負の世界遺産・その他

世界にある「負の世界遺産」と呼ばれている場所を知っていますか?

そこには、人々の争いやおごり、支配などが跋扈していました。

負の世界遺産を始め、ここでは現在に残された過去からの想いを伝えます。

 

・・・

カンボジア プノンペン トゥールスレン虐殺博物館

ポル・ポト率いるクメールルージュがかつてカンボジアの国中で起こした、悲惨な歴史について知ることのできる博物館です。実際に虐殺が起きた場所でどのように起きたか、そして感じた事をたくさんの写真と共に綴っています。

 カンボジア プノンペン トゥールスレン虐殺博物館2


1に引き続き、ポル・ポトのクメールルージュの残虐な歴史を、たくさんの写真と共に綴っています。

 タイ カンチャナブリーのクウェー川鉄橋

美しいこの場所にも、重く苦しい過去が詰まっています。

日本も避けては通れないこの場所の歴史を、現在の姿と共に綴っています。

 タイ カンチャナブリーの第二次世界大戦博物館

カンチャナブリーに残る日本軍の爪痕。そして、風化していく置き去りの物達。JEATH博物館よりも小さいけれど、ここでも戦争の傷跡を知ることができました。目を逸らさずに。

 

 タイ バンコク シリラートの死体博物館

タイのシリラート病院の敷地内にある本物の人体が展示してある博物館。法医学博物館と解剖博物館があります。中は人体について勉強する人のためだったり、過去に起きた凄惨な事件を知らせる為の展示をしていました。

 ベトナム ホーチミン戦争証跡博物館広い館内に余すところなくベトナム戦争の悲惨さや残忍さを展示しています。かつてのジャーナリスト達が伝えた写真からは受け取るものも多く、残酷な戦争であったことをより伝えていました。自分たちの国だけに留まらず、大きな国が代理で戦争させたたために拡がった傷は、戦争なんて望んでいない人々を一番傷つけました。

 

 ベトナム ハノイのホアロー収容所


かつてフランスに植民地にされ、この場所で冷酷な拷問や処刑が行われていました。しかし、被害者のままでは終わらないベトナムは、今度はアメリカ人を収容する為にこの施設を再利用したのです。たくさん負の遺産に行ってきたけど、なぜかここだけは怖くてたまらなかった場所。

 ポーランド クラクフ シンドラーの工場
 

どうしようもない闇しかなかったホロコーストの中で一人でも多くの人を救おうと尽力した人がここにもいました。有名な映画シンドラーのリストでも良く知られたオスカー・シンドラーの工場にある博物館へ行ってきました。たくさんの写真と共に紹介。

チェコ クトナー・ホラの墓地教会


4万人の人骨で造られた教会です。内部は、たくさんの人骨で飾り付けられています。
教会が造られるまでの歴史、そしてどうしてこの教会が造られたのかを綴っています。

 アルゼンチン サルタ考古学博物館のミイラ 
アンデスの山頂にその昔、生贄として捧げられた女の子のミイラが眠る博物館。とても綺麗なミイラだけど、当時の背景を思うと胸が締め付けられるのです。

オーストリア ウィーンの犯罪博物館ヨーロッパ史に残る残酷な犯罪を写真付きでたくさん展示しています。革命家の生首や犯罪者のデスマスクが衝撃的ですが、犯罪はいつの時代も凄惨であることを思い知ります。

 オーストリア ウィーン犯罪博物館 その21に引き続き、クリミナル博物館の内部をたくさん紹介。

 オーストリア ウィーン拷問博物館魔女裁判を始め、ヨーロッパ史に残る拷問の歴史を、人形を使ってリアルに再現しています。元防空壕と言う場所に造られていますが、博物館と言うよりはお化け屋敷っぽかった感想。

ハンガリー ブダペスト 恐怖の館

ハンガリーはホロコースト、大戦後の恐怖政治など、人々はいつも恐怖にさらされてきました。そんな恐怖を伝えるための博物館ですが、この中はなんだかとても怖かったのです。

山形県 即身仏のいる寺 瀧水寺大日坊
 

最も過酷な修行と言われている、生きたまま仏になる修行、即身仏ですが、日本でも昔は行われていました。その仏様にこちらのお寺で会えます。即身仏になるまでの修行内容なども綴っています。

 マカオ モンテの砦
 

見晴らしが良くマカオの街が一望できるこの場所も、かつては戦争をする人間の真っ黒な感情溢れる場所でした。まさに死と生を分けたこの場所を、残されたたくさんの大砲と共に紹介。

 

投稿日:2017-11-27 更新日:

執筆者:

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link