旅日記 ベトナム メコンデルタ

ベトナム ココナッツキャンディー工場

投稿日:2014-05-16 更新日:

ベトナム名物のココナッツキャンディー工場見学へ来ました。

2年前に来たツアーでは、ドライバー&ガイドの大遅刻のせいで、

とっくに作業は終了し、キャンディーを買わされただけでした。

思い返せば、高いツアー料金ちゃんと払ってたのに、なんて酷い!!

あの日本人経営の現地会社の名前、何だったかなぁ。

 





でも、今日はちゃんと見ることができました!

 

Come on !スリムファミリ~!!

ここの工場では、ココナッツキャンディー以外にもいくつかお菓子を作っていて、

それらの作る工程も見られます。

そして、全部試食もさせてくれたので、ちょっと嬉しい!

 

まずは、なかなかおいしかったのですが、ココナッツとライスペーパーのお菓子作りの工程だそうです。

まず、焼きます

 

ふたを開けて~


 

↓ あらよっ~と。

なんだか、ゆばみたいですよね!!

 

で、干すみたいです。

すいません!!馴染みのないお菓子で、よくわかりません。

ハンサムスリムの焼くとか干すとかの説明だけで、なんのこっちゃです。

でも、こんなお菓子もあるらしいです。

 

そして次は、ポン菓子ですね。

 

メコン川沿いでは、はちみつも結構つくられているそうなのですが、

 このポン菓子には、大量のはちみつを入れて固めているそうです。

試食させてくれたんだけど、甘くておいしい!!

くわえタバコの職人っぽさ全開のおっちゃんが、ぐいぐい試食を勧めてくれました。

この写真はすでに出来上がってるものを集めているけど、この木箱が型で、この中に詰めて形を整えるようです。

機械作業じゃなくて、人の手で原始的なのが、また美味しそうに見えますよね。

 

そして、ポン菓子を詰めて冷ましたらカットするようです。

これ、すんごいおいしくていくらでも食べられるよって感じ。(●´ω`●)

 

そして、そして、同じようにはちみつを使ったお菓子が続きます。

なんだか大量のインスタントラーメンみたいですね。

これまた同じように、この四角い箱の中にあっついうちに引きつめて~

最終的には、↓こんな風になります。上に乗っているのは、コリアンダーだそうです。

スナック菓子食感の甘いお菓子って感じ。 

これもなかなかおいしかったです。

 

それにしても、暑いし、こんなまずいの買わないって

同じツアー参加のチャイナがぶーぶー言っているのが聞こえるけど、

無視しましょう。

失礼な奴らですね。

 

そしてそして最後に、女王ココナッツキャンディーの出番ですね。

 

まずは、ココナッツを絞る機械。

ちょうど、ここのコーナー、工場の人誰もいなくて、

代わりにハンサムスリムが実演。

機械っていうより、手作業で、相当力を使うみたいです。

 

まずは、左にあるように、ココナッツを突き刺して、割るみたいですね。

で、真ん中に写っている機械で絞り出すみたいです。

 

あ、転がってるのは、私の天敵、ドリアンなのか?ジャックフルーツなのか?どっちさ???

そもそも、なぜここに???(´・ω・`)

 

あ、答えはココナッツキャンディーにいくつか味の種類があって、ドリアン味ってのがあるからですね。

 

って、ことはこれ、ドリアンじゃん!!(自問自答)

 

とりあえず、絞られたココナッツは、こうなります。

火で焙りながら、機械にかき混ぜられています。

キャンディーに近づいてきましたね~。

で、最終工程。

こんな風にのばしてカット。

って。

私の説明、薄っ!!こそあど多し

 

すいません。もうちょい細かく説明あったと思うんですけど、ほとんど説明覚えてませんっっっ。。。。

ほんと、しょーもないですね。。(´・ω・`)

 

とりあえず全部、好きなだけ試食させてもらえます。

ボールに山ほどあって、しかもできたて。

 

でも、例のチャイナ様が、「どきなさいよっ」(たぶんニュアンス的にこう言われた)

って、独り占めしてしまうので、ドン引きしてしまい、そんなに食べられませんでした。

あー、今日のツアーメンバー、ガラ悪。。。(-“”-;)

 

会社とかに買っていくと、不評なこのベトナムのココナッツキャンディーですが、

(キャンディーというかキャラメルなので、歯にくっつくと不評)

うちのお母さん、大好きなんですよね。これ。

なので、買えて良かったです。

 

ちなみに、お土産売り場には、こんな物も。。。(((゜д゜;)))

ハブ酒?蛇酒?蛇ウィスキー???

これ、検疫にひっかからないのかなぁ。取り上げられそうだけど。

 

そして最後は、はちみつのお茶を試飲させてもらえて、はちみつやロイヤルゼリーをテーブルに置かれ、

セールスが始まります。買いませんでしたけれども。

 

外には、蜂の箱が!!

はちみつたっぷりお菓子は、日本ではなかなか安く手に入らないから、

ベトナムでって思うけど、でも、なんだかんだこういうツアーで来るとこって、

やっぱり日本ほどじゃなくてもいいお値段するんだよなー。

ましてや、こんな長旅途中のバックパッカーには買えないです。

 

とは言え、またこんな工場を見学できるのも楽しいです。

メコンデルタツアーは、まだまだ続きます。

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

<sponsored link>







-旅日記, ベトナム, メコンデルタ

執筆者:


  1. m-fleck より:

    きゃはーーー《*≧∀≦》

    私 このコブラ酒の試飲しましたーーー ←滋養強壮っ( ´艸`)
    そして 父が同僚にお土産として3つ買って帰り
    そうとう引かれてました。。。

    私は日本語が話せるベトナム人ガイド付きの現地ツアーを
    単発で申し込んで観光しましたが
    私たち親子だけだったり ひとり参加の男性との3人だけだったりで
    快適でしたよ~(^▽^;)

    チャイナやらスパニッシュやら、、、大変そうですね。
    ウチの父だったらケンカしてしまうかも。。。

    ココナッツキャンディ、不評ですよね(笑)
    ベタベタしてて食べにくいし・・・

    反中デモには くれぐれもお気をつけて お楽しみください!!

  2. ミョウガ より:

    暴動

    さよさん、テレビでは工業団地への暴動が
    放映されています。
    大丈夫と思いますが、注意してくださいね。
    良い旅を!

  3. くまさんのともだち より:

    こんばんは!

    「いいね!」に「超いいね!」がないのが残念っ♪

    甘い良い香りがしてきそうだし、おもしろかった~♪ありがとうございましたo(^o^)o。堪能しました~(^o^)/

  4. okotan より:

    蛇画像かなりびっくりしました!(^▽^;)

    女一人旅(今は相棒がいるけどそれも含めて)いろんな大変なこともあると思うけど、この先も良いたびを!

  5. singersongwriter☆汐 里 より:

    ハブ酒はしってるけんど

    さすがにコブラは勘弁((>д<))ブルブル

  6. フラワーエンジェル より:

    すごいですね~

    1人旅

    強いな~!

    BRに☆

comment

関連記事

ワットポーの寝仏さん

ワンランを出て、再び水上船に乗って、向かうはターティアンという駅です。   バンコクへ来たら、これを見なければ! ってことで、寝仏を観に、ワットポーへ向かいます。 午後からは、明るくGo! …

続きを読む

この旅最後のバス移動クスコからリマ

今回も使うバスは、Cruz del Sur社です。   ひとまず、バスステーションで待っている間にお腹が空いたので、 売店で軽食を食べました。   エンパナーダ プリングルスのPo…

続きを読む

小さなボードでハロン湾へ漕ぎだす

ティエンクン洞窟を後にし、再びクルーズ船へ乗り込みます。   写真などで目にしたことがある、有名なハロン湾の奇岩が広がります。   再びタインが、次々と現れる奇岩について説明をして…

続きを読む

ウユニから南下する術を探しに

ウユニ塩湖の朝から晩までの全ての景色を堪能して、大満足ではありますが、 寝不足だからと言って、宿でのんびり。。。とは、いかないのです。   次の目的地への足探し!!   そもそも、…

続きを読む

スローボード2泊3日の旅 最終日スタート

トムから、明日の船は9時に出発するよと聞いていたので、 早めにチェックアウトします。 パクセンの朝です!おはようございます! そうそう。特にスローボード上で、明日は何時発です、なんていう案内なんてない…

続きを読む

ルアンパバーンからのプレゼント

さて!次の町への移動日です!! 二日間、たっぷり休養したので、だいぶ体も回復しました。 なんとか、次の町へ行けそうです。   ここ、Chittana Guest Houseにも、本当にお世話…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link