旅日記 カンボジア シェムリアップ

カンボジアで日本男児と韓国料理

投稿日:2014-06-18 更新日:

再び夜起きだし、今日はどこへごはんを食べに行くー?

とゆきさんと話していると、

昨日、タケオゲストハウスからヤマトへ来たという、

日本人男性2人組が、おいしい韓国料理のお店へ行くというので、一緒に行くことに。

 

覚えてますか?

旅のしょっぱな、上海空港で声をかけてくれた男の子

あの時、カンボジアにも行くって話をしていて、

お互い到着予定の時期が同じくらいじゃない?

って話をしていて、

じゃあ、タケオゲストハウスで会おうよ!

って話してたんです。

 

結局、あの後すぐにあのゴタゴタで、

連絡先も交換できなかったので、

奇跡的に会えたらすごいなーって思っていたのですが、

まんまと私はタケオよりヤマトを選び、

行ったのはごはんを食べに行ったくらい。

 

そう。

 

ここで。。。

会えませんでした。。。(´_`。) 知ってたさ。。。

 

うーん。

これもまた運命だなー。

 

だけど、まるでその変わりみたいに、彼らと出会いました。

バリバリの大阪弁のタイ在住つるさんと、

実はめちゃめちゃ今住んでいるとこが実家の近くだった、

おかさんとの出会いです。

 

お互いシェムリアップに来るバスで仲良くなったらしい。

そうは思えないくらい、仲良し!

私とゆきさんもだけど。

 

正直、第一印象はガラ悪っっ!てちょっとびびったんですよ。

なんせ坊主とドレッドで、バリバリ大阪弁だったもんで。。。(;´▽`A“

 

日本でも男友達にいないタイプで、

この旅でも共に過ごした事のないタイプの人達だったので。

 

でも、ゆきさんが仲良くなるような人達だし、

何より、私はこの時が初対面だったのに、

ちゃんと目線を均等に配って話をしてくれた

 

ここ、かなり私的、めちゃめちゃ好感度高いポイントです!!(●´ω`●)

 

ひとりだけ後から来ると、浮いちゃうじゃないですかー。

溶け込むのって、結構大変だったりもするじゃないですかー。

日本人同士なら、ノンバーバルコミュニケーションも大事じゃないですかー。


だからこういうとこ気を使ってくれる男の人って、

心から素敵で、男前だなって思います!

第一印象で人を判断しちゃ、ほんとにだめですよね。

 

すぐにビビりは、安心感に変わりました。たっんじゅんー:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

 

ちなみに、この二人とは、シェムリアップを出た後も、

奇跡的な出会いをすることとなります。

やっぱ、運命ってすごいなー。

 

午前中、自転車でアンコールワットに行って来たという二人。

ゆ「強いよねー。うちらは、絶対無理やねー。」

さ「うんうん。倒れるねー。ひ弱だから。」(^▽^;)

 

ただ、元気になった今となっては、

もうちょっと涼しい時に自転車で行けたら、

それも楽しいと思います。


が、今の私にはその体力がなく!

「俺ら、下見して来よう思ってなー、ひとつ見つけた店がめちゃめちゃ肉のまわりハエが飛んでたん!あそこやったら、絶対やばいから、もう一回見てくるわ!待っとってー!!」

 

シェムリアップには、サムギョプサルが5ドルで食べ放題

っていう素敵な韓国料理屋があるそうなのですが、

情報もなかなか少なく、よくわからず。。。

とりあえず、そんな理由で、大丈夫かを確かめに

再び二人は出かけて行きました。

 

下へ降りると、

 

「サヨーーーーーー!!!」

 

いつものように、帰ってきた岡村さんが、大きな声で呼ぶ声。

 

「岡村さん、今日はどこに行ってたの?」

「今日は、小回りコースです。つかれたー。」←出た!本音(笑)

 

「サヨー、明日はどこ行くー?」

「どこ行こうかなー。岡村さん、どこ行こうかー?」

「じゃあ、日本に行きましょうか。私のトゥクトゥクで!」(`∀´)

「えー、それならヨーロッパの方がいいなー。」

「ヨーロッパは、トゥクトゥクで二日かかりますから、日本だったら3時間ですから!」

 

こんな話を、毎日岡村さんと話してた。

それもあと2日かぁ。。。(´・ω・`)

 

店を無事確認して戻ってきた、

つるさんおかさんと、ゆきさんと4人で、出かけます。

 

つるさん「とりあえず、さっき見たやばい店やなかったわー。安心しー。」

 

向かう途中でも、街中のトゥクトゥクドライバーが声をかけてきます。

ちょうど4人なので、狙い目ですね。(笑)

 

ドライバー「トゥクトゥク?」

つ「No We are てくてーく!」

 

つるさん、それ日本人しかわからないギャグだからっ!!

 

お店の名前は、ダイバク

ほんとに知る人ぞ知る、人気店のようです。

 

でも、情報誌に書いてあったのは、

スンドゥブチゲとサムギョプサル食べ放題で5ドル。

だけど、渡されたメニューには書いてないのです。

 

「どうゆうことー?」

「情報、嘘だったってこと?」

 

なんて、みんなで話していると、

隣のテーブルにいた日本人の女の人が、裏メニューなんでと

教えてくれました。

これ、店員に言えばいいそうですよ!

で、無事食べられることに。

 

これぜーんぶ、おかわり自由!!

二人の話はとっても面白くて、

久しぶりににぎやかな夕食です。

 

世界一周してきたつるさん。

アフリカや南米で、目の前で人が撃たれたっていうかなり怖い話や、

実は、すんごいかっこいいお仕事してた岡さん、

すぐ見破れる手品を色々やって盛り上げてくれた。

 

ごはんもいっぱい食べたし、大満足!!

 

その後は、二人はパブストリートへ飲みに、

私とゆきさんは欲しい物があってナイトマーケットへと別れました。

 

そうそう。

初日に呉さんと行ったナイトマーケットは、

実は、ただの土産物屋の並んだエリアでした。

 

といっても、あの場所もナイトマーケットの一角ではあるんだけど。

 

もっと裏の方へ行くと、

凄く雰囲気のいい場所がありました!!

ここでも、土産物屋はたくさんあるし、

マッサージなんかもできます。

 

アウトドアなゆきさんは、

初日ここでハンモックを買ったそう!

色とりどりのハンモックがあって綺麗ですねー。

 

で、

私が欲しかったのは、これ!

ドリンクホルダー

東南アジアでは、水必須だし、

いちいちバッグから取り出すのもめんどくさいんですよね。

で、ベトナムでも見かけたけど、

あっちはおしゃれすぎて、正直うーんって感じでした。

 

そんな中、カンボジアで見つけたのが、

このシンプルな藁で編んであるやつ!

 

まだちょっと旅は続くし、とにかくこの旅で見かけた中で

どうしても欲しくなった物ナンバーワンだったのです。

 

シェムリアップの土産物屋のいたるところで見かけたのですが、

これサイズが大中小とあって、

小はかなり使い物にならないレベル。

で、大だと日本じゃドでかいペットボトルは持ち歩かないしなー。。。

 

ってことで、中がちょうどよいサイズです。

値段は1ドル!!

 

ゆ「いいねー!私も買おっかなー!」

ってことで、ゆきさんとおそろいで購入。(*^▽^*)

この後のシェムリアップ生活はもちろん、

その後行った町でも、ずーっと持ち歩いているくらい、

お気に入りになりました!

 

ゆきさんは、これをつけてインドへ行ったら、

結構人気だったそうですよ!!

 

私も、その後訪れた町で、

ゆきさんも今これつけて旅してるんだなーって

繋がりを感じてた。

 

それにしても、カンボジアがこんなキラキラしているなんて、

思いもしなかったー。

特にシェムリアップは、こんな風に夜に出歩いても平気。

いつか絶対、また来るんだ。

だって、行きたい場所、まだまだ残してあるから!!

どうか、それまで変わらないでいてほしい。

今まで行った世界の国の中でも、

とっても好きな町になりました。

 

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

<sponsored link>







-旅日記, カンボジア, シェムリアップ

執筆者:


  1. poko より:

    sayoannhe

    >ちゃんと目線を均等に・・

    観察力が・・鋭いサヨちゃん(*゜▽゜ノノ゛☆

    サヨちゃんに聞きたい事??

    飲み水は、ミネラル・ウォータ買ってるのかな!

    食べ物で、焼いた物はは別にして、麺類なん
    かで、お腹こわした事は無いのかな!

    最後に・・質問ではなくて。

    サヨちゃんが、独身で無い限り・・このような旅
    は、二度と出来ないと思う・・

    だから・・よく眼に焼き付けて *☆*:;;;:*☆*:;;;:

    それと・・心にも *☆*:;;;:*☆*:;;;:

  2. おっさんバッグパッカー より:

    カンボジアで韓国料理

    ダイバクは安くて美味しいですよね。よくご存じでしたね。

  3. おっさんバッグパッカー より:

    Re:Re:カンボジアで韓国料理

    >サヨ@女一人旅さん
    カンボジアの事は
    このサイトみると役に立ちますよ。
    http://krorma.com/

comment

関連記事

SORYAショッピングセンター

今日は、やらなくてはいけないことがあります。 明日シェムリアップへ移動予定なのでバスの予約をしなければなりません。   あと、カンボジアではドルがかなり使えるので、 家にずっと余っていたドル…

続きを読む

リマ市内移動はメトロポリターノに乗って

リマは、大都会です。 いくら、市内観光は、乗り物に頼らず、なるべく歩く! と心がけていても、歩くには、バカ広いんです。     タクシーやミクロなんかもあるけど、 正直、値段確認もめんどくさ…

続きを読む

テーゲル空港にて、再びビミョ~な気持ち

今回の旅では、3度目のドイツ入国です。 テーゲル空港到着。 来た時は、小さいターミナルだと思ってたけど、 ターミナルはいくつかに分かれていて、全部歩いて移動できます。     いい…

続きを読む

旅の運命はどこまでも続いていくと感じたウィーンの朝

目が覚めると、ポーランド以来の結構な雨でした。 まじかー。ウィーン滞在短いのに。。。 とりあえず、シャワーを浴びに降ります。     シャワーは違うフロアにあるのが面倒なうえ、男女…

続きを読む

ペルー南部の田舎風景

クスコへ向かうバスの中から撮りました。 すっごくすっごく素敵で好きだなって思える景色が多くて、 今回もバスの車窓からシリーズです。       おおぅ、おまえ、まだクスコに着かない…

続きを読む

ワット・ヤイチャイ・モンコンへ歩いて行こう

カツさんとも別れ、なんだこの寂しさはっていう、旅の別れの寂しさを経験し、私は一人、駅の待合所の椅子に座りました。 しばし、自分の感情を整理したい。 大丈夫。また一人旅に戻っただけだ。またきっとこんな出…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link