ポーランド 長距離バス

Polski Bus ネットからのチケットの購入方法

投稿日:2018-01-25 更新日:

ヨーロッパ旅と言えば、鉄道!って人も多いと思いますが、

バス旅もいいもんです。

のんびりしていて、田舎の街なんかも見ることができちゃうし、

何より安い!





しかも、ヨーロッパってバスの種類が豊富なんで、各地へのルートがあって便利です。

その中でも東欧付近を旅するならポーランドのPolski Bus(ポルスキバス)がとても安いので、バックパッカーにはおススメです。

ネットからチケットをとることができちゃうので、良かったら参考にしてください。

 

Polski BusのHPはこちら。

http://www.polskibus.com/en/bus-stop.htm

まずは、言語をポーランド語か英語かを選択。

この上の地図は、Polski Busが通っているエリアです。

 

まずは、右側欄の上から、

 

乗車地  ☆今回はクラクフに設定してあります。

降車地

希望の日にち ☆往復でとる時は、その下の日付も入力

 

入力したら、

Find My Journey をクリック

 

そして、次のページへ。

ずら~っと、空席のあるバスが出てくるので、希望の時間をクリック。

ちなみに時間帯によって、価格も異なります。

 

そしたら下欄にある ADD TO BASKETをクリックします。

 

次のページへ。

名前

メールアドレス ここにチケットが届くので間違えないように

再度 メールアドレス

を入力。

 

(オレンジ囲みライン)

支払方法 これを選択(All payment methods)

アンケートなので、どれかを選択(☆今回はWeb Searchを選択)

確認チェック欄にすべてチェックをつける

電話番号を入力

 

PROCEED TO PAYMENT

をクリックして次のページへ。

 

そしたら、次のページでカード支払いの画面が出るので、カード情報を入力したら完了です。

あとは、乗る時に、メールに届いたチケットを印刷してもいいし、

スマホの画面を見せても、ブッキングナンバーを伝えても、

どれでもOKでした。

 

時々、ネット購入時に、座席指定できる便もあるようですが、

基本的には早いもの勝ちの席取り合戦なので、

混んでいるルートは絶対に良席を打ち勝ってください!(`・ω・´)ゞ

 

あとは、他の乗車地を経由してから来るバスもあるので、

その時はほとんど好きな座席は埋まっているかもですが。。。

 

とりあえず、このネットで次の旅地への足を購入できるという楽チンで簡単な方法に、

すっごく助かったので、良かったらバス旅なんかもぜひ。

Polski Busは、頻繁にキャンペーンなんかもやっていて、運が良ければ、1ズロティ(ポーランドの通貨名称)=32円くらいで、チケットゲットできちゃうときもあるらしいですよ!

ヨーロッパ旅の間中、メルマガ登録で情報は常にチェックしていましたが、残念ながらチャンスにあやかることはありませんでしたが。。。

 

ヨーロッパはたくさんのバスが走っているので、色々比べながら上手に使うのがおススメです。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロブログ「新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

 

<sponsored link>







-ポーランド, 長距離バス

執筆者:


comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PREV
ホームスティはよりどりみどり
NEXT
タイ カンチャナブリーはこんなところ

関連記事

なにはともあれ、またね!ホイアン

とりあえず、いったん落ち着いて。(笑)   なにはともあれ、ホイアン最終日なわけです。 夜には、バスに乗って次の町。   ハマりまくった、バナナケーキやパンを売る屋台にもお別れです…

続きを読む

よし!桃源郷を出発!

さあ!パーイを去る日です。 再びチェンマイへ戻ります。   予定変更してまで長居してしまったパーイ。 町の雰囲気はもちろん、泊まっていたゲストハウスが居心地良かったおかげで、 本当に癒されま…

続きを読む

東欧式エレベーターでパニックになる

やーーーーっと、宿に到着しました。 2回乗り換えのフライト、長過ぎた~。そして、すでに色々ありすぎた~。   宿は、駅とバスターミナルから歩いてすぐのところにあるホテル、サブマリンです。 日…

続きを読む

世界遺産ヴァヴェル城を歩いてみよう

ヨーロッパの空は、いつも見上げると飛行機雲があって、 たくさんの緑も、第二の故郷のニュージーランドによく似てて、 何度もニュージーのこと思い出してたよ。 あれも気づけば、遠い景色になってしまった。 で…

続きを読む

クラクフのローカルなマーケット見つけた!!

再び散策へと出かけます! オーナーから教えてもらった、まだ行っていないエリアへ。   宿から中心部とは真逆の方へ。 カジミエシュ地区よりもっと奥へ。 持っているガイドブックを置いて、 オーナ…

続きを読む

国を越えるって事は、晴れたり曇ったり

さあ、ポーランドへ戻ります!!! クラクフへと戻ってしまえば、あとはもうゆっくり。 一安心。   でも、最後まで、日本に着くまで、いやむしろ、家に着くまで、 気を抜いちゃいけないけど。 &n…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link