旅日記 ポーランド クラクフ

クラクフの街と名物薔薇ジャム

投稿日:2016-06-02 更新日:

前回、書き上げた記事が最後の最後で消えるっていう、

ポーランドWi-Fiの使えなさに勝手に怒って、ブログを書く気になれませんでした。

まだまだまだ、ヨーロッパ旅序章なのに。

Excelもブログも、こまめに保存!が大事ですね。

ちょっと落ち着いてきたので、ブログ更新、ここから本気出します。

 

雨のクラクフの過ごし方を、溜息交じりで紹介しますー。





 

ポーランド、クラクフ市内を更に散策しましょう!(`・ω・´)ゞ

ヴィスワ川を越えてふらふら歩いていると、簡易的な遊園地がありました。

でも、雨だからなのか、たまたまなのか、それとももう営業していないのか、

誰もいないし、動いてもいませんでした。

 

たぶん、ただの休園日かなー。


なんか、こうして誰もいない遊園地って、不気味感半端ないですね。

狂ったピエロとかが出てきそうです。


CRAZY DANCEって、ちょっとどんなダンスなのか気になったけど、

これ、乗り物なんですね。

かなり、乱暴な動きをしそうですね・・・

 

そして、ヴィスワ川にかかる橋。

 

橋には、こんな手錠がたくさんかけられていました。

これ、ヨーロッパの色んな所で見かけるんですが、恋人同士の誓い的なやつなのか、

はたまた絵馬的なやつなのか、何なのでしょうね。


 

ヴィスワ川の土手を散歩するワンさん。

と、美女。

こっちには、小型犬もいるけど、大型犬も結構見かけて、

しかも、連れてる犬の種類が偏ってないから面白い。

 

いっろんなワンさんがいるんですよ。

でも、こっちの犬って、なんか大人な感じ。

日本の散歩してるワンさんって、

 

散歩嬉しい!散歩すきー!(゚∀゚*)

 

って感じじゃないですか。 まぁ、うちのはるこさんは、時々だりーって感じで歩いてましたけど。

でも、こっちの犬ってなんか見てると人間と対等というか、

あまりはしゃいでる子を見ません。

やっぱり犬って、飼い主に似るんですかね。

 

と、ポーランドの犬観察の感想でした。

 

そして、ヴィスワ川に浮かんでた人口小島みたいなの。

これ、見つけたとき、たまたま鳥がとまっててて、

もしかして、鳥のための小島?

って思って、かわいーって写真撮ったんですけど、

あとから写真見てびっくりなんですけど。

 

なんか、趣味悪いですね。

なんで、ブタの丸焼なんだろう。何のメッセージなんだろう。

 

ちなみに、こっちの鳥もやっぱり大きいというか、

餌とかいっぱいもらってんだなって思います。

 

お太りのハトのみなさん、。

よし。雨も止まないし、今日の散策終わり!

 

夕飯をスーパーで買って帰りました。

クラクフで食べたかったものと言えば、これ!

左下の砂糖がかかったドーナツみたいなの。

ポーランド名物のポンチキです。

右は、ホットドッグ、そして、なんか気になったムースデザート。

 

ポンチキは、外部分は見たまんま砂糖がかかっていてあまいドーナツなのですが、

中に薔薇のジャムが入っています。


薔薇の香りがふわっとして、なんだか美容効果もありそう。薔薇って名前につられてるだけだろうけど。

 

ちなみに、スーパーでこんなものも売られていたので、買ってみました。ビスケットみたいなもの。

これも中は薔薇ジャムが入っています。

これから、ちびちび旅のお供に食べながら行こうと思います。


まぁ、薔薇ジャムといえども、そんなに濃い薔薇の味がするわけじゃなくて、

ほんのり香る程度。

私はもっと強い味がした方が好きですが、これくらいの方が嫌がられないのかも。

 

お土産に買って帰りたいんだけど、名物と言われている割には、

まだジャムだけのを見かけないんですよね。

帰国までに見つけて買って帰りたいです。

 

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

 

0

<sponsored link>







-旅日記, ポーランド, クラクフ

執筆者:


  1. 仙台-じゅん より:

    この錠
    日本でも最近、あっちゃこっちゃで見かけます。
    おたがいの「愛」に錠をかけるということみたいですけど。
    あんまり趣味いいとは思わないんですけどねぇ~。
    (そう思うこと自体が、じさまになった証明でしょうね。)

    このブタもちょっとね(笑)

  2. まーぼー より:

    雨の遊園地ほどつまらないモノはありませんからねぇ~・・・(^^ゞ
    ウォルト・ディズニーがディズニーランドを建てる時の一番の条件が
    『雨が降らない事』だったそうです。

    カギはイニシャルが2つ並んでいるモノがあるので、
    恋人同士の誓いのようですね。

    コマメな下書き保存、忘れずにねぇ~ฺฺ(★◕‿◕ฺ)ノ”.。.:*・゚♡

  3. ヤマナ より:

    神戸の六甲山の公園ではなかったかと思いますが、同じように錠前を架けているところがあったような気がします。
    私が確認したわけではないので自信はありませんが・・・。

  4. m-fleck より:

    わーーー♪
    クレイジーダンス、
    是非とも体験してレポして欲し!笑
    珍な事が起きそうな気がしてならないわ(≧∇≦)

comment

PREV
クラクフのシンドラーの工場に行く
NEXT
晴れたので市場へ行こう!

関連記事

24時間炎の消えないバラナシの火葬場で

バラナシで見た火葬のお話です。 写真は、火葬に使われる牧がたくさん置かれている場所です。 たくさん薪が置かれている場所に到着し、 ここがバラナシの小さいほうの火葬場と呼ばれる、ハリスチャンドラ・ガート…

続きを読む

オートリクシャーでもっとアーグラーの穴場へ

さて。 ホテルへ預かってもらっていた荷物を取りに戻ったら、いよいよ再出発です。   さらば!アーグラーのおサルさん達。 やっぱり君達、部屋の前まで来てたんだね。  宿を出てすぐに声をかけてき…

続きを読む

ワット・プラ・マハータートとタイの蘭を売る花屋通り

続いて、世界遺産を見に行きましょう! なんか、大魔道士みたいな名前の遺跡です。   ワット・プラ・マハータート ここも、もちろんビルマ軍に破壊された遺跡が連なっていますが、 とても見応えのあ…

続きを読む

ユダヤのエリア、カジミエシュ地区へ

ランチに、クラクフ名物のObwarzanek(オブヴァジャーネック)という、 街のいたるところで、屋台で売られているパンを買いました。 1.60ズオティー(44円くらい) とっても大きくて、製法はベー…

続きを読む

リマ、歴史の道で危ない言葉囁かれ小事件

続いて、リマの旧市街を歩いてみます。   あ、リマでの両替は、この黄色い$マークの入った、 目立つベストを着たおじちゃん達に、 両替してもらいましょう。↓写真   旧市街では、いた…

続きを読む

ビエンチャン郊外と夕日

今日は、朝食も食べずぐうたら。。。 ってね、ここのホテル、実はチャイナ系列のホテルなんじゃないかと気付いてしまったのです。   どうも、他の宿泊客は中国人しかいなくて、 朝食を食べに降りてい…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link