旅日記 ベトナム メコンデルタ

もう許すまい!と思った日

投稿日:2014-05-18 更新日:

島散策を終え、再び船に乗り込んで、

 

メコン川を走っていきます。

2年前に来た時は、このメコン川に感動してたなー。

ガーガー

あひる達も泳いでいます。

可愛い!!

メコン川の風は気持ちがいいです。

そして、また違う島に到着すると、

小さな小屋に入り、各自テーブルに座らされました。





フルーツなんかも出してくれて、自由に食べてとのことです。

で、何が始まるのかというと。。。

歌!

伝統民謡とのことです。

実は、2年前に来た時も、これ聞いたんですよ。

しかもあの時はご丁寧に、日本語で、しあわせなら手をたたこうを歌ってくれたのです。

 

しかも、今回はこんな寸劇までありました。

なんだか、おもちゃの海の生き物とかを置いて、漁をしているところのようです。

たぶん、その伝統民謡の歌詞に合ってるとかそんななんだと思います。

でもこれね。。。

正直、クオリティーが高いとは言えません。

なんか、実家に帰るとお母さんに連れて行かれる、田舎のおばちゃんおじちゃん達のカラオケみたいだし。

 

ただ、その事はいいんです。

何を思おうが、これがベトナムの伝統芸能なんだって、一生懸命見せてくれるならね。

 

ただ、ひとつ納得いかないのは、これ、終わった後に

強制的にチップを要求されるんですよ。

2年前なんて、完全個人ツアーだったから、全員にチップを渡せって言われて渡した記憶が。。。

 

しかもね、後からネットで調べたら、ベトナムにチップ制度なんてない!

渡さなくてよし!っていう、記事を見つけたりしちゃったりなんかして。

チップ制度。心づけの問題と言われても、やっぱ難しい。

チップの国で育ってないし、何よりこの今の現状にチップってなんかせこい気すらするし。

 

案の定、今回もテーブルに薔薇の造花が人数分立てられている箱が置かれました。

もうその瞬間、入口近くのテーブルに座っていた、例のスペイン人の集団なんて、小屋出てましたからね。

 

ただ、この後、私のこの旅での積りに積もった、

チャイナへの怒りが爆発するトドメを刺された出来事が起こりました。

 

そもそも、私達は明日にはベトナムを出てしまうので、

ベトナムドンも残り少なく、余分なお金はそんなにありません。

 

「チップとかさー、なんかせこい気がするんだけど。しかもこれ半分教養だよね」

呉「私、もうお金ないから入れないよー。」

呉さんは、さっさと立ちます。

 

同じテーブルに座っていたチャイナの集団の一人は、

「私は、100,000ドン入れるわ!私達は貧乏じゃないから

とわざわざ英語で言いながら薔薇の花にお金を差し込みました。

 

どうしよっかなー。チップなんてせこいけど、フルーツ食べたし、まぁ入れよう。

私はなけなしの10,000ドンを花に差し込みました。

すると、そのチャイナがわざわざこっちに来て、私の出したお金をのぞきこんで、

「うわ。ジャパニーズ、ケチ。」

って、言い放ったんです!!

 

あんた達 ってさ、

 

あんた達 ってさぁ、

 

あんた達 ってさぁぁぁぁ、

 

あんた達 ってぇぇぇぇーーーー

 

なんって、人を不愉快にばっかりさせる名人なんだろうね!

 

もう、なんでこんなこと言われなきゃいけないのか意味分かんない!

今まで、私はチャイナうんぬんって話を目にしても聞いても、中国人だからって嫌いにならなかったんですよ。

それは、自分が日本語教師なんだから当然というよりも、

日本にいるチャイナの生徒は、一生懸命でいい子達ばっかりだったから。

 

そりゃあ、日本に来るような外国人は、ほとんど嫌なやつっていないけども、

国民性として、ひとくくりにしちゃうのってなんか違うと思ってた。

でも、この旅で、さんっざん嫌な目に遭わされてきた。

現地の人から受ける仕打ちならまだしも、よその国に来て、外国人に嫌な思いをさせるあんた達を!

それでも、なんかあんた達にもいいとこあるんだろうって思ってたよ。

もう、最後の線一本で踏みとどまっていた何かが、この日音を立てて崩れていきました。

 

あんたなんて、浮かれて変な格好しちゃってるくせにさ!!( ̄^ ̄)せめてもの負け惜しみ。虚しい。。。

 

工場見学でも、どきなさいよって試食をとられたり、

一切、会話もしていないこいつになんでこんな目を付けられたのか知らないけど。

この日以降、いっさい私は旅でチャイナに心許しませんでした。

こんなのが、チャイナの代表ではないんだけど、なんかもう判り合える気がしない。

 

ってか、こんな嫌な思いするくらいなら、ツアーなんて参加しなきゃ良かったかも。。。

ハロン湾の時は、一人参加でも楽しかったなぁー。

ツアーって、楽しいものなんじゃないの?なんでこんなわざわざお金払って、嫌な思いしてんの。

 

しょぼーん・・・・

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

0

<sponsored link>







-旅日記, ベトナム, メコンデルタ

執筆者:


  1. TAMA より:

    色々

    あるとは思うけど、その程度の連中と思えば腹も立たなくなるし。。。

    自分も一緒に旅してるみたいで楽しんでますんで、これからの旅画ブログも楽しみにしてますヽ(´▽`)/

    適度にP(^^)q

  2. yamasei より:

    日本も偉そうに言えないけど、
    中国人も金持ってるなら、
    いつまでも日本にODA恵んで貰うのやめたり、
    自国の食えない奴に恵んでやれよと思いますね。
    貧富の差で国が崩壊するなんて言われてる国なんだからさ。

  3. くまさんのともだち より:

    しょぼ~ん(..)

    そんな人達、心の慰謝料払ってほしいわっ(-“”-;)。

    メコンの風で良~い気分だったのにっ!

    全然、話が飛んでも良いですか?(良いですかって、一方通行の文章じゃ、強制的に続いちゃうのね、ごめんなさいm(__)m)うちの近所のSEIYUで、ド、ド、ドリアンを売り始めたのです( ̄□ ̄;)!!まだ、熟してないから、“あの臭い”は まだですが、正気か!SEIYU!正気か!チャイナ!(あ、チャイナさんは正気でした。だから腹立つんでした(^^;、あ、もちろん一部のチャイナさんですが…)

    そういう人達にお灸を据える方法はないものか…。

comment

PREV
メコンデルタ 島に生えるフルーツの木々
NEXT
メコン川の上で、生まれた場所の空を思い出す

関連記事

タイ国境の町、チェンコーン

夕方4時ごろ、バンはタイ国境の町、チェンコーンに到着しました。   今日は、ここの宿で一泊します。 すでに、スローボードの日程に組まれているので、 ここはツアー会社が手配した宿。   今まで…

続きを読む

人生初のタイの夜行列車は、こんな感じ

夜行列車は、なんと30分遅れで到着しました。 ”安全に近づいているので、安心を” っていう放送が何回も流れるんですが、 だんだん周りにいる外国人達が、ヤキモキし出します。   「いったい、い…

続きを読む

夢の世界へ行く準備は出来ていますか?

ふらふらしながら、暗くなるのを待ちました。   だんだんと、とばりが降りてくると。。。 夜が綺麗な町、ホイアンはそれはそれはまばゆくて、まるで夢の中を歩いているようでした。 ランタン、好きな…

続きを読む

ウユニ塩湖の中のサボテン島

続いて、またまた新しい場所へと到着しました。 またまた、ウユニ塩湖にこんな場所もあるなんて、とちょっと驚きました。 遠くから見ると、まるで、無数のアルパカやリャマなどが、生息してるみたいに見える! &…

続きを読む

ウィハーン・プラ・モンコン・ボピット

再び中心地へ戻ってきました。 しばし、ふらふらしよう。 あ!市場があるので、行ってみましょう!! カラフル~なお菓子や麺が売られていました。 もし、タイに住んだりしたら、色々試してみたいものがたくさん…

続きを読む

重要!間違えやすいビクトリアピークへのバス

香港人気ナンバーワン観光地のピークトラムへ行くために、前回はすっかり間違えてしまったけど、もう一回バスで目指します。無事、見つけられるのでしょうか。。。

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link