走っ…

続きを読む

ただのマンション、されど益昌大厦

太古と言う駅に降り立ちました。とある景色を見るためです。到着して見上げると、まるで私が見上げているわけではなく、見おろされているんだとしか感じないような圧巻の景色が拡がっていました。

これがブダペストの日常。

恐怖の館を出ると、すっかり青空が広がっていました。 市内の大きな道路、アンドラーシ通りを歩いて、市民公園へ向かうことにしました。   やっぱりここもヨーロッパなんだなと思う、綺麗な風景がたく…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link