旅日記 国境 チェコ オーストリア 長距離バス

中欧バス移動の窓から

投稿日:2016-07-04 更新日:

チェコのバスターミナルを出発すると、すぐにまたのどかで綺麗な景色が広がりだしました。




 

とにかくずーーーっと続く菜の花畑の黄色が、心を明るくさせます。

その景色の真ん中に佇んでるみたいな、線路も菜の花畑と凄く似合っていますね。

相変わらず、この辺はイミグレもないので、どこが国境なのかわかりませんが。

 

バス移動は、時々小さな町に入っていくのも楽しいです。


そんな風に、のどかな菜の花畑や緑、そして小さな町に入る、という景色を繰り返して、

少しずつ、訪れる町の雰囲気を自分の中で過渡的に感じ過ごし、

その景気のど真ん中を走っていくことが凄く気持ちがいいのです。

 

 

飛行機とか、特急電車では見えない景色を感じられるのが、バス旅のいいところですね。

急いでばかりいると、大切な変化とか面白いこととか見逃しちゃってるのかも。

 

 

そういうことをいつも海外の長距離バスに乗りながら考えていると、

普段の自分の東京での生活とかも、色んな見逃しがあるんだろうななんて思って。

だけど、ホームで生きていくって、がむしゃらでそういうことだから、それが悪いわけじゃない。

だから、時々こんな風に海外へ自由な旅に行きたくなるんだな。

それが現実逃避でも、常識外れと陰で言われてても別にいいや。

 

なんか遊園地がありました!

地球儀がUSJっぽいけど、そんなわけないし。

 

これはいったいどういうことだ?どっちがどっちだ???と、

こういうの見かけるたび若干もやもやしちゃいますが。笑

 

高速のこういう看板を見かけるたびにも、どんな名前の方へ向かうんだろう、とワクワク。

 

あ。この町、なんか面白かったです。

町のいたるところに、こんな風に聖人像がたくさん建てられていました。

 

そして。。。

 

チェコでは、たくさんのオレンジ色の屋根の家が広がっていましたが、

色も雰囲気も変わりだしていました。

 

オーストリアです。

 

新しい国に足を踏み入れているのです!!(゚∀゚*) 興奮

バスは、30分遅れてウィーンのバスターミナルに到着しました。

それでも、もはや4時間程度のバス移動なんて、へっちゃらです。

 

ちなみに、Student Agencyのバス、アテンダントさんが定期的に見回ってくれるし、

アナウンスも入れてくれるから、到着がわかりやすいし、凄く快適でした。

 

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

その他の記事

<sponsored link>







-旅日記, 国境, チェコ, オーストリア, 長距離バス

執筆者:


  1. かみぞー より:

    ☆ おぉ~っ♪ ☆

    コアラのいないオーストリアに着きましたかぁ。
    イタリア、フランス、スペイン、チェコ、オーストリア、
    ハンガリー、ドイツに行きましたが、
    オーストリアが一番好きなんですよ☆
    にゃんだろー、一言では言い表せません。
    100言葉でも言い表せません。
    ボキャ貧なだけって事もありますが…

    ウィーンの美術史美術館も良いですし、
    ザッハトルテなんぞのカフェに行かれるのも良いかも。
    地元の学生生徒及び未成年者は、1日中カフェで勉強などを
    しているんですって。日本とカフェ文化が違うんですよねぇ。ザルツブルグや湖水地方も良いと思いますよん。
    オーストリア…良いなぁ。
    コアラのいるオーストラリアには
    行きたいとは思わないですが、オーストリアには行きたいですわぁ

  2. waka より:

    こんにちは。初めまして!
    私の大好きなオーストリアの記事でしたので、
    ついコメントしてしまいました。

    ザルツブルグや湖畔の街・ハルシュタットがとても素敵で、
    また訪れたい国の1つです!
    オーストリアの記事、楽しみにしています。

comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PREV
次の町へ行こう。Student Agency Busに乗って
NEXT
オーストリアの空気を吸い込んで

関連記事

クスコの市場で絶品料理を発見!

大好きな市場がクスコにもあるので、目指します!! サンフランシスコ広場の横の門をくぐって、向かいます。 この門をくぐると、観光客エリアからは、少し遠ざかって、クスコの人々の日常が拡がります。 &nbs…

続きを読む

ペルーの色を感じて

想像を遥かに超えて大都会だったリマを、 バスで出発してすぐに、 窓の外には、こんな景色が拡がりだしました。 そうそう。 私が、イメージしてたペルーの色ってこんな感じ。   そりゃ、都心部は、…

続きを読む

マカオでも人骨を巡る旅

聖ポール天主堂跡は、マカオの歴史をぎゅっと詰めたようなそんな歴史的建造物。その歴史の波の中を泳いでいた人達の骨も祀られているのです。

空砲の轟音をどうしても聞きたい銅鑼湾の正午

銅鑼湾というおしゃれな街には、かなり古くからずっと続いている歴史的な儀式が行われているのです。しかし、この儀式を見る野は一苦労でした。またしても、下調べ不足と余裕のなさがいけない。いつになったら、上級バックパッカーになれるんだろ。

チェコの田舎を散歩する

プチパニックに陥りながらもクトナー・ホラ、ムニュスト駅に到着すると、 想像をはるかに超えて誰もいない田舎町が広がっていました。   駅前ですら、こんな感じ。 これ、観光地と言っていいのか?っ…

続きを読む

ワット・プー・カオトーンに到着

アユタヤの中心地から、ひたすら自転車を漕いで、到着しました。 こんな田舎道を走って来ましたが、地元の暮らしが垣間見えて楽しかったです。     最後、入口を間違えて、遠回りして裏口…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link