旅日記 ハンガリー ブダぺスト

ブダペスト ブダ側を歩いてみる

投稿日:2016-08-04 更新日:

中央市場を出て、今度は自由橋を渡ります。

ブダ側へ行ってみましょうー!!

 

 

ブダとペストを繋いでいる橋は、いくつかありますが、

それぞれ見た目も異なっていて面白いです。

 

ここは、橋を灯すためのランプがとってもお洒落。

そして、橋の手前にハンガリーの国章がつけられています。

国章って見てるだけで楽しいから好き。

最近、行った国の国章集めをしています。

各国の国章、凝っていて面白いんですが、

日本の国章ってシンプルですよねー。

個人的には、バルバドスの国章が癒されるので好きです。

 

ここもほら!!恋人達のアレですよ。アレ!!

 

ブダ側から見た、自由橋とペスト側。

ブダ側は、またちょっと雰囲気も変わるんですよ。

にぎやかなペスト側とは違って、丘や山、緑が多いのです。

 

こんな感じに、見るからに時代を超えてきた感のあるお城。

 

ここを登っていくと、ゲッレールトの丘に出ます。

 

この人がゲッレールト

キリスト教の伝道師でした。

でも、宗教間の対立で、ドナウ川へ突き落されたのだそうです。

その突き落された時に彼が立たされていた場所に、

この像が建てられたのだとか。 

 

そして、こっち側ブダは、結構重要な博物館や自然の場所が多いです。

これも博物館です。軍事ですね。

 

さて。

ペスト側からもよく見えていた、目立つ場所と言えば、王宮。


しかも、景色が絶景らしいので、王宮の丘を登ってみましょう。

相変わらず、どこへ行っても、こういう坂とか階段とか、

見るたびに嫌になるけど。


旅自体もきっと坂登りだな。。。

登って行って、下って行って、もっとその国が好きになって、

でも日本が恋しくなって。

それでも結局、本当は登って行くだけなのです。

だって、その国が好きになって帰るから。


そしてここは、登り道ですら、凝っていて面白いです。

これ、好きな感じのやつ。

 

大蛇を踏みつける、凛々しいライオン像。


王宮の門の守り主ですね。

 

絶景と言われる場所に辿り着くには、たくさん登らなくてはなりません。。。


このすでに嫌になっちゃうような階段も。。。

だけど、苦労して登った後には、素晴らしすぎる景色が広がっていました。


これぞドナウ。。。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

その他の記事

<sponsored link>







-旅日記, ハンガリー, ブダぺスト

執筆者:


  1. 光(kirinzx9r) より:

    いいですね。

    はじめまして。

    写真について詳しくないですが、
    良い写真だと思いました。

    1人が海外を旅する事は、すごく良い経験ですね!
    楽しんでください。

    私も昔、オーストラリアを旅しましたが、
    良い経験となり、逆に日本の事も好きになりました。

    陰ながら応援しています。
    安全にはくれぐれも注意してください。

comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PREV
ブダペスト中央市場、見どころたくさん。
NEXT
美しく青きドナウにやっと出会えたよ

関連記事

私は、留学3日ダメ子

ニュージーランド留学の頃の記事を古いブログから移行します。 *日付は留学時のものではありません* ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     ニュ…

続きを読む

ラパスの朝は。。。色々あります!

朝、頭の痛さで目が覚めました。 ぐっすり寝て調子よくても、やっぱり高山病にはかかる。 ちなみにゴロー丸も、全く同じ症状です。   よし、高山病の薬、買いに行くか。 とりあえず、手持ちのイブを…

続きを読む

そこはもうウユニの町でした!

朝方、バスが停まった気配に目を覚ましました。 高山病の薬のせいで、(前回の記事、参照)初めて、長距離バスに苦しみましたが、 必死に飲んだ、解熱剤のおかげで、なんとか体調は回復してました。 毎朝、起きる…

続きを読む

人骨を巡る旅 inクトナー・ホラ セドリツ編 聖マリア大聖堂

クトナー・ホラは、ずっと来たかった町と言っていますが、 何があるのか。 ほんっと、田舎町です。お店も見当たらないくらい。   こんな感じの誰もいない、これといった建物もないような道を歩いてい…

続きを読む

平渓線始発の駅、瑞芳駅を散策しよう!

さて、ここからがいよいよローカル線、平渓線の旅のスタートです。 平渓線は台北の東を走る、ローカルな電車です。 なんてったって、1時間に1本しかないというローカルさ。 なので、計算して進まないと時間がな…

続きを読む

タイ国境の町、チェンコーン

夕方4時ごろ、バンはタイ国境の町、チェンコーンに到着しました。   今日は、ここの宿で一泊します。 すでに、スローボードの日程に組まれているので、 ここはツアー会社が手配した宿。   今まで…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link