ネパール ポカラ バックパッカーの旅先あれこれ

ポカラ レイクサイドでのボートの乗り方

投稿日:2019-05-08 更新日:

ネパール、ポカラに行ったら、もちろんトレッキングもいいけど、

トレッキング以外でのんびりレイクサイドで過ごすなら、

ボートに乗ってみるのがおすすめ。

今日は、ポカラでのボートの乗り方を紹介します。

 

ポカラは、大きな湖のそばにある素敵な町です。

 

そしてその大きな湖は、フェワ湖と名前がついていて、

朝、昼、晩、どれも違った顔を見せてくれます。

その湖を、ボートで観光している観光客もとても多いです。

まず、ボートへの乗り方ですが、

乗り場はいくつかありますが、一番大きな乗り場は、

レイクサイドのアーミーキャンプの前を抜けたガートにあります。

ボートは、いくつも停まっていますが、

観光客用、地元民用(向こう側の岸に渡る用)、

湖のど真ん中にあるバラヒ寺院に行く用、

などなどボートによって行き先なども分かれているようです。

 

上の写真、左側にちょっとだけ写っていますが、料金表があります。

この辺りで立っていたら、客引きらしき人にガンガン声をかけられます。

 

ひとまず料金ですが、ボートトリップ(フェワ湖を周る)は、

一人だと500ルピー(495円くらい)

団体では、一人100ルピーのようです。

 

それとは別に、パラヒ寺院行きは往復で100ルピー。

料金は前払い制だったりチケットを買う必要があるわけではなく、

ボートがパラヒ寺院に到着した段階で、漕ぎ手の人に直接支払います。

 

ただ、ボートに乗るなら必ずしなければならないことがあるので注意。

 

それは、ライフジャケットの装備です。

ライフジャケットは貸出小屋があるので、そこで10ルピー払って借ります。

(往復で10ルピー)

場所は、乗り場の看板を抜けた奥にあります。

借りたら、着用必須。

こんな感じです。

4人までのボートトリップなら、一番上の写真の普通のボートで漕いで行くようですが、

パラヒ寺院行きは、複数人乗れるようになっているボートです。

2台並べた上に、ベンチが作ってあります。

ジャケットを借りて装着したら、ボートに乗り込み、

他のお客さんで埋まり次第、出発します。

バラヒ寺はとても人気があるので、すぐお客さんは埋まると思います。

私が乗った時も、だいたい5分くらいで埋まりました。

 

目指すバラヒ寺院は、ここ!

バラヒ寺院に着いたら、漕ぎ手のお兄さんに100ルピー払います。

ジャケットはどうするのかと言うと、ボートの上に脱ぎ捨ててOKです。

脱ぎ捨てられたジャケットの山 ↓

帰りは、同じボートがそのまま停まっているわけではないので、

このベンチ付きのボートで、ジャケットがたくさん積んであるボートに乗り込めば、

再びお客さんが埋まり次第、元のガートへ届けてくれます。

ジャケットは、来た時のお客さんが脱ぎ捨ててある物をとって、再び着用します。

 

帰りはもちろんお金を払う必要はありません。

そのままボートを降りてOKです。

 

ちなみに、漕ぎ手のお兄さんは一人なのですが、

片側の漕ぎ場が空いているので、客でも自由に助手して良いみたいですよ。

助手してるネパール人(左側の人)は、普通の乗客。

友人に漕ぎ姿を写真撮影してもらってました。

あ、私は絶対、湖に落ちるとかいうドジやらかすんで、

挑戦しませんでしたが。

 

この日は曇りで残念ではありましたが、

晴れた日は、ボートに乗りながら夕陽を見るのも人気のようです。

晴れてたら、向こう側に綺麗なヒマラヤ山脈、

アンナプルナが聳え立っているはず。

 

以上、ポカラでのボートトリップについてでした!

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。 ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ にほんブログ村

放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

その他の記事

+2

<sponsored link>







-ネパール, ポカラ, バックパッカーの旅先あれこれ

執筆者:


comment

PREV
世界の色んな町で出会った可愛い猫と鳥
NEXT
私は、留学3日ダメ子

関連記事

極寒じゃないけど寒い町の過ごし方

2回目のネパール旅を通して、ずっと思ってた(言ってた)事は、”寒い”ってこと。極寒じゃないけど、寒い。バックパッカーは安宿で、寒い時はどう過ごしているのか。今日はそんな話とネパール旅出発前の小話。

この旅史上最悪の国境越え カンボジアからタイ

泣きべそだろうが、名残惜しかろうが、時間はどんどん進みます。 タイへの帰還に向かって。   実は、ヤマトから私とゆきさんの他に、もうひとり日本人の男の子が一緒でした。 まだ大学生の彼は、春休…

続きを読む

ネパール陸路入国でインドの呪い

バラナシを出発した夜行バスは、ガタンゴトン道を走り続けました。 乗って来たバス。 そして、国境についたと起こされました。   眠い。 でも、空はすっかり明るくなっていました。   …

続きを読む

現地での次の行き先の決め方

旅行とは違って、スケジュールが決められていない少し長い旅に出る時、いったいどんな風に、ルートを決めているのか。今日は、あまりおすすめできない、私の旅先での次の行き先の決め方について書きます。

旅先で起きた奇妙な?事件簿

幸いにも、私はまだ命の危険を感じる程のハプニングには遭遇していないのですが、それでも思い出すと奇妙な事や、危なかったのかなと思う事や、腹ただしい出来事なんかもありました。 今日は、旅先で起きたそれらの…

続きを読む

旅先で同じ日本人に会ったらどうしてるの?って話

長い旅をして、現地の人や他の国の旅人との交流はもちろん楽しいけど、やっぱり言葉とおんなじくらい心が通じ合えて、一緒にいるだけで安心するのは、同じ日本人と束の間過ごしている時。とは言え、一筋縄じゃいかないんです。今日は、そんな旅先で同じ日本人と出会ったらどうしてるの?っていうお話。

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link