旅日記 オーストリア ウィーン

ウィーン中心部を散策しよう

投稿日:2016-07-08 更新日:

ウィーン時間は、まだまだこれから。

中心部を軽く散策しよう!!

どうやら魅力的な建物がたくさんありそうです。

しかもシュテファン寺院の周辺にたくさんあるので、周りやすそう!





街角のオブジェもゴージャスです。

この街角に造られた像とかオブジェとか、

ヨーロッパは行く街によって全く異なっていますが、

ウィーンはだいぶこだわってるなって感じのものが多いです。

 

これは、アクセントの金がいいなって思いました。

こういう感じの街があってもいいと思う。

 

これは、階段が何段かあって、登ってみたら噴水でした。

ちょっと高く造られてた噴水。



建物の間から見えるシュテファン大聖堂も素敵だな~。

シュテファン大聖堂のあるこの通り、ローテントクルム通りは、お土産屋さんもたくさんあって、

店によって、売られているものも異なっていて、見ていても楽しいです。

ほんっと、ウィーンはいつか短期旅行でリベンジしたいです!!

もうお土産物も魅力的すぎる。こんな長旅の途中じゃ制限されて残念。。。

 

で、ウィーンもちゃんとお店に入ると挨拶してくれます。

「グーテンターク」(^▽^)

ドイツ語です。

 

とあるお店で、店員さんがにこにこして、ドイツ語で挨拶してくれたので、

挨拶をし返して、売り物を見ようとしたら、数秒置いてから、

 

「アニョンハセヨ~」

 

って言われました。

 

キタ~!!謎のチョイス。

う~ん。惜しい!!もうちょい東~。

 

「コニチハ!because I’m Japanese」

「あ!Sorry」

 

海外でのこのサービス挨拶。

ニイハオは、山ほどあってもアニョンハセヨは、初めて言われました。

でも、ニイハオよりいいかな。

ちゃんと考えてくれた気がするんで。笑

 

これは、ペーター教会

ここも入りたかったんだけど、この時もう閉館してしまって入れませんでした。

いつかリベンジ!

 

これまた、シュテファン大聖堂と同じくらいのシンボル的建造物。

王宮です。

なんだかんだで、各国の色んな王宮を見た気がする。

 

ウィーンにも、もちろん観光客用の馬車が走っています。

街中の建物は、一番ゴージャスだと思うんだけど、

なぜか馬車は、ポーランドの方が綺麗に飾り付けられていますね。

 

でもこれはこれでいいかも。馬車は馬車で、東京ではもちろん見かけないし。

 

いつかまた、短期旅行とかで誰かと来たら、、、、乗ってみ。。。

いや、やっぱ乗らないかな。

 

絵の描かれた階段。

なんか人がちょうど降りてきて、トリックアートっぽくなってしまった。

 

 

そして、ここは、あの有名なオペラ座です。

やっぱり、すんごい人人人ですね。

東京ドームみたいに音漏れ。。。してません。

ここもゆっくりウィーン旅行で来たい!

 

そうそう。

オーストリアに来て、やっと出会えたものがありました。

 

ファストフードが買えるスタンド。

レストランに入るのは、なんだかめんどくさいし、

手軽にその辺に座ってごはんでも食べたいんだけどって時に助かるし嬉しいんですよ!

 

でも、ポーランドもチェコでも見かけなかったんで、そんな時はいつもコンビニかスーパーのパンばっかり。

屋台のないヨーロッパでは、こういうの凄くいいと思う。

 

ウィーン、居心地がいいって感じたけど、それがちゃんと街の造りとしても現れていて、

ここなら住める!!って思いました。

(物価は、高いけど。。。)

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

<sponsored link>







-旅日記, オーストリア, ウィーン

執筆者:


comment

関連記事

マスター、足早にベルリンを回るよ!

ベルリンはもう、行きたい場所が山ほどあって、 ガイドブックをなんで持ってこなかったのか、ほんとに出発前の自分を悔やみます。   ドイツ、トランジットで感じよかったら、いつかゆっくり来よう~。…

続きを読む

ウィーンの拷問博物館 拷問の歴史

や、ちょっと! アメブロから過去の旅日記を移行しておりますが、このウィーン編に差し掛かったところ、この拷問博物館の日記を改めて読み直して、我ながら苦笑い・・・ いやもう適当過ぎた。 感想はただ、つまん…

続きを読む

親日夫婦の宿 Iguazu Villa14

旅をしていると、時々、すっごく居心地のいい宿に出会えるもので、 今までも、出会ってきたけれど、今回もまた心からおすすめしたい 素敵な宿に出会えました!     いきなり宿の話から始…

続きを読む

おとぎ話のような街プラハの早朝を歩く

バスは、道端で降ろされることもありってガイドブックには書いてあったので、 東南アジアの”ここどこ?”再びかと思って心配してたけど、 ちゃんとしたプラハのフローレンツバスターミナルで停まってくれました。…

続きを読む

小さいけど見どころたくさん。サルタの町を紹介!

偶然、滞在することになり、でも凄く親切にしてもらい、 予想外に大好きになったサルタの町も、そろそろ去らなくてはいけない時間が近づいてきました。 サルタの町は、表参道、原宿的な若者おしゃれ通りもあれば、…

続きを読む

ここまで清く正しい旅をしてきたけど・・・

サルタの町って、爽やかだけど、なんだか住んでる人たちが明るくて、 ラテンって感じで楽しんでいるけど、落ち着いてもいる雰囲気のいい所。   町の中心でもある7月9日広場には、人が集まっていて、…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link