旅日記 カンボジア アンコールワット

アンコールワットの夕陽はどんなでしょう

投稿日:2014-06-11 更新日:

タ・プロームを観終わり、大満足で後にします。

 

「凄かったねー。」

ゆきさん「うん。もう大満足やね。

これで夕陽が見れたら、今日はもうええわー。」

 

そう。

アンコールワットを観に来たら、だいたいの人は、

朝日、夕陽も見ます。

 

そのために、物凄く早起きして、夕陽までばっちり見て、

一日券で終える人も多いそうです。

旅友いわく、よっぽどの遺跡好きでもない限り、

一日券買って、それで充分ですよとの事。

 

うーん、同意見かも。

暑い国の遺跡巡りがこんなにもしんどいとは思わなかったなぁ。

まぁ、体調が万全じゃないってのは大きいけど。

 

だけど私達はもともと呉さんの要望で、三日券と決めていたので、

今日はとりあえず、夕陽を見ておしまいです。

 

で、ここまででもう水もペットボトル5本近くは飲んだかな。

結局、胃腸の痛みは引かず、もうふらっふらでした。

 

ゆ「疲れたねー。体調もまだ悪そうやね。」

「でも、あと一か所だもんね。大丈夫。」

岡村さん「じゃあ、最後の場所に行ってヤマトへ帰りましょう。」

 

呉「あ、ねぇねぇ。まだ夕陽の時間には早すぎだよねー。こことここも行きたい~!!それから、こことかも行けるよね~」

 

さ&ゆ ( ̄□ ̄;)!!

 

ゆ「いや、もう疲れたからいいよ。充分だよ。

またあさって来るんやし、今日は夕陽の場所に行ってゆっくりしよう。

さよさんも私も体調悪いし。」

呉「えー、大丈夫だよ。私は行きたい!

ねー、岡村さん連れてって~。」

 

岡村さん、苦笑いしながら私を見る。

 

岡村さん「サヨが具合悪いからダメ~。」

呉「えー、なんでーー。せっかく来たのにー。

私は行きたいー。ねー、行こうよー。行こうよー。」

 

。。。。

 

。。。。。。

 

ゆきさんが、明らかに呆れているのが空気でわかる。

私は、体調悪過ぎて、何も言えない。と言うか、なんて言っていいかわかんない。

 

ゆ「わかった!!じゃあ、あと1つだけ行きましょう!1つだけね!!」

呉「えー。なんで1つだけ~?

行きたいのに我慢しなくちゃいけないの~?」

 

呉さん、かなり不満そうなまま、

結局もうひとつの遺跡を追加することになりました。

 

岡村さん「着きました~。サヨ、ここで一緒に待ってる?」

さ「そうしようかな。歩きたくな。。。」

呉「えー。行こうよ!一緒にアンコールワットに来るって約束してたんだからさー。ずるいよー。」

さ「。。。。わかった。行きます。」

ゆ「大丈夫?無理せんでええんやからね。」

 

うう。。。なんで岡村さんもゆきさんもこんなに優しいのに、

呉さんは、一緒にここまで来たのにわかってくれないんだよ。。。

 

もう、泣きそうでした。

よりによって、到着してみたら今度の遺跡、登る系です。

いや、もう無理。

 

さ「ごめんね。私ほんと登れなさそうだから、下で待ってるね。」

ゆ「うんうん。そうした方がええよ。」

呉「あはは~。こんなとこも登れないの~?」

ゆ「ほらっ。早く行きましょう!」

 

空気読んでくれまくりのゆきさんにあやされて、

呉さんは登って行きました。

そんな呉さんの天真爛漫さとは打って変わって、

私の心はやさぐれまくっていて、

切れそうになっていた心の中の糸みたいなのが、

ついに両端から引っ張られた気がしました。

 

なんだろなー。

なんでこんなみじめなのかなー。

そりゃ、体調管理ができなかった自分の責任だけどさ。

アンコールワットに来て、私すんごい感動するはずだったのに、

なんでこんな違う感情で泣きそうになってるんだろうなー。

 

カンボジアにあと何日いるんだっけ?

その間、結局呉さんと一緒か。

ベンメリア、も、行くんだったなー。

今日のこの調子で。。。

 

こ、これはぁー。

まじで、私死んじゃうな。。。( ̄ー ̄;

 

ひとり、だーれもいない場所で座り込みながら、考え込みました。

 

この時の私、BGMをつけるなら、むかし誰か演歌歌手が歌ってた

”ひゅ~るり~、ひゅ~るり~らら~”

ってのが、ほんっとぴったしだったと思います。

 

ってことで、なんの遺跡かわかりませんが、

落ち込みすぎて写真もありませんです!(`・ω・´)ゞ

 

さて。

夕陽スポットは、プノン・バケンです。


丘の上から綺麗な夕陽が見える人気スポットで、

ここも山道を20分くらい歩いて、

最後には、階段を上ってスポットへ行くというハードな道のりです。

 

でも、景色は絶景です。

 

だけど、人気スポットだけあって、

誰かのコンサートなの?ってくらい凄い人。

お坊さん達だって見に来ています。

 

もう日は沈み始めていました。

が、まだまだ沈んでいくまでは結構時間があるみたいなので、

しばし、反対側の角っ子に座って休みました。

 

こんな景色を見ながら。 

なんかここだけ、大昔の村に来たみたいじゃないですか?!

 

はるこ、疲れたなー。 

なんか心がぎしぎししてるからか、

本当にはるこがいつものように、

心配そうに見上げてるようにも見えるよ。。

 

すぐに、ゆきさんが隣にやってきて座りました。

 

ゆ「疲れたね。」

「でも、色々見られたから良かったね。」

ゆ「ほんま。もう満足やわ。

ほんと、これで朝日を見たらそれでええって感じ。」

 

私もそう思ってた。

というか、そう思うようになった。今日一日で。

 

「・・・・ゆきさん、私ベンメリア行けないかも。」

 

ゆ「疲れちゃった?」

 

「うん。もう遺跡はお腹いっぱいだし、

今日の感じじゃ行けないって思ったのと、

そもそも私、現地の人となるべく一緒に過ごす旅をしたいんだよね。

今までも、なるべくそうして来たし。」

 

ゆ「あ、私もそう!」

 

「だから、無理に観光地行くよりも、

ゆっくりしながら現地の時間を過ごしたくて。

ちょうど体調も最悪に悪いし。」

 

ゆ「そっかあ。」

 

「あとね、行きたいとこがある。それは観光地じゃなくて。」

 

で、私はゆきさんにポル・ポトのジェノサイドの話。

負の遺産を観にカンボジアに来たこと。

プノンペンでキリング・フィールドに行けなかったから、

シェムリアップのキリング・フィールドは、

すっごいちっちゃいらしいけど、

それでも行きたいってことを話しました。

 

ゆ「そんなとこがあるんやね。ええと思うよ。

それって観光地行くより価値があると思う!」

 

ゆきさんは、一緒に行きたいと言ってくれました。

 

なんか。今、私自分の気持ちわかってんじゃん。

こうやって、誰かに話すことで完全にまとまった気がする。

 

呉さんとは、どっちにせよシェムリまでだったけど、

でも最後まで一緒に居ることはもうできない。

申し訳ないけど、これは私の旅だ。

私にとっても、二度と訪れない、大切な時間だ。

はっきり伝えよう。

もう一緒に居るのは無理だと。

 

なんだか、すっきりでした。

でも、空はあいにくこの後曇り、

残念ながら夕陽が沈むのは見られませんでした。

 

ひとつの答えを出してしまって、すっきりした私の心とは裏腹に、

この後起きる、呉さんとの最後の揉め事をまるで暗示しているみたいでした。。。

 

まぁ、人生いろいろあるよ!。。。。ね?

 

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

<sponsored link>







-旅日記, カンボジア, アンコールワット

執筆者:


  1. あーちゃん より:

    自分の中に…

    いつだって、答えは、自分の中にありますね☆

    いつも丁寧にお写真見せていただき、ありがとうございます♪

    素晴らしい旅を…応援していますよ♪

    体調が良くなりますように~(ノ´▽`)ノ*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

    それ~♪*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

  2. うえまこ より:

    マイペースでいきましょ!
    応援してます。

  3. シズねーさん より:

    私も

    世帯主との間で
    背中に「ひゅるり~~ひゅるりらら~」
    越冬つばめ(森昌子)が流れることしばしば

    それにしても呉さんて方は
    どえりゃ~~お元気な方ですね。後ろから
    鉄拳パンチ差し上げたい

  4. *sora* より:

    こんにちは!
    つい最近から読ませていただいてます。
    私は海外と言えば、韓国へ2回と香港へ行ったことがあるくらいなので、こちらのブログはとても楽しいです(*´ω`*)

    その、呉さんなる人はゴーイングマイウェイすぎますね(^-^;

    自分の時間を大切にしてくださいね(*^^*)また素敵な旅のお話を楽しみにしています!

    素敵な時間を過ごせるように祈っています!

  5. なふら より:

    大変だったね♪

    ずっと
    サヨさんの体調を心配していました

    あの暑い中
    体調を崩し
    精神的に合わない相手と一緒の旅
    そこまで気持ちが行ったら
    何を言っても
    相手がどう思おうとOKです!
    保護者でもなければ親でもないヨ

    随分我慢したね!!
    ( ^^)\(^^ ) ヨシヨシ

    私はよその国の人に
    最初にはっきりして話し
    気持ちを譲ることはないです
    はっきりとしてます

    日本人にも
    あまりにひどいことを言う相手には
    かなりきついことを言います

    相手が引きますが
    自分の人生は自分しか支えれないです

    終わり良ければ全て良し
    彼女と
    完全に別れることは最良の選択ヨ(^^)
    それでなければずっとこれからも利用される
    って思う

    私の仕事上の付き合いの彼女は
    Give & Takeで私も
    かなり利用させていただいたし・・ね(^m^)

    良い旅を♪

comment

関連記事

一カ国目、上海に到着

関空を飛び立ち、なんだかんだウォークマンを聴きながらウトウトしていると、 あっという間に中国が見えてきた。 なにはともあれ、記念すべき一カ国目、中国に到着!   飛行機をずらしてもらってもな…

続きを読む

ナイトマーケットで直面した現実

少し歩くと、サームローのおじちゃんが来るときに教えてくれた 墓地がありました。 連合軍共同墓地。 戦争時代、日本軍の捕虜となり、とてつもなく過酷な鉄橋建設に係わった イギリス人兵士が眠る場所です。 こ…

続きを読む

台北の三大夜市とやらを歩いてみよう…饒河街観光夜市編

最後の夜も、もちろん海外のアジアに行ったからには絶対行かなくちゃ!の、 夜市へ行くことにしました。 と言っても、台北では士林夜市だけではなく、いくつかの場所で開催されています。   でもって…

続きを読む

ホイアンでの宿探し

フエを出発したバスは再度、トイレ休憩を兼ねて土産物屋に到着。 ここで40分も休憩するといいます。 観光バスでもないのに、土産物屋かぁ。   すると、乗客のヨーロッパ系の女性が、 「誰かここで…

続きを読む

めげずにレストラン・ポラコウスキに再トライ!

帰国まであと少し!となったところで、 気が抜けたのか見つからないものが出てきた。 ついさっきまで使っていたボールペン、靴下1足!   あまり、物は失くさない方なのに。 どこからか見つかること…

続きを読む

マカオに着いた!急に雰囲気が変わった!

フェリーで香港からマカオに到着しました。イライラすることもちょいちょい遭ったけど、マカオに来て、空気が変わったのを肌で感じます。いっぱい笑う旅にしたい。

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link