国内の変わった場所・おすすめ場所 ペットと旅する日本

愛犬と行く国営昭和記念公園

投稿日:

雲ひとつない良いお天気で、まさに散歩日和でした。

 

東京都の立川市と昭島市のどちらにも跨る広大な昭和記念公園は、国営の都内で一番大きな公園です。

外周をぐるりと回ると、なんと8キロくらいあるのだとか。

そんな広い公園をたくさん歩いて、我が家の愛犬ネギも大満足でした。

公園の入場とドッグラン

まずは公園へのアクセスはいくつかあるけど、JRの立川駅から歩いて公園へ行くルートで行きました。

立川駅からは徒歩10分と表示はあるけれど、正直そんなにかかったかな?と思うくらいあっという間に到着。

道も真っすぐで迷いませんでした。

公園のあけぼの口から行くと、ゲートまではちょっと歩くのですが、それもまたプロローグって感じの景色と距離を楽しめて良かったです。

 

入場口に到着。

ちなみに、ここを左に行くとすぐにドッグランがあります。

昭和記念公園のドッグランは、登録料300円(一年間有効)で遊ばせることができるそうです。

ワクチン証明書等をお忘れなく!

 

とりあえず、初めてなので、今回はドッグランには行かずに、公園内を散策。

入園料450円は券売機で、Suicaやバーコード決済やクレジット等も使えて便利です。

犬連れで入場する際には、誓約書への記入が必要です。

誓約書は入場口前に置かれた机にあります。

記入したら、入場の際、係員さんへ手渡しすればOKです。

 

昭和記念公園の園内の見どころ

入園してすぐに、これぞ国営公園の自慢の入り口!とも言いたげな、立派なカナールが。

ちょうど、両脇を彩るイチョウ並木が美しい季節だったけど、また花咲く季節や新緑の頃は、違う見た目なんでしょうね。

 

公園内は、広大な中にいくつか見所的な場所があって、それぞれ雰囲気も異なっていて、一日かけてゆっくりするのにとても良いです。

ただ、日本庭園など一部、犬連れだと入れない場所もあるので、その辺はちょっと残念です。

せめて抱っこで行けるとかにしてくれたらなぁーと、心の声・・・

 

気を取り直して。

イチョウ並木の中はとっても綺麗でした。

左右でそんなに違いはなかったかな。

 

水鳥の池

たまたまなのか、正直、あんまり水鳥いませんでした。

個人的に好きなキンクロハジロちゃんもいなかったので、なんでだろって思ったんですけど。

一日観察していたら、他の鳥含め出会えるのでしょうか。

とりあえずここでは、ボートに乗れるそうです。(犬連れは不可)

 

大ケヤキ

”みんなの原っぱ”の中に存在感抜群の大きなケヤキは、樹齢100年だそうで、この公園が造られる前から、ここにあったそうです。

周りの景色がゆっくりと変わっていくのを全て見てきた偉大な存在ですね。

この辺りは、とにかくだだっ広いので、混んでいる日じゃなければ、延びるリードなんかで、大型犬でも目一杯遊ばせてあげられそうです。

 

オーストリアからやってきたブナの木

白い幹が美しいこの木も、ひっそりとあるけど見所だと思います。

なんてったって、ウィーンの森からやってきたそうです。

こういうの見つけると、バックパッカーとしては思いを馳せずにはいられないです。

※オーストリアの旅日記はこちら

 

パークトレイン

公園内を一周しているそうです。見所なんかの紹介をしてくれるのだとか。

普通に、道を歩いているとゆっくりとやってくるのですが、これに乗って公園内を観光するのも、凄く楽しそうですよね!

乗り場は、園内にいくつかあって、運行時刻等も決まっているようです。

 

ちなみに、園内を周るのに自転車も利用可だそうです。

自分の自転車でも入れるし、園内にレンタサイクルもあるので、そこでも借りられるそうですよ。

 

こどもの森

大きな蛇の砂場。

ちなみに、本物の蛇も公園内に出没するそうです。

 

この辺は、スペイン、ガウディのモザイクアートっぽい感じの造りで、ちょっとおしゃれでした。

かたらいのイチョウ並木

結構色付いていた入り口すぐのカナールとは違って、この辺はちょっとだけ紅葉のベストな時期には早かった気がするけど、それでも良い雰囲気でした。

この時期は、ここが一番の見どころだと思います。

ちなみに期間限定でライトアップもしているそうなので、また夜は違った雰囲気で綺麗なんでしょうねー。

サイドにはいくつもベンチが並んでいて、まさに誰かと語り合うにはぴったりの場所って感じですね。

 

見つけると楽しいオブジェたち

もしかすると、季節によってまた変わっていくのかもしれないですが、ところどころで色んなオブジェがあって、それもまた面白かったです。

なかなかカメラ目線をくれないネギさん・・・

大好物の”おいも”って言うと見てくれるんだけど、さすがに何回もやり過ぎてもはや無視!

 

お気に入りはこれ!

木の魔法使いみたいな、ダンスパーティ?はたまた演奏会?

エントムートってこんな感じなんだろうなって、想像できて凄く楽しい。

 

他にも、ふと登場する自然の草花なんかを見つけるのも楽しかったです。

 

ススキも都心部じゃなかなか見られないから、興味深々。

 

残堀川

水がなく掘りだけが残っているから、残掘川。

桜の季節は、凄く綺麗なんだそうです。

 

名前がついた場所もついていない場所も、かなり楽しめて、違う季節になったら、また来てみたいなぁって感じる景色がたくさんありました。

 

食事

愛犬連れでも、ちゃんと園内で食事ができます。

 

ふれあい広場レストラン

犬連れはテラス席かな?

 

レストランに入らなくても、売店がいくつかあって、食べ歩きなんかも楽しめる感じです。

かたらいのイチョウ並木の傍らには、BBQもありましたよ!

 

なんでも興味深々なお年頃。

 

秋晴れの気持ちのいい時間を、たくさん歩いて森林浴して。

昭和記念公園、愛犬との思い出もまた一つ増えて、とても良い時間でした。

帰り道は、ちょっとへとへと気味だったよ。

 

昭和記念公園に行ったついでにこんな場所もおすすめ

あけぼの口の信号を渡った場所にあるグリーンスプリングスは、ペットと食事ができるレストランがいくつかあります。(テラス席)

ただ、一人(+1匹)だとちょっと入りづらかったり、どうやって待てばいいかわからない感じだったかな。

ペットグッズを扱っているお店もあったので、必需品を忘れてもここで購入できますね!

 

 

*******

国営昭和記念公園

HP:https://www.showakinen-koen.jp/

住所:東京都立川市緑町3173

*******

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

<sponsored link>







-国内の変わった場所・おすすめ場所, ペットと旅する日本

執筆者:


comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PREV
オークランド ケリータールトンズ水族館
NEXT
光のイベント TOKYO LIGHTSトウキョウライツ 

関連記事

池袋で中華圏を楽しもう!沸騰小吃城

池袋には3つの中華系フードコートがあります。その中でも一番新しい沸騰小吃城(ふっとうしゃおちーえん)は、気軽に安く本格中華料理と中華圏気分を楽しめると話題です。日本にいながら、中華圏を旅した気分になれる、今日はそんな都内の中の小さな中華圏へ!!

愛犬と行く伊根の舟屋

さて。 天橋立を満喫し、せっかくはるばる京都の北部まで来たからには、一緒に行っておきたい観光場所があります。 それは、伊根の舟屋です。 伊根の舟屋もまた、ずーっと行ってみたいと思っていた国内観光場所の…

続きを読む

都内のペットと行けるレストラン4選

愛犬と行ける都内のレストラン特集、第二弾です。和の外観が素敵な日本料理のお店から、これからの季節にピッタリな東南アジア系料理のお店もピックアップしました。併せて、行ったついでのおすすめ場所なども紹介します。愛犬をたくさん笑顔にさせよう!

微笑むたくさんの石像に会える愛宕念仏寺

愛宕念仏寺(おたぎねんぶつじ)は、世界で一番優しい気持ちになれるお寺かも。 三連休のど真ん中の日、嵐山は大混雑で竹下通りみたいになっていたのですが、 このお寺に向かうべくバスに乗り込むと、人はとっても…

続きを読む

愛犬と泊まれる宿 蓼科わんわんパラダイスコテージ

”わんパラ”こと”わんわんパラダイス”は、色んなところに犬と泊まれるホテルを展開しています。蓼科のわんパラは、ホテルではなくコテージです。山の上にいくつものコテージが散在していて、そのコテージ一棟をまるまる借りられちゃうという豪華さ。いつものように宿の詳細や良かった点悪かった点などを書きました。

世界で出会った狛犬【日本編】

日本にも海外にも寺とか神社はたくさんあって、その場所を守っている狛犬さん達。それぞれの神社で顔つきも全く異なって、可愛らしい子から凛々しい子まで、表情も色々。立派だったり、綺麗な神社もいいけど、狛犬を見るのも楽しいです。今日は、そんな狛犬特集の日本編です。

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link