ネパール 世界で出会ったこんな物

ネパールで出会ったお土産

投稿日:2019-08-23 更新日:

ネパールは、いい意味で蕪雑であり、でもなぜかそこは、落ち着くなって感じる雰囲気で、人の懐っこさも加えて、私は凄く好きな国です。

そして、意外ととっても可愛い雑貨が豊富に売られているのです。

今日は、そんなネパールで出会ったお土産を一部ですが、ご紹介します!!

インド、ネパール土産なら定番のHimalayaブランドの化粧品

Kesar(サフラン)の化粧品は、日本じゃなかなか出会えない成分です。

あのクレオパトラも使っていたとかで、かなり美肌になれるそう。

まだ使っていないので、効果はまた使ってみたら書きたいと思います。

でも、お土産に渡した友人いわく、すっごくいい!との事でしたので、期待大!

 

もちろん、ネパールではヒマラヤブランドの物はかなりメジャーなのです。

この成分以外にも本当に色んな成分のクリームやら、リップやら何やらが売られていて、どれを買おうか、選ぶのもとっても楽しいです。

長旅じゃなかったら、もっともっと買って帰りたいくらい。

一番右のは、鎮痛作用のあるバーム。

これは、母のリクエストですが、やっぱり凄くいい!との事でした。

 

これらは、お土産屋よりもスーパーマーケットなんかで出会えます。

 

ドライフルーツとフルーツジャム

ドライフルーツは、登山やトレッキングする人が、そのままおやつ代わりに食べられるように売られているそう。

左のクッキーは、やっぱりメジャーなクッキーで、サイズも小さくて色んな味があって、お土産にぴったり。

カレーの国なんで、凄い色んな種類のスパイスなんかも、売られているのです。が、そこまで料理に詳しくない私は、いまいちどれを買っていいかもわかんないので、せめてこんなお土産もいいかなと、ジャムを選択。

自分の家用にも買ったけど、まだ食べてないので、またまた味については、後日書きます。

※後日追加・・・これジャムじゃないかも!!パンに塗って食べようと思って、チロっと味見して驚愕!!なんでかフルーツの味と一緒に香辛料の強い辛さが!!で、思ったんですけど、もしかするとタカリ族のダルバートにちょこっとだけ付いてた、野菜とか何かをつけて食べる用のディップなのかもしれないです。。。思いっきり、ジャムだよ!!って渡した友人、ごめん。。。

 

そう言えば、ネパールでのメジャーなお菓子のお土産って特にないかも。

食品だと、やっぱり調味料系。

ヒマラヤ岩塩のピンクソルトとかブラックソルトは、とにかく安いので、最初の時は結構買い込んだけど、これまた塩って重いから、なかなかの荷物ではありましたが。。。

 

天然石のアクセサリー

ネパールと言えば、ヒマラヤ山脈ということで、天然石もかなりとれるらしくて、町中で売られていたりします。

しかも手作り品がほとんどだから、どれも綺麗なんです。

 

だけど、要注意なのは、ニセモノか本物か、はたまた本当にその値段でいいのか。

ネパールで売られている石も、ピンキリらしいので。

 

石の見分け方ができない私は恐ろしくて、高い石なんて、とても買えませんでしたが、かなり高い料金で本物と謳って売られている石が、実は数十円で買えるような偽物だったってこともあるそうです。

 

ちなみにそんな私みたいな、普通にお土産用に買いたい程度の人には、お手頃価格で売られているアクセサリーを。それでも充分、可愛いと思うし。

ポカラのお土産屋さんのお兄さんいわく、ポカラで売られているブレスレットは、だいたい1つ50ルピー。

もちろん、石の感じとかデザインにもよるそうですが。

 

手編みの小物

これまた手作り品なので、お店によって色んなデザインが売られていて、見ていてもとっても可愛くて、あれもこれもと買ってしまうお土産品です。

 

ネパールも冬は寒いし、登山客用にも、こういう手編み品が、本当にいたるところで売られています。

南米もそうだったけど、完全手作りなんで、1つ1つ違うし、手編みならではの温かさがあって、凄く好きです。

このハンドウォーマーは、300Rでした。

 

服など

エスニック系のデザインが好きな人にとって、ネパールはまた、テンション上がりまくりになる国でもあります。

メイドインネパールのこのスカートは、一枚400ルピー。

 

それから服と言えばもうひとつ。

街中に溢れる、ノースフェイスのゴアテックス。

正直、本当の本当に本物なのか、偽物なのかわかんない。

(たぶん料金的にニセモノ)

でも、自分で買って自分で着る分には、問題はないので。

 

それに、偽物だとしても、これ本当に凄く温かくて、一度着たら、手放せなくなるくらいでした。

寒い時期のネパール旅に行くなら、一枚買うのもおすすめです。

 

悶えるくらい可愛い物がたくさん!フェルト雑貨

外国人が集まるエリアを歩いていると、結構出くわすのが、このフェルト雑貨のお店。

これも手作りなんで、店によって違うものが売られているし、どれもこれも可愛くて、ついつい買ってしまって、自他お土産用で、かなりフェルト商品が増えました。

旅先では、1つの国で1つ、ぬいぐるみを連れ帰る事にしているので、私の部屋には、ネパールから連れ帰ったフェルトの犬が2匹。

 

お土産にばっちりな、フェルトのキーホルダーなんかも売られていますよ!

 

ガーランドなんかも可愛くて、ついつい買ってしまう。

フェルト商品好きには、ある意味要注意な国でもあります。

 

ネパールの女性支援団体WSDOの商品

最後に、ちょっといいネパール土産を買うなら、この団体のお店の商品を1ついかがでしょうか?

可愛いにゃんこ付きが多いのです。

 

ネパールにまだまだ残るカーストや貧困。

そのせいで、女性達は酷い暴力を受けたり、または幼女が、人身売買の犠牲になったりと、それらの問題は、現在もネパールに根強く蔓延しているのです。

 

そんな弱い立場にある女性達に、仕事を教え、作った物を売る事で自立できる道を作ったのが、WSDO(Women’s Skills Development Organization)という支援団体。

 

彼女達が作るものは、とりわけ品質も良く凄く綺麗です。

もちろん同じ女性として、これを買う事で、ちょっとだけかもしれないけど、彼女達の支援に繋がるなら、

こんなに嬉しい事はないですよね。

私の願いと、友人の願いが叶うようにと、お揃いで買ってきたドリームキャッチャーは、友人に、とっても可愛いと喜んでもらえました。

 

WSDOのお店は、カトマンズにもポカラにもあるので、ぜひ!!

 

 

Women’s Skills Development Organization

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

こちらも更新中↓ 

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

その他の記事

<sponsored link>







-ネパール, 世界で出会ったこんな物

執筆者:


comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PREV
食のコレクション、旅先でのビールとコーヒーについて
NEXT
バックパッカーと虫との闘い

関連記事

ポカラ レイクサイドから日本山妙法寺へのトレッキングまとめ

ネパールのポカラで日本を感じられる場所、日本山妙法寺とワールドピースパコダ。登山やトレッキング経験のない初心者には、気軽に行けるおすすめのコースなんだそうですが、実際に私が歩いたルート、感想などを今日はまとめます。

ポカラ レイクサイドでのボートの乗り方

ネパール、ポカラに行ったら、もちろんトレッキングもいいけど、トレッキング以外でのんびりレイクサイドで過ごすなら、ボートに乗ってみるのがおすすめ。今日は、ポカラでのボートの乗り方を紹介します。

初めましてのネパールで食べまくりの初日

長距離バスはやっぱり到着時間が遅れて、夕方にカトマンズに到着しました。 予約してきたホテルは、なかなかわかりにくい場所だったみたいだけど、 タメル地区です。    タメル地区とは、カトマンズ…

続きを読む

ネパール陸路入国でインドの呪い

バラナシを出発した夜行バスは、ガタンゴトン道を走り続けました。 乗って来たバス。 そして、国境についたと起こされました。   眠い。 でも、空はすっかり明るくなっていました。   …

続きを読む

【どこがお好み?】アジアで出会った色んなお寺

どこの国に行っても、パワースポットと言われているお寺があって、同じアジア圏と言えども、お寺によって見た目や雰囲気も様々。このお寺は変わってるなーとか、なんか好きだなーとか、お参りだけではなく、見物するのも楽しませてくれます。今日は、私が今まで旅先で出会ってきた中で印象的だったお寺を紹介します。

世界の色んな町で見かけたゴミ箱

世界の色んな町を旅してきて、たくさんのゴミ箱に出会ってきました。デザインが素敵だったり、機能性が良さそうだなと思ったり、時にその国の背景まで感じたり。そんな世界のゴミ箱達を紹介。個人的ベスト3も紹介します。

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link