旅日記 ラオス ルアンパバーン

ついにルアンパバーン到着!

投稿日:2014-03-21 更新日:

9時にパクセーの村を出発したスローボードは、いくつか岸に寄り、

何人かの村人を送り届けながら、夕方4時、ルアンパバーンの岸に到着しました。





いつものごとく、到着アナウンスもなければ、看板的なものもないので、

みんな、ルアンパバーン着いたの?って不安げです。

 

しかも、到着した場所は、ほんとに何もないとこで、町すら見えず。。。

 

って、東南アジアのだいたいがそうなのですが、

たぶん、乗物系の乗車賃を稼ぐために、わざわざこんな町から離れてる場所で降ろされるんですね。

でもってここもしかり。

 

ルアンパバーンの市内なんて、メコン川に沿って、ボードもたくさんあるし、

絶対、わざわざこんな離れた場所に止めなくてもいいはず!

 

この仕組み、ほんと頭に来るというか。

バックパッカー泣かせ。めんどくさい仕組み!

 

と、愚痴ってても仕方ないので、さっさとボードを降り、

市内までの乗り合いトラックのチケットを買います。

ちゃんと、チケット売り場まで用意されちゃってるし。。(-。-;)

ここで、ひとり20,000kip=250円くらい、で強制的にチケットを買わされます。

 

市内までは、かなり遠いので、とても重いバックパックを背負って歩ける距離じゃありません。

しかも、この到着地付近には、宿もお店も見当たりませんでした。

 

で、乗り合いトラックに乗ります。

 

しかも、どうか同じトラックになりませんように、と祈っていた酔っ払いスウェーデン人のおっさんがまんまと同乗。

手には飲みかけのラオビールの瓶。

 

もう!揺れるから!!ビールかかるから!!(-“”-;)

 

おっさん、いきなり、下ネタを言い始めます。

しかし、日本もそうだけど、どの国のおっさんも酔っぱらうと下ネタ言い始めんの、どうにかなりませんかね。

 

隣の席の欧米系の女の子は相手にしてあげて、ちゃんと答えてるけど。

私は、かかわらないようにしよっと。(-。-;)

 

と、目も合わせず、係わらないようにしてたのに、まんまと絡んできました。

 

おっさん「オマエは、どこから来た?」

さ「ジャパン。」

お「ミャンマー!」

 

同じトラックに乗っていた全員が「ジャパン!」と、返していました。ヽ(;´ω`)

私のどこがミャンマー人に見えるのかという、つっこみどころはさておき、

そもそも、ミャンマー人の女の子が一人旅するなんてあまり考えられない。

 

ってか、おっさん、私の国なんてどうでもいいんだろうけど、

なら、絡まないでほしい。。。

なんて、私の心の叫びも届かず、なおも絡んできます。

 

お「おお、悪い悪い。俺は耳が小さいんだ。ん?その袋の数字のところ、タイガー柄だろう」

 

と、私の手提げの模様という、またど~うでもいいとこを見つけてきました。。

 

もう、いいから!

ちょっと、めんどくさいから!!

 

そんなこんなで、おっさんに絡まれたまま市内到着。

 

今日はもう疲れたので、さっさと予約してあった宿へ向かいます。

むちゃくちゃ安い!だけでAgodaを使って予約した

Lemon Lao Backpackers

という宿へ向かいたいのです。

 

ちなみに、Agodaの地図って、間違ってたり適当だったりが多いんですよね。

で、まんまと逆方向へ来てしまったらしく、見つかりません。

 

挨拶をしてくれたお店の人に聞くと、親切にも地図まで書いてくれました。

ラオス人も優しい。

 

お兄さん達のおかげで、無事にたどり着けました。

 

が、

私、ほんとうにここに泊まるの??(゚_゚i)

 

まさに、安さにつられて、選択ミスったとしか言いようがない宿で。。。

入口には欧米人がたくさんタムロし、部屋は汚く臭いし、暗いし。

そりゃあ、日本人宿のクオリティーは求めてないけれども。これは。。。

 

ドミトリー(男女兼用)だから仕方ないのか、、と自分に言い聞かせましたが、

この後、この第一印象最悪の宿で、まんまととんでもない恐怖にさらされることとなったのです。

 

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

<sponsored link>







-旅日記, ラオス, ルアンパバーン

執筆者:


  1. shadow)^o^( より:

    おはようございます、酔っ払うとナゼに?!鈍るどころか、耳の感度が鋭くなり…目まで?!どんなチッチャイ所も見逃さず……不思議です?! 東北や北海道は又雪がどっさりと降ってしまいました(*_*。。。そちらの青空が羨ましいデス
    「つづく」 の後、気になりマス。。。 (良い旅を♪)

  2. マイ より:

    (^-^*)/コンチャ!
    。+゚☆゚+。★。+゚☆゚記事読ませてもらいました。応援したくなったのでペタの代わりにコメント残していきます(*’ω’*)またのぞきに来ますね♪頑張ってね☆。+゚☆゚+。★。+゚☆゚

comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PREV
メコン川から見たラオスの景色 Part2
NEXT
忘れられないChittana Guest Houseのお兄さんとワンちゃんとの出会い

関連記事

愛犬の夢で目覚めたら体調回復!アンコールワットへ

胃腸炎の苦しみから解放されないまま、再び眠りにつきました。   明日はどうなるんだろう。 早く、アンコールワットに行きたい。 それを目指して、私の旅はここまで来た。 なのに。。。 &nbsp…

続きを読む

インドの伝統的礼拝プージャを見る

ガンジス河のガートにいると、 とにかくここでも絶え間なくって言っても過言ではないくらいに、 インド人が話しかけてきます。   基本は、土産物屋の人間なんだけど、 そりゃもう、いちいち対応して…

続きを読む

なんか日本人が関係してるっぽいレストランと、強敵BINとの出会い

予定より、アユタヤへ早く着いたので、まだ外も明るい。   あ、お部屋の中の様子をお見せしますね! シンプルだけど、とっても広いのです。シャワールームとトイレも部屋内に完備されています。これ、…

続きを読む

テーゲル空港にて、再びビミョ~な気持ち

今回の旅では、3度目のドイツ入国です。 テーゲル空港到着。 来た時は、小さいターミナルだと思ってたけど、 ターミナルはいくつかに分かれていて、全部歩いて移動できます。     いい…

続きを読む

マカオでポルトガル料理を食べるならこのお店

マカオはポルトガル領地であっただけあって、ポルトガル料理が食べられるのです。かつて遊郭もあった綺麗な通り福隆新街でとっても美味しくて雰囲気のいいレストランがありました。

ローカル市場とマカオタワー

北部にある紅街市という現地の人の市場を散策し、バスに乗りマカオタワーへ。マカオタワーはこんな感じでした。というか、こんな風に過ごしました。

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link