国内の変わった場所・おすすめ場所

東京の昭和な町、青梅 博物館とカレー編

投稿日:2018-02-13 更新日:

ク。。。クマ出るんですか!?青梅って。。




 

前回、昭和レトロな町にタイムスリップした気分になれる街、青梅の、レトロ&猫パロディな、楽しい看板探しについての記事を書きましたが、今回はまた残りの青梅駅の街散策での楽しみ方について書きます。

青梅駅でもバカボンのキャラクターにたくさん出迎えられましたが、ちらっと書いた通り、ここには赤塚不二夫会館があるのです。

 

赤塚不二夫会館

バカボンやおそ松さんなどのグッズが売られているのはもちろん、赤塚不二夫先生に関する展示物などが飾られているのです。

 

中を見るには、チケットが必要。※グッズのみ買いたい場合は不要

この青梅の町には、この赤塚不二夫会館の他に昭和レトロ商品博物館、昭和幻燈館と3つの博物館があります。

どれか1つのみでも見られるし、3つの館を見られる少し料金がお得なチケットもあります。

せっかくなので、3館めぐり券を買って中へ!

 

すぐに楽しいバカボンの世界が広がり、たくさんのキャラクターもいたるところにいて可愛い!

 

ニャロメ!

ニャロメ好き!!

 

バカ田神社

こんな風に可愛らしい飾り付けの1階を楽しんだら、2階は赤塚先生の歴史が詰まった展示物がたくさん並びます。

2階は写真撮影禁止のため、写真はありませんが、貴重な原画や当時の漫画を描いていた部屋の再現、レトロな雑誌などなど、小さいけれど、見ごたえがありました。

 

そんな赤塚不二夫会館を出て、次の博物館へ。

すぐ隣に、昭和レトロ商品博物館があります。

 

昭和レトロ商品博物館


ここもまた、一歩入ると完全にタイムスリップしたかのようで、

子供の頃食べた事のある知っている駄菓子から、知らない昭和レトロのお菓子やグッズまで、とにかく懐かしい~と、ほっこりすること間違いなしです!

これだけ、私世代でも楽しめるんだから、お母さん世代なんてここに来たら、たまらないだろうな~。

そして、ここもまた2階があり、狭い階段を登っていくと、なぜか雪女の部屋という和室がありました。

 

うーん。和室。

昔のいとこの家みたい。

すっかりレトロな時代の雰囲気を楽しんだら、道を渡って少し歩いたところにある3館目、昭和幻燈館へ行きます。

 

昭和幻燈館

ここもまた2つの博物館とは雰囲気が異なり、とっても可愛らしい展示物と雰囲気でした。

墨絵作家の有田ひろみさんと、ぬいぐるみ作家の有田ちゃぼさんのユニットによる可愛らしいにゃんこがたくさんいる展示場です。

このキャラクターは見た事があるけど、作家のお二人のことを良く知らなかったのですが、飾られていたプロフィールを読んでびっくり!

有田ちゃぼさんは、62歳で作家デビューされた方なんだそうで、

いくつになってもやりたいことをやって、新しいことにチャレンジする人って、本当に素敵だなと思いました。

さて。

看板探しと博物館周りの途中で、お腹が空いたらおススメしたいお店があります。

おいしい野菜カレーのお店です。

 

赤塚不二夫会館とレトロ博物館から道を渡り、青梅鉄道公園へと続く道を北方面へ歩いて行くとあります。

 

喫茶店 夏への扉

これまたレトロな感じの可愛い昔っぽい店内で、線路が見えるので、中央・青梅線が走っていくのを眺められます。

 

ちょい辛めの味付けの野菜カレー。玄米ライス。

 

と、こんな感じで偶然見かけて気になってしまって、散策した街青梅駅周辺を2回に渡って紹介しました。

都内に住んでいても普段は、大きな街にばかりいってしまうけど、こんな風にのんびりした街を散策するのも楽しいなと思いました。

西へ向かう時には、ついでに青梅駅で降りてみるのもおススメです。

 

青梅駅

中央線・青梅線が発着。

新宿より快速で1時間15分くらい。

各博物館へは、駅下車徒歩5分程度。

 

赤塚不二夫会館

HP:http://ome-akatsukafujio-museum.com/

入館料:450円

昭和レトロ商品博物館

HP:http://ome-akatsukafujio-museum.com/retoro/index.html

入館料:350円

昭和幻燈館

HP:http://ome-nekomachi.com/

入館料:250円

 

※3館めぐり券は、800円なので、全部行く方はこっちを買った方がおすすめ。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロブログ「新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

 

<sponsored link>







-国内の変わった場所・おすすめ場所

執筆者:


comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PREV
東京の昭和な街、青梅
NEXT
魅惑の台湾飯を紹介! 食堂・レストラン編

関連記事

都内にある店内ペット同伴可のお店5選

だんだんとペット同伴可のレストランも増えてきて、愛犬と外食を楽しめる選択肢が広がってきたと思います。最近は、愛犬ネギとそんなお店を探して行くのが楽しみのひとつでもありますが、愛犬が一緒にいた方がエピソードや話すこともなかっただろう人達との出会いもあったりして、海外一人旅をしている時にちょっと似ているなぁと思います。今日は、そんな店内もペット同伴OKな都内にあるお店を5つ紹介します。                          

国立民族学博物館 アフリカ、イスラムコーナーは不気味

楽しかった大阪のみんぱくの続きです。 民族博物館その1の記事 → こちらから まずは、インスタントラーメンから。これは、ヨーロッパへの移民が営業しているお店のインスタントラーメンらしい。こういうのも、…

続きを読む

銚子市犬吠崎周辺の海スポットとローカルグルメを紹介

海が有名な千葉県銚子市周辺を紹介。犬吠崎の観光スポットを始め、地元民のみぞ知るようなマイナースポット。おすすめのレストランも。夏休み、どこの海へ行こうか迷っている方は、ぜひぜひ関東最東の海へ。

世界で出会った狛犬【日本編】

日本にも海外にも寺とか神社はたくさんあって、その場所を守っている狛犬さん達。それぞれの神社で顔つきも全く異なって、可愛らしい子から凛々しい子まで、表情も色々。立派だったり、綺麗な神社もいいけど、狛犬を見るのも楽しいです。今日は、そんな狛犬特集の日本編です。

愛犬と行く蓼科と山下清放浪美術館

長野は広くて、観光名所もたくさんありますね。行ったのは、11月の前半。とても良い天気に恵まれて、夏の旅行の名誉挽回!ちょうど紅葉も見ごろでとても綺麗で癒された旅になりました。山下清美術展では癒しパワーをもらい、蓼科の湖や大自然溢れる山々の景色にも癒され。とにかく癒しの旅となりました。

殺生石と千体地蔵のいる景色

栃木県那須町に、殺生石(せっしょうせき)という、ちょっと怖い名前のついた石の置かれている場所があります。この場所に残る伝説も、ちょっと怖いお話だったりするのです。とは言え、現在はどんな場所なんでしょう?

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link