タイ ミャンマー 世界で出会ったこんな物

ミャンマー、タイで出会ったお土産

投稿日:2019-12-16 更新日:

久しぶりのタイは、かなり都会化した場所もあるなーと思いつつ、でもやっぱり売られている物がかなり好み。

毎回毎回思うのは、これがバックパックの旅じゃなかったら、もっと買い物しまくって、スーツケースをパンパンにして帰るのにって事。

そして、今回初めての国ミャンマーのお土産は??

 

ミャンマー土産

素朴~って感じのお土産ものが多かったイメージ。

東南アジアの中でも、まだ洗練されていないまんまの物が多く感じました。

手作り品が多くて、お母さんとかへのお土産には凄く喜んでもらえそうな感じ。

たぶん、懐かしいって言ってもらえるものだと思います。

 

竹細工のチンロンボールのキーホルダー

木彫りのオーナメント

途上国では、手作り品が多くて、見ていて本当に楽しいんだけど、暑い国ミャンマーは、手作り品でもこんな感じの草木を使った手作り品が素敵でした。

 

なかなか買って帰るのは難しいかもしれないけど、ミャンマー漆器と呼ばれる工芸品とか、大きな壺とかも売られていました。

ミャンマーの民族衣装ロンジー

写真は、バガンで出会った首長族が制作、販売をしていた所です。

ロンジーは巻きスカートで、ミャンマー人はもちろん、観光客も男女共に、購入して巻いている人多いので、あちこちで売られていました。

私は買わなかったけど、きっとこれも料金がピンキリなんだろうなぁ。

 

ミャンマーの謎のお菓子

レストランで、美味しいから食べてみてって薦めてくれた、タマリンドのドライフルーツ。

確かに美味しくて、お土産にいいかもと思って、後日見つけた時に購入したのですが、1つ食べてみてびっくり。

私が食べたのとぜんっぜん違う!!

元はタマリンドが使われているのかわかんないけど、なんかカレー味みたいな、香辛料の味がして、まぁその、馴染みのない味でした。

結局、ネタ土産として、友人に渡して、美味しいよって言ってくれた友人もいたけど、申し訳ないような気持ちに。。。

 

ちなみに、レストランで食べて美味しかったのはこれ。↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

旅日記の方でも書いた、チケット購入時に預け入れ荷物を申し込むのを忘れたという事件のせいで、ドラムバッグしか持っていかなかったので、液体系のお土産は買えないし、そんなにあれこれ買えなかったのが残念でした。

でも、素朴なお土産が多いけど、これらはこれで凄く素敵だと思うし、ミャンマーらしさと言うか、他の東南アジアの国とはまた違った感じでした。

もちろん物価も凄く安いし。

ただ、観光地なんかで並んでいるお土産屋さんは、かなりびっくり値段を言われることが多かったんで、ミャンマーでのお土産を買う時は、値段交渉必須です。

 

タイ

冒頭にも書いたけど、ついついショッピングが止まらなくなっちゃうタイ。

バンコクでは、新しいナイトマーケットも開催されてたし、これまたハプニングから、ラチャダーナイトマーケットでは、時間がなくてゆっくり買い物出来ないのが、かなりもどかしかったです。

 

スーパーなんかに行っても、ついつい買い物しちゃって荷物が増える増える。

なので一部ですが、今回の旅、ご褒美バンコクで買ったお土産を紹介します。

 

ピアス

東南アジア一周旅の時も、可愛いパーイの街で、あれもこれも可愛くて、買いまくりそうになって危ない危ないって感じだったくらいなんだけど、このエスニックな感じのピアスがかなり好みなんです。

安いし可愛いし、友人へのお土産にもいい感じ。

 

タナカ石鹸

そもそもは、タナカって言ったらミャンマーの方だし、本当はミャンマーで買いたかったんだけど、強行スケジュールと、都会ではダラダラしてしまったせいで、買えず。

でも、タイにも売ってました。

まだ、使用してないんで、使用して効果があったら書きます。

 

ジャックフルーツのドライフルーツ

ジャックフルーツが食べてみたいっていうリクエストで、ドライフルーツとかないかなと思って探してみたらありました。

フリーズドライのお菓子なんで、日本にも持ち帰れますね。

これ、味はちゃんとジャックフルーツでした!!

このシリーズは他にも、ドリアンを始め、色んなフルーツのお菓子がありましたよ!

 

ボディミスト

これまた、リクエストでいつも頼まれるもの。

スーパーで、プチプラで色んな種類が売られているので、ちょっとしたお土産にもいいです。

 

愛犬へのお土産

日本じゃあまり売られていないフレーバーを選んでみました。

 

エスニック模様のワンピース

これまた、エスニック系好きにはたまらない服が、たくさん安く売られています。

カオサンでは、99バーツ~250バーツ(360円~900円くらい)

値段がついてない店で交渉するのもいいけど、カオサンでは値段がちゃんと表示されている店も多かったです。

 

おもしろTシャツ

家族へのお土産にぴったりのおもしろTシャツが、安く買えるんです。

上のTシャツは、カオサンで、一枚100バーツ(362円くらい)

もちろんこの他にも種類が豊富で、可愛いし、ついつい買い過ぎちゃうかも!

 

タイのお土産シリーズは、またそのうち、他にも載せたいと思います。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

その他の記事

<sponsored link>







-タイ, ミャンマー, 世界で出会ったこんな物

執筆者:


comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PREV
世界三大奇勝 鬼押出し園
NEXT
殺生石と千体地蔵のいる景色

関連記事

新しい町を目指して

はい。 タイ人の中に外国人は私ひとりという、完全アウェー状態のまま、 バンは走りだしました。   一番後ろのど真ん中の席に、小さくなって座りましたが、 ちらちら振り返ってまで見てくるみなさん…

続きを読む

ワットプラケオで涙ぽろぽろ

ワットポーまで来たら、一緒に観ておきたいのが、ワット・プラケオ。 金ぴかの王宮が目印の寺院です。   ここは、入場料500B。 ちょっと、高いなぁ。。。   でも、観光客はみんな行く場所のよ…

続きを読む

リアルハングオーバーにご注意

12:00になったので、宿にチェックインしましたが、 初めてこの宿に来たあの日から、何年も経ったわけでもないのに、 なんだか色々変わって見えました。 来た頃は、狭い部屋の中でさえキラッキラして見えたの…

続きを読む

寓話の世界のようなお寺 ワット・ロンクン

ラオスへ向けた2泊3日の片道旅、まだまだ出発したばかりです。 チェンマイを後にして少し走ると、 バンは、まるで寓話の世界のような場所に到着しました。   ななな、、、なんですかー! この雪景…

続きを読む

チェンマイおさらいの気持ち

さあ!チェンマイ旧市街へ行きますよ!!   私にとってはまるでおさらいのような気分でしたが、 やっぱり気心知れた、友達と歩くのって楽しい。 友人がいることで、なんだかいつもみたいに東京のどこ…

続きを読む

ワット・ヤイチャイ・モンコンへ歩いて行こう

カツさんとも別れ、なんだこの寂しさはっていう、旅の別れの寂しさを経験し、私は一人、駅の待合所の椅子に座りました。 しばし、自分の感情を整理したい。 大丈夫。また一人旅に戻っただけだ。またきっとこんな出…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link