旅日記 アルゼンチン プエルトイグアス 長距離バス

パラグアイ名物パンと新しい町に着いた!

投稿日:2017-07-07 更新日:

サルタの町を出てから、14時間バスに揺られ、

窓の外は、だいぶ水が多めの景色に変わってきました。

日差しの色も濃くなってきたし、気温も上がっているのがわかります。

丸めて置いてある俵が、なんだか可愛らしくて、

思わず撮った一枚。

そしてまた、11時頃、バスを乗り換えます。

ポサダスという町のターミナルです。





ここでは、荷物を降ろしてもらってチップを要求されるのは文化で仕方ないにせよ、

乗り換えのバスで、荷物を預ける時にもチップを請求され、とまどいました。

さすがに預けてチップ請求には、欧米人達もとまどってた。

チップ文化は、いつまでも慣れません。

スマート旅人にはなれないなぁ。。。

 

今度のバスでやっと乗り換えも最後。

24時間以上の長距離バスでも、2回も乗り換えがあると、あんまり長く感じませんね。

 

ゴロー丸、スペイン語勉強中。(今更)

今度のバスは、ちょっとぼろい。

この部品が外れてしまったと見られる箇所には、ゴミで塞いで、エアコンの風を食い止めてる。

途中で、色んな食べ物やお土産を売りに、人が乗り込んできます。

これは、東南アジアと一緒で、こういう手作りの物を買うのは凄く好き。

 

で、気になったのを1つ買ってみた!

売ってたおじさんに、これ何?って聞いたら、

「チャ!」って教えてくれたんだけど、「パラグアイのパンだよ。」って。

パラグアイのパンなら、チーパ。

チャって言うの?全く謎。

 

でもこれ、凄いおいしい。チーズ味で、ポン・デ・リングみたいに、もちもちのパン。

芋の粉で作られてるみたいです。

あ、私の味覚、基本なんでもおいしいって言ってるので、あてにならないそうですが、

このパン、激マズって意見が多いんだけど、でも私はこれ凄くおいしかった。

 

で、ランチはまたまた、おやつセットが配られました。

アルゼンチンは、チョコレートもおいしいんだけど、この右上のチョコパイみたいなのは、

基本ついてきます。

動いてないから、あまりお腹もすかないけど、暇だから食べてしまうっていう。(^▽^;)

 

飲み物は、カップが配られて、そこにコーラとかファンタとか、

基本、炭酸ジュースを注いでくれます。

東南アジアみたいに、ペットボトルの水が配られた方が嬉しいけど、これが南米バスの常識。

 

窓の外は、やっぱり水多めの景色!

 

ここでも、抜き打ちポリスが乗り込んでくるのが結構多い。


 

綿あめは、どこでも売られてるなぁ~。

何度も、ちょい寝しては起き、必死に窓の外の景色を目に焼き付ける。

遠い国の日常を見なくてはと思う。

 

そして、サルタの町を出て、26時間、

新しい町、

プエルト・イグアスの町に、バスは無事到着しました。

プエルト・イグアス、すっごい都会だと思ってたのに、

凄く田舎町。

 

相変わらずアジア人なんていないし、というか、私達の他には観光客も降りず。

隠れリゾートちっくな感じかな。

サルタの方が断然都会だった。

 

とりあえず、予約した宿で荷物を下ろして観光に行きますか!

 

しかし!!

 

ここからが、アルゼンチンとどめの大き過ぎる事件続きの日々の幕開けとなったのです。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

 

<sponsored link>







-旅日記, アルゼンチン, プエルトイグアス, 長距離バス

執筆者:


comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PREV
チョコレート多めでアルゼンチンの長距離バス移動開始
NEXT
宿の予約がされてないのは事件です。

関連記事

プエルトイグアスからブエノスアイレスを目指して

14:50、ブエノスアイレス行きのバスが到着しました。   長距離バスの乗り場へ行くには、改札みたいなのがちゃんとあって、 係員の人に従って、チケットを見せてから乗り場へ行けます。 &nbs…

続きを読む

晴れたので市場へ行こう!

宿は、女性専用ドミトリーだと思ってたら、男の人が来てびっくり。 サイモンという物腰の柔らかいポーランド人でした。 で、夜は、サイモンと2人きりで平和だと思いきや、2人とも既に寝静まっている夜中に、 か…

続きを読む

トゥールスレン虐殺博物館

私がいつか、この目で見ると決めている場所。 勝手に使命みたいに行くんだと感じている場所が、世界に3つあります。   ひとつは、ずっと言っているポーランド。 オシフィンチムのアウシュヴィッツ収…

続きを読む

エアポートレイルリンクに乗ろう

初めての空港泊となりましたが、疲れには勝てず、 既に心を決めていたためか、気がつくとちゃんと寝られていました。 何分ほど経ったのか、 まるでサイレンを鳴らされたかの如く響いた、おばちゃんの声で起こされ…

続きを読む

最後の一日も小さな奇跡がたくさんでした。

この旅、最後の一日です。   最後の一日は、この旅一番の高いホテルへ行こうと決めていたので、 カオサンにとどまるか、空港近くにするか迷ったけど、 カオサンど真ん中のD&Dに泊まることにしまし…

続きを読む

祭りのあとのような帰り道

そろそろ帰りの電車の時間になったので、駅へ向かいます。  マチュピチュ村の駅では待合室があるので、そこで電車の到着を待つこともできます。     で、椅子に座ったら、私が好きな、南米の民族楽…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link