旅日記 カンボジア アンコールワット

アンコールワットの朝日

投稿日:2014-06-16 更新日:

4時起床。

眠いけど気合で起きます!

 

カンボジアは暑過ぎなので、水シャワーもちっとも苦じゃありません。

ヤマトのドミのサウナ状態も手伝って、

シャワー浴びて、扇風機に当たりながら支度をしたら、

スーパーロングのこの髪も、5分もしないうちに乾いちゃいます。

 

ぱぱぱーっと髪なんて適当にしばって出かけていく、

この適当さがほんとに心地いい。

それもあと少しかぁ。。。

 

東京に戻ったら、あのおしゃれな場所に私は溶け込めるのだろうかと、

とてつもなく心配です。

 

 

今日は、アンコールワットの朝日を見に行く日です。

今日もドライバーはこの人。

岡村さーん!よろしくねー。(≧▽≦)

 

こないだとおんなじ道を通って、アンコールワットへ行きます。

近づくにつれて、緑も多くなって、

ほんのちょっと気温が変わるのがわかります。

 

遠くからは、東南アジアの独特な音楽。

まるで、ここから過去に去来するような、不思議な世界。

 

再び、アンコールワットに到着。

でも、まだまだ薄暗いです。

ほぼ、何も見えないですね。。。(´・ω・`)

 

アンコールワットといえば、

有名な水の向こうに佇む3つの塔の写真が有名ですが、

それを撮ろうと、こんな朝早くから人がぎっしり。

 

何のアイドルのコンサートなの!?って感じです。

ほんっと、色んな人種の場所取り合戦状態ですよ。

 

拳一個分程度のちょっとでも隙間があれば、

無理くり入り込んでくる某国のおばさん。

とりあえず、ちっちゃい子をだしにして、

無理矢理ベストポイントをとろうとするろくでもなし親子。。。

で、それに対して怒鳴るカップル。

 

あと、バッカじゃないの!?って思うような事をして、

写真を撮ってる人とか。(日本人かもでした)

 

そのー。

夢を壊すようでなんですけども。。。

 

この有名な水面。

めっちゃくちゃ汚いんですね。

 

あめんぼは山ほど浮いているし、

足をつけるのだって、絶対にごめん!っていうような汚さ。

 

その正体を知ってしまい、わずらわしい場所取りも加わって、

別にベストポイントじゃなくたっていいなー。

 

ってことで、うるさい左側は離れて、

ゆきさんと右側の池に移動しました。

呉さんは意地でも有名ポイントから撮りたいってことで、

いったん別行動。

 

右側にも水たまりみたいな池はあります。

しかも、人も少なめでかなり清々しいです。

 

ゆ「なにもあっちから撮らんでも、こっちからでも充分きれいやわー。」

さ「ほんとだね。」

 

まだまだ、日は昇って来ません。

だけどゆっくり、夜のとばりはめくられていきます。

 

空は明るくなってきたけれど、太陽の姿は見えません。

 

待ちます。

 

も待ちます。

アンコールワットがもう確認できるくらいに明るくなりました。

日本にいると、普段日が昇るのを待つ事なんてない。

夕陽だって、わざわざ見に行く事だってしない。

 

朝は、仕事が始まる~って憂鬱で、一分でも長く寝ていたくって、

夕方は、帰れるまであと少しって思いながら過ごして、

仕事に追われて外に出たらもう真っ暗で。

ほんとに今のこうしている時間って、貴重な時間なんだなと実感します。

 

すっかり明るくなっちゃいましたね。

ゆ「これさー、曇りってことないよね?」(・_・;)

さ「ねぇ。。。夕陽も結局、曇りでみられてないしねぇ。。。」(・_・;)

 

そうそう。

普段、朝日なんて見ることないから、

どんな風に昇ってくるかも知らないんだな、私。

 

かれこれ、1時間は待ったなー。

待ちくたびれて、なんか別のものを探し始めちゃった人発見。

彼、かなり真剣に何かを捕まえようとしていたので、

こちらもかなり気になりました。

アメンボかなー?

カエル?は、いなかったと思うけど。

 

なんて気を取られていたら、

急に空がオレンジ色に染まって。。。

とんぼが飛び始めて。。。

 

昇って来ました!朝日。(*゚ー゚*)

 

アンコールワットと重ねるとこんな感じ。

夕陽はゆーっくり沈んでいくけど、

朝日は、姿を現したら、あっという間でした。


この時が一番、

アンコールワットに対しての想いが溢れた時だったかもしれません。

 

ここを目指してずっと旅をしてきた。

ちゃんと、辿り着けた。

もう、旅も終わるんだ。

だけど、ここからまた新しい旅が始まるんだ。

あと少し。

走り続けて、走りきろう。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

0

<sponsored link>







-旅日記, カンボジア, アンコールワット

執筆者:


comment

PREV
その後のこと。。。
NEXT
カンボジアの子供達を想う気持ちはおんなじ

関連記事

目覚めたら...王宮の町フエ

朝、9:00頃、バスの窓には遺跡のような大きな門が見え始め、 ああ、フエに着いたんだなとわかります。   バスは、ここで降りる人が半分くらい、このまま降りずに次の町へ向かう人が半分くらい。 …

続きを読む

ビルケナウ強制収容所1 死へと向かう列車

まだ、強制収容所に関する話が続きますが、 あとちょっとお付き合いください。     続いてブジェジュンカ村に造られていた、 ビルケナウ強制収容所に到着しました。   ユダ…

続きを読む

マカオ北部の下町散策で遂にあれに出会った!

煌びやかで大きなカジノやホテルが立ち並ぶイメージのマカオですが、中国に近付き、北に行くほど下町感が増すのです。下町散策と遂に出会えたあれのお話。

瑞芳駅から九份への行き方

すっかり夕方になってしまったので、次なる場所へと向かいましょう! 再び、平渓線で瑞芳駅へと戻ります。 次なる場所は、台北に行った日本人はここも行くというくらいの人気な町、 九份です。   前…

続きを読む

パナン・チューン寺 そしてもう一人のサムライとの出会い

せっかく、こっちの岸に来たので、行ってみたい気になるところは。。。 日本人跡! 名前の通り、日本人がかつて住んでいた跡地。 歩いて行けるかなぁ。。。うん。行ってみましょう! 乗り物系のおっちゃん達をか…

続きを読む

ビエンチャン郊外と夕日

今日は、朝食も食べずぐうたら。。。 ってね、ここのホテル、実はチャイナ系列のホテルなんじゃないかと気付いてしまったのです。   どうも、他の宿泊客は中国人しかいなくて、 朝食を食べに降りてい…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link