旅日記 オーストリア ウィーン

ウィーン中心部を散策しよう

投稿日:2016-07-08 更新日:

ウィーン時間は、まだまだこれから。

中心部を軽く散策しよう!!

どうやら魅力的な建物がたくさんありそうです。

しかもシュテファン寺院の周辺にたくさんあるので、周りやすそう!





街角のオブジェもゴージャスです。

この街角に造られた像とかオブジェとか、

ヨーロッパは行く街によって全く異なっていますが、

ウィーンはだいぶこだわってるなって感じのものが多いです。

 

これは、アクセントの金がいいなって思いました。

こういう感じの街があってもいいと思う。

 

これは、階段が何段かあって、登ってみたら噴水でした。

ちょっと高く造られてた噴水。



建物の間から見えるシュテファン大聖堂も素敵だな~。

シュテファン大聖堂のあるこの通り、ローテントクルム通りは、お土産屋さんもたくさんあって、

店によって、売られているものも異なっていて、見ていても楽しいです。

ほんっと、ウィーンはいつか短期旅行でリベンジしたいです!!

もうお土産物も魅力的すぎる。こんな長旅の途中じゃ制限されて残念。。。

 

で、ウィーンもちゃんとお店に入ると挨拶してくれます。

「グーテンターク」(^▽^)

ドイツ語です。

 

とあるお店で、店員さんがにこにこして、ドイツ語で挨拶してくれたので、

挨拶をし返して、売り物を見ようとしたら、数秒置いてから、

 

「アニョンハセヨ~」

 

って言われました。

 

キタ~!!謎のチョイス。

う~ん。惜しい!!もうちょい東~。

 

「コニチハ!because I’m Japanese」

「あ!Sorry」

 

海外でのこのサービス挨拶。

ニイハオは、山ほどあってもアニョンハセヨは、初めて言われました。

でも、ニイハオよりいいかな。

ちゃんと考えてくれた気がするんで。笑

 

これは、ペーター教会

ここも入りたかったんだけど、この時もう閉館してしまって入れませんでした。

いつかリベンジ!

 

これまた、シュテファン大聖堂と同じくらいのシンボル的建造物。

王宮です。

なんだかんだで、各国の色んな王宮を見た気がする。

 

ウィーンにも、もちろん観光客用の馬車が走っています。

街中の建物は、一番ゴージャスだと思うんだけど、

なぜか馬車は、ポーランドの方が綺麗に飾り付けられていますね。

 

でもこれはこれでいいかも。馬車は馬車で、東京ではもちろん見かけないし。

 

いつかまた、短期旅行とかで誰かと来たら、、、、乗ってみ。。。

いや、やっぱ乗らないかな。

 

絵の描かれた階段。

なんか人がちょうど降りてきて、トリックアートっぽくなってしまった。

 

 

そして、ここは、あの有名なオペラ座です。

やっぱり、すんごい人人人ですね。

東京ドームみたいに音漏れ。。。してません。

ここもゆっくりウィーン旅行で来たい!

 

そうそう。

オーストリアに来て、やっと出会えたものがありました。

 

ファストフードが買えるスタンド。

レストランに入るのは、なんだかめんどくさいし、

手軽にその辺に座ってごはんでも食べたいんだけどって時に助かるし嬉しいんですよ!

 

でも、ポーランドもチェコでも見かけなかったんで、そんな時はいつもコンビニかスーパーのパンばっかり。

屋台のないヨーロッパでは、こういうの凄くいいと思う。

 

ウィーン、居心地がいいって感じたけど、それがちゃんと街の造りとしても現れていて、

ここなら住める!!って思いました。

(物価は、高いけど。。。)

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

<sponsored link>







-旅日記, オーストリア, ウィーン

執筆者:


comment

関連記事

重要!間違えやすいビクトリアピークへのバス

香港人気ナンバーワン観光地のピークトラムへ行くために、前回はすっかり間違えてしまったけど、もう一回バスで目指します。無事、見つけられるのでしょうか。。。

フェリーに乗って香港島へ

香港特別行政区は、いわばいくつかの島によって出てきている国です。
まずは、到着した香港国際空港があるのは、ランタオ島という香港の西部にある大きめの島の北にある小さな小島、赤鱲角島(チェクラプコク島)という場所です。
そこからバスに乗って宿の重慶大厦のある九龍(カウロン)と言う、中国と陸路で繋がっている半島エリアに到着しました。
で、私達が今いるのは、九龍の尖沙咀(チムサーチョイ)と言う地区。
そこから、フェリーに乗って海を渡り、対岸の香港島へ渡ります。

タイのスーパーを歩く。そしてラオスの足音が聴こえる

再び宿に戻り、私は次の目的地、ラオスへのルートを探るために 近所にあるツアー会社へ行きました。 だいぶ、前半タイで回ろうと思っていた場所を端折っていますが、 この時は、ほんっとうにソンテオの一件ですっ…

続きを読む

ルアンパバーンへのルート決定!そしてチェンマイの焼鳥屋さん

さらに、時間があるので、散策を続けましょう! チェンマイの大きめの病院がある通りの向かい側に、モン族のグッズを売っているお店を発見。 私、モン族好きなんです!(´∀`)   店内のグッズもと…

続きを読む

マチュピチュ行くなら、真っ先にチケットを!

クスコに来たからには、マチュピチュへ行かないと。 マチュピチュは、世界遺産の中でもかなり人気の場所だけあって、 一日のうちに訪れる人も凄い人数だそうです。   でもって、旅友から、クスコに着…

続きを読む

病みまくったビエンチャン生活スタート

ごたごたしたけど、無事ルアンパバーンから夜行バスに乗り、最終日に出会った色んなラオス人の顔を思い出しながら、窓の外の夜空に見とれているうちに、いつの間にか熟睡していました。 あんなにガタガタ道だったの…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link