世界で出会ったこんな物

世界の色んな町で出会った噴水

投稿日:2019-05-23 更新日:

ペルー リマの噴水公園のメルヘンチックな噴水

 

***

世界の色んな町で出会ったシリーズ、今回は噴水です。

 

私、噴水も結構好きで、色んな町で出くわすと、ついつい撮ってしまうのですが。

時にその国らしさが見えたり、歴史が垣間見えたり。

一体、なぜこんなデザインにしたのかなんて思ってしまう程、個性的な物だったりと、なかなか楽しませてくれるんです。

今日は、そんな楽しい噴水達と個人的ベスト3なんかを紹介!

オーストリア ウィーンの大都会に突然現れた噴水

ザ、ヨーロッパって感じの、ライオンの口から水が噴き出している噴水です。

 

願いを叶える噴水ってところかな?

水の中にはコインがたくさん投げ込まれていました。

で、この噴水、だいぶ底上げした高さで造られているのが印象的でした。

 

アメリカ マイアミのホテルのなぜか泣いているキティちゃん

他にもサンリオキャラクターが居たのですが、なぜかみんな目から涙を流しているかのように、泣いている噴水になっていたのが不思議でした。

 

台湾 龍山寺の台湾っぽい噴水

鯉がたくさん泳いでいる池の中に造られた、龍の像と、からみつくように植えられている緑のバランスが、すっごいかっこいいと思いました。

まるで水を噴きあげるかのように、上を向いた龍の口から、勢いよく水が飛び出しているのも素敵。

 

ちなみにすぐそばにはもういっちょ。

鯉バージョンもありましたが、どっちも台湾っぽくて、素敵な噴水だなと思いました。

 

香港 嗇色園黃大仙廟の蓮の花の噴水

同じくアジア圏の香港、台湾とはまた違った華流らしいデザイン。

花にあたって弾ける感じが、雨模様みたいで、いいデザインだなぁって思いました。

 

ミャンマー ヤンゴンのマハバンドゥーラ公園の噴水

スタンダードな感じの噴水ですが、暑い、暑すぎるヤンゴンで、この噴水が噴き上がっていることが、まるで砂漠の中のおあしすのようにも感じられ、暑さで滅入った体で、綺麗だなぁーとぼーっと眺めていた噴水でした。

 

ポーランド クラクフの雨の中ライトアップされた噴水

これもシンプル目な造りだと思うけど、雨の日の噴水ってことと、薄暗くなってきた中、ライトアップされた噴水が凄く素敵でした。

 

ハンガリー ブダペスト、市民公園の池の噴水

間欠泉みたいに勢いよく、ブワーっと噴きだしてくるのが、見ていて楽しい。

これもシンプルだけど、この憩いの場所によく似合っている噴水でした。

 

街並みが世界遺産のペルー クスコは素敵な噴水だらけ

ペルーと言えば、どこに行ってもよく出くわす、皇帝パチャクテク像。

 

このアルマス広場のパチャクテク像の噴水は、水が止まっていたのが残念ではありますが、その分、デザインが良く見えて、凄くかっこいい。

3段の上にパチャクテクが立っているデザインは、より天に近い場所にいることを示すようでもあり、ペルーの人達が、パチャクテクの存在を掲げているようでもありました。

 

これまた、クスコの裏道で出会った噴水。

動物の像が大好きなので、これまた噴水と動物と大好きな物の組み合わせ。

もちろんこれも何か意味のあるシーンなんだろうけど、いつか、この噴水の意味を知りたいなと思っています。

 

古い噴水?鳥の水浴び場?

ペルーのインカの歴史もたくさん知ることが出来ましたが、まるで凄い昔からあるような、古い小さな噴水。

これは、鳥の水浴び場なのか、今は使われていないのかな?

疑問だらけだけど、石がたくさん使われているクスコの町並みに、すっごくマッチしていました。

 

クスコの噴水ラスト!

これまた、インカっぽい顔があって、でも新しそうな綺麗な噴水。

夜に見てもきっと神秘的そうなので、次は夜に見てみたい!

 

同じく、ペルーだけどリマにはギネス認定された噴水公園が。

この記事のトップにもある、不思議の国のアリスっぽい、お洒落なティーポットの噴水もここのです。

これは、ライトアップされた夜の噴水。

夜になると、プロジェクションマッピングを使ったショーが始まります。

 

13個の色んな形の噴水があり、ただ噴水だけなので、長時間は飽きてしまうかもしれませんが、昼に行っても、夕方でも、夜のライトアップも、どれも違う感じに見えるので、凄く綺麗です。

 

そして、遊べるようにもなっています。

中をくぐれる噴水。

行った時期はまだ肌寒かったので、あんまり遊ぶ気になれませんでしたが、濡れても着替えられる場所まであり、夏には、うってつけの場所であることに違いないと思います。

 

モチェ土器の噴水。

コブラと蛇使い組み合わせ。

 

全貌はこんな感じ。

ちょっと神秘的だなぁなんて思ったりしました。

 

では最後に、世界の色んな町で出会った噴水、個人的ベスト3です。

 

3位 ペルー リマ市内、アルマス広場の動物たちの噴水

この動物達が使われている噴水は、珍しくないけれど、なんだかここの噴水は、リマのアルマス広場だからこその感じの、動物たちも協力して戦っているようなデザインに見えて、かっこいいなと思ったのです。

 

2位 ドイツ ベルリンの頑張ってるネプチューンの噴水

特にこの左側の子が。

ここの噴水、すっごい芸術的なんだろうけど、頑張ってるとか言ったら失礼なんだろうけど、この子達の顔が凄い顔だなぁーと、素直に思って。

 

この子達は、たぶん天使なんだと思うけど、あくまで脇役ではあったのですが。

引いて見るとこんな感じなんで。

大好きな、動物像なんかもあって、もちろん頑張ってたんだけど、

やっぱり天使の子達の顔のインパクトが凄過ぎました。

こんな感想、作者に言ったら呆れられるんだろうなぁー。。

とにかく見ごたえのある噴水でした。

 

1位 タイ チェンライのワットロンクンの噴水

ここの綺麗さは忘れられない!

あのインパクトのある、真っ白なお寺と、たくさんの個性的すぎる装飾。

悪趣味と言われてもいるようですが、個人的には、庭とかに欲しいくらい、大好きな感じのドラゴンです。

これ、水じゃなくて火を吹いているようにも見えるくらい、大迫力。

 

私が行った時は、まだ完成途中だったようなんで、またこのお城みたいなお寺を観に行きたいです。

このドラゴン君も進化してるかなぁー。

 

他にも、ここに選択しきれないくらい、思い出がある噴水に出会ってきましたが、また、楽しくて癒される、不思議な噴水にたくさん出会っていきたいです。

 

旅先で、日常で、疲れた時は、水の流れのある場所に!

 

リマのギネス認定の噴水公園の記事は、こちらから。

→ リマの夢の国、噴水公園

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

その他の記事

<sponsored link>







-世界で出会ったこんな物

執筆者:


comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PREV
私は、留学3日ダメ子
NEXT
【ヨーロッパ旅】ポーランド クラクフの街まとめ

関連記事

ミャンマー、タイで出会ったお土産

久しぶりのタイは、かなり都会化した場所もあるなーと思いつつ、でもやっぱり売られている物がかなり好み。毎回毎回思うのは、これがバックパックの旅じゃなかったら、もっと買い物しまくって、スーツケースをパンパンにして帰るのにって事。そして、今回初めての国ミャンマーのお土産は??

【どこがお好み?】アジアで出会った色んなお寺2~タイ編

前回に引き続き、アジアで出会った色んなお寺を紹介します。お好みのお寺を、じゃんじゃん見つけてください!!
今日は、タイ編です。

【どこがお好み?】アジアで出会った色んなお寺

どこの国に行っても、パワースポットと言われているお寺があって、同じアジア圏と言えども、お寺によって見た目や雰囲気も様々。このお寺は変わってるなーとか、なんか好きだなーとか、お参りだけではなく、見物するのも楽しませてくれます。今日は、私が今まで旅先で出会ってきた中で印象的だったお寺を紹介します。

世界で出会った守護獣 2

世界で出会った狛犬シリーズ、日本編、東南アジア編に引き続き、更に西、それから、その先で出会った守護獣特集です。思い返してみると、どの国、どの街にも守護獣的な役割を持っているかのような、立派な像がありました。

世界の色んな町の夕焼け

バックパッカーは、朝日と夕陽が大好きだと思います。 たいていの有名観光地のある街には、朝日、夕日の名所があって、そこには沢山のバックパッカーが、日の入り日の出を待ち侘びて集まっています。 そんな私も、…

続きを読む

世界で出会った守護獣

前回の”世界で出会った狛犬【日本編】”に引き続き、今回は、海外の守護獣をお届けします。日本は、ほとんどが狛犬だけど、世界では、犬だけではなく色んな動物が神聖な場所を守っていました。

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link