旅日記 タイ バンコク

世界は同じ時間を生きていた

投稿日:2014-06-28 更新日:

夕方18:00頃、だんだん見覚えのある景色が広がり、カオサンへ到着しました。


ああ。。。帰って来たんだ。。。

ほんとに素直な感想でした。

 

 

しかし、バンコク、夜だからってのもあるけど涼しい。

やっぱ、カンボジアは暑過ぎたよ。

 

とにかく、地獄の国境越えでくたくただし、

大好きなタイフードのにおいぷんぷんでお腹はぐーぐー鳴ってるし、

さっさと今日泊まる宿にチェックインして、今日は早めに休みたい。( ´ー`)

 

ゆきさんはほんとはこのままアユタヤへ向かう予定でしたが、

やっぱり地獄の国境越えの疲れのせいで、バンコクで一泊することに。

で、同じゲストハウスに泊まることになりました。

 

もう、シェムリアップのヤマトの女子ドミのサウナ状態の部屋に7日間、

お互い良く耐えた!

 

ってことで、私はシングルルームをさっさと数日前に予約してありました。

今回はAgodaで探しました。

カオサンで安いエアコン付きの部屋を。

でもAgodaの地図、またしてもよくわからず!!

 

若干さまよいましたが、なんとか見つけました。

今日のホテル、Lucky House。

一泊900円くらいだったかなー。

カオサンへも歩いてすぐだし、エアコンがついていて、

ホットシャワーのバストイレ室内付きなので、

条件はなかなかでしたが、泊まってみた感想、別におすすめしない です。

 

ベッドがもう、担架なのか?ってくらい質素なものがポツンと置かれていたのと、

なんかねー、受付のお姉さんがありえないくらい感じ悪かったんですよ。

 

まぁ、ほんとに私も今夜は涼しく過ごせればそれでいいので。

どうせ一泊だけだし。

 

なんて、割りきったけど、ゴ○さんチョロチョロ歩きまわってて、

ほんとに良くない宿でしたけどね。。。

 

とにかく、荷物を置いたら、やることがあります!!ゆっくりしていられません。

それは、次の町への足確保です。

そう。ずっと呼ばれて呼ばれて仕方のなかった町、

パーイへ行きます。

 

パーイはタイ北部にあるとっても小さなマイナーな町。

だけど、そんな町に私が呼ばれていた理由は、後からわかりました。

ああ。私はここに来るために、この出来事に出会うために旅に出たんだ。

そう思いました。

 

とりあえず、もう帰国まで残り日数は限られています。

一日たりとも、無駄にできません!(`・ω・´)ゞ

 

バスでパーイへ行くためには、まずはチェンマイまで行き、

そこから更に乗り換える必要があります。

なので、明日の夜行バスでチェンマイまで行ってしまいたい。

 

前回は、色んな町を経由してチェンマイへ行ったので、

バンコクからのバスの相場がいまいちわかりません。

でも、旅中で出会った人達何人かの話をまとめると、600B~800B

私もそのくらいの値段で探したいとこ。では、探しにGO!!

 

一件目に行ったツアー会社は、宿のほぼ向かいにあって、

スムージー屋台とくっついていました。

店員のお姉さんは優しくてすっごくいい感じ。

そこに聞いてみることに。

 

チェンマイ行きの夜行を聞いてみると、なんと450B=1400円くらい

 

はい。けって~い!!(^▽^)

 

なんか、スムーズに1件目で納得いく価格が見つかるなんて、幸先いいぞ。

パーイ。ほんとに呼ばれている気がする!!

 

さあ、とんとん拍子にやること終わっちゃったんで、

夜ごはんに行きましょ!ゆきさん!!

お互い、今日最初のごはんだねぇ。

 

ってことで、ほんっとうに久々の屋台のパッタイを食べました。

麺の太さは好きなやつを選べます。20B=60円くらい

この注文すると、ささーっと作ってくれる感じがいいよねぇ。東南アジアは。

 

あー。やっぱりタイのごはんはおいしい。安心感があるよ。

ゆきさんは、初めてのタイ。屋台のパッタイも。

カンボジアでパートナーが変わり、

こうして初めて会った誰かと一緒にこの景色を見ていて、

このかけがえのない時間を過ごしているなんて。

今夜は一人になるはずだったのに、誰かとごはん食べられるなんて。

 

カオサンの真ん中の屋台で、椅子に座りながら辺りを見回します。

向かいのバーでは、男の人が私が好きな曲、

”Wild World”を弾き語りで歌っていました。私が好きなのは、Mr.Bigがカバーしたバージョン。

 

「かんぱーい!おつかれー。」

ゆきさんと小さく二人だけでペットボトルの水で乾杯をしました。

 

あの初々しい気持ちで、ここを後にした日から本当に色んな事があった。

私が見てきた世界は荒れてはいなかったけれど、

 Baby baby It’s not wild world~

みんな、一生懸命に生きていた気がするよ。

ラオスの子供達や若い僧侶たち。気さくな人から、不機嫌なおばちゃん。

ベトナムのたくましいおばちゃんやおばあちゃん達。

悲しい取り残された日常も見たけど、それでも、必死に生きていた。

カンボジアでは、もっとリアルに知った。

だけど、カンボジアも然り。

人々は外国人に優しく、いつも笑ってた。

 

そして、このバンコク、カオサンの、実は前衛的なのかもしれない、この空気。

みんな、ずーっとおんなじ時間を生きているんだね。

 

ここから進みだして、ぜーんぶ、陸路で移動して、今日再び帰って来ました。

戻って来られるのかなっていう不安はなくて、

今日までただ前にだけ進んできた気がする。

 

なんだか、大好きな映画ロード・オブ・ザ・リングのワンシーンを思い出しました。

ホビット庄に帰ってきたフロド達が、

緑竜館で人知れず4人だけで乾杯をするシーンです。

 

私が冒険をしてきたなんて、ここにいる人達は誰も知らないんだ。

だけど、確かに、一周したんだな、帰って来たんだな。

心から感慨深くここを発った日を思い出し、浸っていました。

まあ、私はフロド達みたいに世界は救ってませんけどね。

 

それから、ほんっとうに恋しかった、

心待ちにしてたタイのスムージーももちろん飲みました。

やっぱ世界一!!(>▽<)

 

さて。旅が終わったような雰囲気を醸し出していますが、

さらっと書いた通り、まだ旅は少し続きます。

なので、もう少し旅日記にお付き合いくださると嬉しいです。

起きたことをそのまんま書いていますので

、感情に突っ走って馬鹿なことだらけですが、

どうか、笑ってやってください。

そして、もう少し一緒に旅をしてください。

 

さあ、明日は再びタイを北上します。

帰国までのルートはまだぼんやり、だけどもう突き進むのみです!

ってことで、寝ましょう。

やっぱり担架みたいなベッド。寝返り打てない。

寝ぼけて落ちないようにしないとなぁ。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

<sponsored link>







-旅日記, タイ, バンコク

執筆者:


  1. アイカ より:

    いいね*\(^o^)/*

    お初です。 (^○^)

    ありがとう。*\(^o^)/*

    ブログ楽しみにしとる(((o(*゚▽゚*)o)))ばい

    気を付けて楽しんでね。

  2. KENJI丸 より:

    一人旅♪

    大変そうですね><

    いろいろあって可哀想なくらい泣

    俺は一人旅できないな(笑)

  3. 自然派 より:

    はじめてコメントします。
    何かイキイキしておられますね、ブログ楽しみに拝見してます、治安に気を付けてくださいね。
    ブログを読むと元気が出ますね、ありがとうございます。
    頑張ってくださいね!

  4. あーちゃん より:

    呼ばれた感覚

    やっぱり、呼ばれた感覚は、本物でしたね☆

    「ずっと呼ばれて呼ばれて仕方のなかった町、
    パーイへ行きます。

    パーイはタイ北部にあるとっても小さなマイナーな町。

    だけど、そんな町に私が呼ばれていた理由は、後からわかりました。」

    呼ばれた感覚に素直に従ってみた結果……

    とっても楽しみにしていますよ♪

    では、次の更新まで「パーイ」(笑)

comment

関連記事

ギネス認定 リマのナイト噴水ショー

ゆっくりとリマのとばりが降りてきて、 ちょっとずつ夜が近づいてきました。 噴水ショーが始まるのです!!     何度か、これから始まるよと言う宣伝で、 小さなオープニングが流れます…

続きを読む

やっと憧れのクトナー・ホラが見えてきた。でも。。。

下調べゼロで来ると、ヨーロッパの鉄道に乗るのは大苦労ということがわかりました。当たり前っす。 電光掲示板で、クトナー・ホラ行きの電車の出発時刻が出るのを待ちます。     待ちます…

続きを読む

いよいよカオサンへ

パヤータイに到着です。 ふと、下をのぞきこむと、こんなに素敵な景色が。 なんだか、ミニチュア模型みたいな不思議な組み合わせ。 ここからカオサンまでバスで行くか、タクシーにするか迷ったけど、 どうやらバ…

続きを読む

森の中に佇む寺院 ワット・ウモーン

次は歩いて、ワット・ウッモーンを目指します。   このお寺は、森の中にある寺院。   池があり、 この池にかかる長ーい橋を手をつないで渡るんだって。 この日も、カップルがちょうど手…

続きを読む

香港旅、最初の小さなハプニング

憧れの重慶大厦に、張り切って泊まりに来たまでは、良かったのですが、予約した宿の入り口に到着した私達を待っていたのは、呼び鈴を鳴らしても鳴らしても、誰も出てこないって言う悲し過ぎる歓迎でした。

引き続きアンコール遺跡巡り~パプーオン

さて。次なる遺跡は、、、、パプーオン寺院と思われます。 ここも引き続き、スメール山を象徴する寺院だそうで、 シヴァ女神に捧げるために建設された寺院だったそうです。 呉さんが全ての遺跡を回りたいと言って…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link