旅日記 ペルー クスコ 世界のごはん・お菓子

クスコで安くお腹いっぱい食べるならQORI SARA

投稿日:2017-10-03 更新日:

今更ながら、クスコは、観光客が溢れる町です。

すっかり通い慣れた日本人オーナーのお店PUCARAもそうだけど、

おしゃれなレストランがたくさんあります。

 

でも、私は地元ならではのごはんもやっぱり食べたい!!

 

ってことで、クスコで食堂っぽいところを探していたら、

どうやら、ボリューム満点でセットメニューが安く食べられちゃうお店があるらしい。

 

 

見つけました。

 

場所は、アルマス広場から下って、レゴシホ広場を過ぎ、

サンフランシスコ広場につき当たった角にあります。

サンフランシスコ広場を向いて右側です。

   

外観はこんな感じで、看板とか出てないので注意です。

レストランQORI  SARA

 

とりあえず、住所は、290番!!

これを目印にするといいです。

 

中は、物凄く広いわけでもないけど、

それなりにお客さんも入る広さで、

お客さんは圧倒的に、地元の人が多い。

頼んだのは、これ!!

CENA(セーナ、夕食セット)

スープ、メイン料理、デザート、飲み物までついて、

一人9.5ソル(325円くらい)

お得~!!

 

まずは、注文してすぐにコーンスープが出てきました。

これだけでもボリューム凄くて、すでに満腹になりそうな量です。

 

そして、メインがこれ!!

チキンカツみたいな、ミラネサ・デ・ポロと言う料理。

と、右上のは、デザートのリンゴのシロップ漬け。

この大きなチキンカツの下には、

野菜と、これまた大きなポテトフライと、たっぷりのごはんがあって、

ボリューム満点なのはもちろん、すっごく美味しい!!

 

食べ終わる頃に、お店のおばあちゃんが、

飲み物何にする?って聞きに来てくれました。

 

「マテ(マテ茶)、テ(紅茶の事)、チチャがあるよ。」

「うーん。マテ。」

 

そしたら、おばあちゃん、何か話しかけてきたんだけど、

スペイン語でよくわかんない。

 

そのうち、座ってなさい的なジェスチャーをして、

すぐにおばあちゃんが持ってきたのは、

マテ茶とチチャモラーダ。

 

気をきかせて、2種類持ってきてくれたのかな。

ちなみにここのチチャ、すっごい美味しかったです。

かなり好みの味。

 

チチャは、激甘状態が多いんだけど、

ここのチチャは柑橘の味が効いてさっぱりしていて、

甘さも激甘じゃなくて飲みやすい。

 

少ししたら、おばあちゃんが再びやってきて、

「チチャおいしい?」って聞きにきました。

「うん。おいしい」

 「どれくらいおいしい?」

 「ムイ(すごく)だよ。」

でも、おばあちゃんに伝わらない。

 

両手を広げて、「これくらーーーーい」

「おいしい!」親指立てて、大袈裟に言ってみた。

本当においしいんだよー。

どうか、おばあちゃんに伝わりますように。

  

そしたら、願いが届いて、おばあちゃんも満面の笑顔で大きな声で笑い出した。

 

おばあちゃん「ケ ビエン!!」(良かったよ)

 

たぶんだけど、このチチャ、おばあちゃんが作ってて、

おばあちゃんの自慢のチチャなのかも。

だから、マテ茶って言ったけど、やっぱりチチャも飲ませたくて持ってきてくれたのかな。

で、すっごくすっごくこのジャパニーズの反応が気になって聞きに来たのかなぁ。

 

なんにしても、美味しくて安くてお腹いっぱいだけじゃなくて、

可愛いおばあちゃんとの小さな思い出もできて、素敵な時間でした。

おばあちゃんのチチャモラーダ、また絶対いつか飲みに来るんだ!!


そんなQORI SARAぜひぜひおススメです。

安くてお腹いっぱいになるなんて、

バックパッカーにとっては、貴重なお店ですよ!!

 

ちなみに、ディナータイムは18:15~からみたいなので要注意です。

このサンフランシスコ広場につき当たったら右にありますからね!!

おさらい。

さて。

 

クスコ最後の夜です。

大好きになった夜景を見つめながら、一人想いに耽ります。

ついこないだ、ラパスに居たのになー。

 

月の谷に行きたいのに、

でも最初の乗合バンに無視されて心折れそうになって、

次に来たバンのおじちゃんがいい人で。

でも、いったいいくらなのか不安で、

まだ大きいお金しかなかったから、

 ちゃんとお釣りくれるのかなってどきどきしながら出したら、

ちゃんとおつりくれて。

(笑。私、ボってくる国旅しすぎて余計な心配)

 

おじちゃん、思いの外いい人で、帰りの心配までしてくれたなー。

(→ 月の谷へ行く

 

そんな始まりの南米旅。

アルゼンチンもいい人多かった!

 

そして、このペルーに来るのを、ずっと楽しみにしてた。

今、ここに来られた。

 

クスコはどんな町かなって思ってたけど、

今まで行った世界の国の中でも、大好きな町ベスト3に入るくらい。

 

旅に出て、去るのがさびしいと思える町に出会える、

旅からのプレゼント。

南米、ほんとに来て良かった!!

 

遠いし、大反対されたりで躊躇もしたけど、

自分を信じて飛び出す方を選んで良かった。

 これから東京に戻った時、普通の時間を過ごしている中で、

他の国の”今の時間”を想う時、ここクスコもふと思い出すでしょう。

  

宿の屋上から、クスコの夜景を見ながら、

他の国でも、夜をこんなことを想って過ごしてきたことを思いました。

 

どの夜の中にも、ちゃんとそこに自分がいたこと。

愛しいと思える国が増えていくこと。

そんな経験に感謝です。

クスコ最後の夜。。。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

<sponsored link>







-旅日記, ペルー, クスコ, 世界のごはん・お菓子

執筆者:


  1. ぐるくんのからあげ より:

    いい思い出ですね

    きれいな夜景ですね。

    長旅の終わりにはセンチメンタルになりますね。

    南米というと危険な印象しかありませんでしたが、サヨさんのブログを読んでみて違った印象を受けました。

    ブログの旅行記は楽しいですね。

comment

関連記事

いい男と・・・な男

バスターミナルに到着すると、英語が話せる人が乗り込んできて、 ここからの移動について説明してくれるのですが、(ベトナム、、おまえもか) かなり、この人の英語、ベトナムなまりが強くて聞きとれず。。。(;…

続きを読む

プノンペンの王宮を散歩する

博物館を出て、再び呉さんのバイクの後ろに乗り、 独立記念塔などを通って、目指すは王宮です。 かつて、カンボジアはフランスの植民地でした。 1953年に独立を宣言すると、やがて独立を記念して、5年後の1…

続きを読む

オシフィエンチム アウシュヴィッツ強制収容所 1

アウシュビッツ唯一の日本語ガイドの中谷さんとは、 9:15に、この入場棟の前で待ち合わせ。 前回も書きましたが、4月~10月は、早朝、夕方の数時間以外は、 ガイドなしでは入れません。 入場料は無料です…

続きを読む

Exchangeにそんな裏技があったとは!

地球の歩き方に載っていた入場料をすっかり信じて来てみたら、   実は、とんでもなく掲載より高額料金で、   その上、入場料は、アルゼンチンペソでしか払えないと言われ、  かと言って、ここにも近くにも、…

続きを読む

100万ftのブダペストの夜景ってこういうこと!

ブダペストで過ごす最後の夜です。   この旅の中で一番長く居た街。 宿を延泊してまでだいぶのんびり過ごしました。   でも、まだブダペストには、”素敵”が詰まっているんですよ。 と…

続きを読む

私は、留学3日ダメ子

ニュージーランド留学の頃の記事を古いブログから移行します。 *日付は留学時のものではありません* ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     ニュ…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link