旅日記 ハンガリー ブダぺスト

ブダペスト ブダ側を歩いてみる

投稿日:2016-08-04 更新日:

中央市場を出て、今度は自由橋を渡ります。

ブダ側へ行ってみましょうー!!

 

 

ブダとペストを繋いでいる橋は、いくつかありますが、

それぞれ見た目も異なっていて面白いです。

 

ここは、橋を灯すためのランプがとってもお洒落。

そして、橋の手前にハンガリーの国章がつけられています。

国章って見てるだけで楽しいから好き。

最近、行った国の国章集めをしています。

各国の国章、凝っていて面白いんですが、

日本の国章ってシンプルですよねー。

個人的には、バルバドスの国章が癒されるので好きです。

 

ここもほら!!恋人達のアレですよ。アレ!!

 

ブダ側から見た、自由橋とペスト側。

ブダ側は、またちょっと雰囲気も変わるんですよ。

にぎやかなペスト側とは違って、丘や山、緑が多いのです。

 

こんな感じに、見るからに時代を超えてきた感のあるお城。

 

ここを登っていくと、ゲッレールトの丘に出ます。

 

この人がゲッレールト

キリスト教の伝道師でした。

でも、宗教間の対立で、ドナウ川へ突き落されたのだそうです。

その突き落された時に彼が立たされていた場所に、

この像が建てられたのだとか。 

 

そして、こっち側ブダは、結構重要な博物館や自然の場所が多いです。

これも博物館です。軍事ですね。

 

さて。

ペスト側からもよく見えていた、目立つ場所と言えば、王宮。


しかも、景色が絶景らしいので、王宮の丘を登ってみましょう。

相変わらず、どこへ行っても、こういう坂とか階段とか、

見るたびに嫌になるけど。


旅自体もきっと坂登りだな。。。

登って行って、下って行って、もっとその国が好きになって、

でも日本が恋しくなって。

それでも結局、本当は登って行くだけなのです。

だって、その国が好きになって帰るから。


そしてここは、登り道ですら、凝っていて面白いです。

これ、好きな感じのやつ。

 

大蛇を踏みつける、凛々しいライオン像。


王宮の門の守り主ですね。

 

絶景と言われる場所に辿り着くには、たくさん登らなくてはなりません。。。


このすでに嫌になっちゃうような階段も。。。

だけど、苦労して登った後には、素晴らしすぎる景色が広がっていました。


これぞドナウ。。。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

<sponsored link>







-旅日記, ハンガリー, ブダぺスト

執筆者:


  1. 光(kirinzx9r) より:

    いいですね。

    はじめまして。

    写真について詳しくないですが、
    良い写真だと思いました。

    1人が海外を旅する事は、すごく良い経験ですね!
    楽しんでください。

    私も昔、オーストラリアを旅しましたが、
    良い経験となり、逆に日本の事も好きになりました。

    陰ながら応援しています。
    安全にはくれぐれも注意してください。

comment

関連記事

嗇色園黃大仙廟でお参りをしてみよう

3大宗教が1つに集まり、すべての人の願いを聴き入れるという大らかな寺院がありました。
嗇色園黄大仙廟は、本殿以外にもあらゆるところに見所があり、見ごたえ充分。晴れた空が良く似合うお寺です。

四万人の遺骨で出来た教会

聖マリア大聖堂を後にすると、ここから徒歩5分くらいのところにある、 セドリツのもうひとつの名所、墓地教会を目指します。 もちろん、ここもずっと行きたかった場所。 でも、今日は本当に人骨だらけの写真にな…

続きを読む

新しい旅の行き先は香港・マカオ

久しぶりの旅日記、始まります!
トップ画像は、前回の南米旅の最後のバス移動で、目が覚めたら、窓の外に見えた地平線から。。。
そろそろ旅に出たい!新しい年も始まったし、インフルにもさっさと感染して、復活したし。。。

ワットポーの寝仏さん

ワンランを出て、再び水上船に乗って、向かうはターティアンという駅です。   バンコクへ来たら、これを見なければ! ってことで、寝仏を観に、ワットポーへ向かいます。 午後からは、明るくGo! …

続きを読む

マカオを出国!そして尖沙咀に安心・・・しない

マカオを出国しました。そして香港に帰って来ました。ゴロー丸がターミナルであほなことをしでかしました。私はフェリーーターミナルで疲れ果てて幻を見ました。束の間ではあったけれど、再び帰って来た尖沙咀と重慶大厦の景色には、なぜかほっとしない。

もう許すまい!と思った日

島散策を終え、再び船に乗り込んで、   メコン川を走っていきます。 2年前に来た時は、このメコン川に感動してたなー。 ガーガー あひる達も泳いでいます。 可愛い!! メコン川の風は気持ちがい…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link