旅日記 ベトナム メコンデルタ

波乱のメコン川ツアーの始まり

投稿日:2014-05-14 更新日:

バスはいったんトイレ休憩で、おしゃれな休憩所に停まりました。

 

まぁ、いつもの高いお土産屋さんですね。

ここは、宿泊することもできるらしくて、

リゾートっぽくて、花と小屋が美しい、いい感じの場所でした。

ベトナムは、水連がとっても綺麗ですね~。

 

やっぱり都会を離れると、ちょっと気分がいい!

旅するなら、断然田舎がいいです。都会は移動には便利ではあるけれども。

 

で、休憩時間は15分。

短いので、トイレに行ったらあっという間ですね。

近くで一緒にくつろいでいたハンサムスリムが、出発するぞーと呼びかけたので、バンへと戻ります。

 

が、ここでいきなり小さな事件が。。。

 





スペイン人の女子グループが同じバンで、ツアー参加していたのですが、

集合時間になっても戻ってきません。

ハンサムスリムが探しに行って、一人見つけたようです。

が、友人がどこかに行ってしまい、いないらしい。

とっても不安そうに、どこかに行った友人を心配する女の子。

 

で、待つこと20分は経ったでしょうか。

ハンサムスリムと友人に探されて、

めちゃくちゃバツが悪そうな顔で、帰ってきた女の子。

でも、何も言わずに乗り込んできます。

 

思いっきし、大きな音で舌打ちする同乗のチャイナ。

舌打ちすんなよ。。気持ちはちょっとわかるけど。。。(-。-;)

 

さ「15分と50分を聞き間違えたのかなー。」

呉「えー、そんな馬鹿な人、いるわけないじゃん。」

スイマセン。私、そのよく聞き間違える馬鹿なんですけど。。。(心の声)

 

自分勝手なのに人に厳しい、短気なチャイナ、時間を守らない自分勝手なスペイン人。

そして一緒に旅している友人に対して芽生えてきたストレスをなんとか打ち消したいジャパニーズ(私)。

なんか、今日のツアー大丈夫かな。

 

3時間くらい走って、メコン川のボード乗り場に到着しました。

ここから、ボードでメコン川へと出ます。

メコンデルタのメコン川の色が懐かしい。

もう一度ここに来るなんてなー。

 

ボード内はこんな感じ。

この写っているド派手なのは、ずーっと文句ばっか言ってる見ず知らずのチャイナの女の子。

後々、ついにこの子に対して、キレるという事件が。。。

 

旅慣れてきて何度目かのメコン川にも、だんだん感動が薄れてきたのは事実ですが、やっぱり雄大。


メコン川の色は、お世辞にも綺麗とは言えないけど、でも東南アジアの誇っている川。

雄大だと思う。

 

メコン川沿いのベトナム人の生活を垣間見る事ができます。


 

水上船で生活している人もいるようです。

で、水上マーケットと聞いて楽しみにしていたのは、もちろんその名の通り。

水上で行われるマーケット。

 

しかし!もう終わってしまっているらしい。

あったのはフルーツ売りのおばちゃんの船だけ。(朝、早くじゃないとだめらしい)



せっかくだし、とってもおいしそうなので、呉さんと10,000ドンずつ出し合って、1パック買うことにしました。

その場でおばちゃんがフルーツを切ってくれるそうです。

 

で、呉さんが買いにいってくれたのですが、例のスペイン人女子グループがのさばっていて、まったくどかない。

あーでもない、こーでもないとおばちゃんに何か言っています。

まじで他の人には買わせない!ってくらいの勢いで。

 

彼女達のせいで、時間切れで買えない人とかいて、呉さんもすっごい待たされていました。

あげく、自分達は山ほどフルーツを買って、食べきれずに捨てていました。

なんだかなーって感じです。(-“”-;)

 

よその国へ来て、色んな国の人達が一緒になるツアーで、他の人を気分悪くさせる。。。

こういう外国人にはほんとなりたくない。

 

ハロン湾の時は、優しい人達ばっかりだったのになー。

なんだか、ひとえに楽しい!って言えないメコン川ツアーです。

 

そんな不安は、結局のちほど、大爆発の事件を起こしてしまうのですが、

とりあえず、ツアーは進んで行きます。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

0

<sponsored link>







-旅日記, ベトナム, メコンデルタ

執筆者:


  1. 水色のディンギーだよ~**。 より:

    こんにちはぁ~o(^▽^)o

    メコン川クルーズ見たかった
    けれど時間が足りなくて
    行けませんでした~p(^_^)q
    素敵ですねぇ♡

    また行きたいなぁ~♪
    いつも旅の様子を読まさせて頂いて
    有り難うございまぅす~*\(^o^)/*

    頑張って下さいねぇ♪
    楽しみにしています☆

comment

PREV
進んでいくベトナム
NEXT
ベトナム ココナッツキャンディー工場

関連記事

ホイアンでの宿探し

フエを出発したバスは再度、トイレ休憩を兼ねて土産物屋に到着。 ここで40分も休憩するといいます。 観光バスでもないのに、土産物屋かぁ。   すると、乗客のヨーロッパ系の女性が、 「誰かここで…

続きを読む

いきなり大変なベルリンの歓迎

ZOBバスターミナル、ここからメトロに乗ってドミトリーのある駅まで行かなくてはなりません。 しかも最寄りの駅、Kaiserdamm駅がわかりにくい!! なんてったって地図もなければ、スマホも充電が虫の…

続きを読む

ボリビアのローカルフードを紹介

ラパスの中心と言っても良さそうな、サンフランシスコ教会。 夕方になると、必ず現地の人達が集う場所ってあると思うんだけど、ラパスでは、この周辺にたくさんの人が集まるようです。 中へ入りたかったけど、閉ま…

続きを読む

旅の音に出会う

宿に帰り、朝4時起きってのもあって、眠りこけていました。 そして、夜出かけることにしました。     鏡を見てびっくり!! 目が真っ赤になってました。   寝る前にコンタ…

続きを読む

これが忠烈祠の衛兵交代

ふらふらとさまよって、ようやく到着した私を待って、衛兵交代式が始まりました。 あ、私を待ってたってのは嘘です。 でも、到着と同時に始まったので、かなりびっくりしました。   ここも、1時間に…

続きを読む

旅スタイルを注意され、ぶーたれる。そしてウユニへ!

街に帰ってきました。 そういえば、チョリータさんの長ーい三つ編みって、背中の下の方で二つを結んでるんです。   日本にはないスタイル! これもこういう結び方だけじゃなくてね、色んな結び方があ…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link