旅日記 ネパール カトマンズ

カトマンズの素朴な時間。こんな時間をずっと待ってた気がする

投稿日:2019-04-01 更新日:

ネパール旅、カトマンズ最初の宿は、日本人宿です。

長旅の最初は、日本人宿で情報収集と思い予約しておいた宿です。

 

ホテルトラベラーズホーム

カトマンズの日本人宿で検索すると、すごい出てくる有名宿のようです。 

 

良い評判が多い中、気になるブログ内容なども出て来て、

基本的に99の意見よりも1の意見が実は貴重だったりするので、

実際引っかかってはいたのですが、

結果的に、私もちょっと残念なこともあり、私はおススメしません。

まぁ、私自身も99より1側に当たってしまうような、運のなさもあるので、なんともだけど。

うん。旅日記&旅情報ですので、起きたことは、正直に書いて行きます。

 

そんな残念だったエピソードもそのうち出てきますが、

まだまだ始まったばかりの旅にお付き合いを。

まぁ、日本人宿と言えども、従業員さんに日本語はほとんど通じません。

オーナーは二人いて、大きいオーナーと小さいオーナーがいるとの話を、

宿で会った旅人から聞いたのですが、今回居たのは、小さいオーナーの方でした。

大きいオーナーは、日本語ぺらぺららしい。

 

しばし、お世話になる私の部屋。 

部屋の中は広いです。

バックパックを置いてもまだまだ余裕があるくらい、広い部屋です。

東南アジアの宿なんかもそうだけど、このウエルカムウォーターが置いてあるのって、

旅人にとっては嬉しい限りなんだよね。

 

ひとまず、旅人にとっての鉄則。

シャワーは浴びられるうちに浴びろ。

 

やっとシャワーが浴びられる!! 

あのー。

ひとこと言っていいですかー。

 

寒い!!

 

いやちょっと、ギャグみたいに暑かったバンコクも、

久々に東南アジアに来ると、なかなかやる気をそがれる暑さだななんて思ってましたけど、

ネパールは逆に寒い!!

東京とそんなに変わんないくらいの寒さで、

しかも、自分の家のように暖房器具もないので、それが結構きつい。

 

寒いと思う国は、南米旅以来。

ボリビアとか、ペルーのクスコでも、部屋の寒さには苦戦しました。

街の散策や、観光には肌寒いくらいでもいいんだけど、

この寒い街の部屋の中が辛い。

 

前回、ネパールに来た時は、夏だったから、しかも暑過ぎるインドから来たから、

ちょうどいい、快適~!ぐらいにしか思ってなかった温度事情だけど、

ネパールの冬はやっぱり寒い。

 

そして、シャワーもいつも本気で、修業だ!と、心に決めて浴びるくらい、

この寒めの国の旅人のシャワー事情はシビアです。

心に決めないと、風邪をひきます。修行と思うと大丈夫。(私の場合)

だいたい、安宿で熱々のお湯も期待できないし。

 

とは言え、ぬるーいシャワーをささっと浴びて、寒い部屋の中に出てくるとノックの音が。

なんかなんか、来る気がしてたけど、今このタイミングですかー。

いやもう、今来ないで―。

「ちょっと待って!!今シャワー浴びたばかりだから!」

ドア越しに叫びます。

「OK。ここで待ってるよ。」

 

待ってんのかーい!!

 

なんか、急ぎで伝えたいことでもあるのかと、ひとまず急いで服を着て出ると従業員さんが、

 

「ティーでもどう?」

 

あ、ありが。。。

いやいや、ありがたいけどさー、私、思いっきり髪びしょびしょなの、わかるよね!?

「後で行くから。」

「でも、冷めちゃうよ。今おいでよ。」

そんなこと言っても、よーく見てくださいよ!私の姿を!って言いたい。

 

「わかった。急いで行くから!」

「急いでね!」

 

フレンドリーなネパール人、親切なネパール人、

前回の束の間のネパールで、そんなイメージがすっごくあった。

 

もちろん、旅人を無口にさせておかない国は大好きだけれど、

これまた異文化と言って笑い話にできるレベルではあるけれども。

今後ネパールでは、シャワーは、着いて早々に浴びるのは今後よそう。そうしよう。

 

そして髪を適当に乾かし、下へ降りて行くと、また一人新しい従業員の方が増えていました。

 

フロントの本棚には、日本の漫画がたくさん置かれています。

日本人宿あるあるですね。

 

そして、エベレスト登山成功の有名な冒険家、三浦雄一郎さんとオーナーかな?

のツーショット写真も無造作に奥の方に置かれていました。

以前は掲げてあったのかもしれないけど、もっとちゃんと飾ってよ。

 

三浦さんしかり、田部井淳子さんしかり、

日本人の高齢登山家の方達が、本当にかっこいいと思っているのですが、

そんな偉大過ぎると感じている方達も、こんな風にカトマンズの独特な雑多さの混じった街で、

登山前の時間を過ごしていたんだなと思うと、ちょっと不思議にも感じてしまうのです。

 

カトマンズって、本当になんか不思議な街で、

なんかそんな偉大な人達の当時の影が見える気すらするんです。

それはたぶん、何年もこの街は変わってないんだろうなって想像できるから。

 

私は、登山経験はもちろんありません。

登山する人って、本当に心から凄いなって思うし、尊敬します。

そして、エベレストって言う世界最高の山に挑む人達も。

 

少し前に話題になっていた栗城史多さん。

栗城さんも、きっとこのカトマンズの街の空気を吸い込んだんだなぁ。

きっとたくさんのネパール人に、ナマステー!って気さくに挨拶されて、

明るい気持ちで山に旅立ったのかも。だったらいいなぁ。

 

って、なんか考えずにはいられないのです。

 

何かを成し遂げようとする人は、どれほどの覚悟と情熱を持ってもなお、

無謀だとか、勝手だとかデタラメだとか、叩かれたりするけれども、

私はそんな挑戦は、本当にかっこいいと思う。

 

ネパールに行ったと言うと、トレッキングしたの?ってよく聞かれるんですが、

ただ行っただけーってな話の中で、

でも私はいつか登山をするのかなといつも密かに考えていました。

 

それは、登山したい!してみたい!っていう確実な気持ちでもなく、

自分のことなのに、いまいちわからない感じで。

 

登山って、簡単に、してみたいって言えるほど簡単なものではないと思うし、

世界を旅しているからと言って、ついでにってするほど、もちろん単純なものではないし。

だから、確実に何かを超えたいって思った時に、私は登山したい!ってはっきり思うのかなと。

 

でも実は、今回のネパール旅では、登山ではないけど、

初トレッキングをしたいと思っているのです。

まぁ、本当に初心者ルートではあるけれども。

 

と、そんな山話をなんで熱く語っているのかと言うと、

さっきからシェルパの人とお話をしているのです。

 

シェルパとは、少数民族の呼び名でもあるのですが、登山ガイドの人のことです。

エベレストを始め、有名な山がたくさんあるネパールには、登山ガイドが何人もいます。

 

たまたま下に降りて行ったらいらっしゃって挨拶してくれて、

せっかくなんで、すっごく話だけ興味ある、

ヒマラヤ登山のエピソードなんかを色々聞きたかったのです。

こんな現地のシェルパの方と話す機会なんて、なかなかないし。

 

一年、学校に行って勉強した話だとか、登山途中の心の話とか、

聞いているだけで楽しくて、もっともっとうんうんとただ聞いていたい話、盛りだくさんで、

聞いていたいとかいいながら、私もなんか語っちゃってました。

 

そしてしばらくして、オーナーがごはん買ってきたよと、パコラを持ってきてくれました。

何のパコラか聞いたけど、よくわかんなかったけど凄いシャリシャリして美味しいのです。

 

が、ソースが辛い!!

 

いや、この新聞紙に包んだ感じとか、辛いソースとか、

それを現地の人とみんなで笑いながら食べているのとか、本当にいいなぁ。

心の底から、またネパールに戻って来たんだなと感じます。

 

しばらくして、宿に泊まっている日本人の男性が帰ってきました。

世界一周中だそうで、うらやましいー。

が、思ったよりここが居心地良くて沈没しているらしい。

 

「カトマンズの後、インドに行く予定なんだよねー。」

「あー。ネパールからインドに行くと、結構大変かも。逆は楽なんだけど。。」

「まじでー。そんな気はしてたけど。」

 

ひとまず、寒いシャワーから始まりはしたけれども、

怒涛のように誰かに会えていて、話をすることができていて、

まだ旅の途中ではぼんやりとしか感じられないけれど、

私は今、すっごく貴重な時間に居るんだなと感じます。

 

今回の旅でも、何度となく、旅の感情モードに浸ると思うけど、

その時したいことをして過ごして、たくさんの人に出会って行こう。

 

とりあえず、熱いチヤをありがとう!

チヤは、ネパールのミルクティーです。本当に美味しい。

 

さて、懐かしのタメルの街中散策へ出かけようかな!!

いやほんと、目に映る景色がいちいち懐かしくて、

再びニヤニヤが止まらない。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

<sponsored link>







-旅日記, ネパール, カトマンズ

執筆者:


  1. tekutekubunbun より:

    こんばんは
    アハハ
    宿の名前がそのまま日本人の宿 (≧▽≦)
    分かりやすい(笑)

    そっかぁ~
    日本は湯船に浸かるって感じだけど、ネパールはそういう習慣がないのかな??
    寒い時はぬるいシャワーってきついよね
    まさに修行!!
    しかもタイミングが悪い事に呼びに来るし (^▽^;)

    でもやっぱりネパールの人は良さそうですね~
    旅を続けるうえでここは大切!!

  2. ted & LEON より:

    そちらは、寒いんですね しかもぬるま湯
    シャワー気合いを入れないと風邪引きますね
    これからたくさんの人と出逢い学んで
    素晴らしい旅を! くれぐれも怪我や病気には
    気をつけてね~ 

  3. アルセーヌ より:

    おはようございます♪
    サヨさん、コメント遅れてごめんなさい。
    ネパールはヒマラヤの麓だから冬は寒いんでしょうね。
    僕は寒い国には旅費が無料でも行きたくないです笑
    中国が以前にエベレストに登りましたが、あれは、冒険じゃなくて人海戦術ですよね。

comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PREV
ネパールの懐かしい時間が沁みこんでくる
NEXT
タメルのローカルエリアの日常

関連記事

中欧バス移動の窓から

チェコのバスターミナルを出発すると、すぐにまたのどかで綺麗な景色が広がりだしました。   とにかくずーーーっと続く菜の花畑の黄色が、心を明るくさせます。 その景色の真ん中に佇んでるみたいな、…

続きを読む

旅先ではいつも自分の生き方を肯定したい

いつしか再びウトウトして、再び目を覚ますと、  バスは、ウマワカ渓谷の辺りを走っていました。  ウマワカ渓谷は、アルゼンチンのフフイと言うところにある渓谷です。 この辺りもまだ、標高2000メートル。…

続きを読む

あなたの微笑みは忘れられません

ビエンチャンで過ごす最後の一日です。 ほんっとうに、だらだら病みまくった一週間。 ホテルに引きこもってばっかりいたくせに、ちっとも体調が回復しなかった。。。 そもそも主食にチョコレートを食べていたこと…

続きを読む

サルタの可愛い女子高生見つけた!

原宿みたいに、おしゃれショップが並ぶ通りがあります。 サルタの町の中でも、若者が多くいる場所。 フロリダ通りへ、Let’s Go!! しかし、サルタにはシエスタタイムが思いっきり存在してい…

続きを読む

オシフィエンチム アウシュヴィッツ強制収容所2

すぐに、この第一収容所の中でも、 特別な展示物のある部屋が登場しました。   そもそも当時、すでに先進国だったドイツ。   しかし、第一次大戦で敗北したドイツは、 戦争によって膨ら…

続きを読む

聖バルバラ教会は、裏から見るのがおススメ!

ふらふらと誰一人歩いていないヴルフリツェ川沿いを歩いて、 目の前に素敵な建物が飛び込んで来ました! 聖バルバラ教会ですね。 セドレツの聖マリア大聖堂と一緒に世界遺産に登録されている、ゴシック建築です。…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link