旅日記 ポーランド ヴロツワフ

ヴロツワフの街で気分が沈んでまた上がって。

投稿日:2016-06-08 更新日:

バスは3時間ちょっと走り、クラクフから次の街へ到着しました。

ヴロツワフという、ポーランドの中でもまた大きな街です。





そしてこの街は、ポーランドの中で一番古い街なんだって。

ヴロツワフのバスターミナル

東南アジアの長距離バスの降車地みたいに、ここどこ?ってならないのがいいですね。

そして、降車地から更に乗り物を使わなくてもいいところにちゃんと降ろしてくれるのも先進国ならでは。

 

ターミナル内の狭い抜け道みたいなのを入っていくと、

事務所みたいのがあったので、そこのコインロッカーに荷物を預けました。

コインロッカー、数が少ないのと12ズロティー(340円くらい)もするので、あまり良くはないけど、仕方なしです。

 

でも。

お掃除のおじいちゃんが笑いかけてくれて、

まだクラクフで良いところを見つけられなかったので、気分が明るくなりました。

 

しかし、このヴロツワフでの一日が、

かなりしんどい一日となったのです。(´Д`;)

 

そもそもなんでこの街に来たかと言うと、チェコに行く途中にあった街だったから。以上!

 

ポーランドでもいくつか街を見たいけど、どこを見よう。

とりあえず、この街ついでに見ていくか。そんなノリだったのです。

 

よって、ここでの宿泊はとらず、夜には夜行でチェコに向かうスケジュールでした。

この判断が、ミスったというか、もうもう時間を持て余しまくりでしんどかったんです。

家なき子って、こんなにしんどいものかと思ったよ。。。

 

そんな暇人の、暇すぎてしんどい一日を、どうかご一緒にお楽しみください。

 

まずは、まだ楽しんでいた序盤からです。

まだ、そんなに人のいない駅前。

ヴロツワフは、タイのアユタヤみたいに川に覆われた街なのです。

で、そのオドラ川。。。。うん、川だ。

 

大好き。カモさん達。

 

 

この建物、なんか凄いですね。

 

どうでもいいんですが、

ヴロツワフには、この人のポスターがほんとにたくさん貼ってありました。

誰だか知らないけど。

なんか福山雅治かB’zの稲葉さんに似てるなぁって思って。まぁ、興味ないですけど。

 

私の好きなタイプの芸能人は。。。

って別にどうでもいいですよね。

いやちょっとでも、ネタになるかなぁと思って。

 

とかいうこと、言ってるあたり、バスを降りて、ものの1時間程度で、

すでに気持ちが退屈し始めてるの、わかっちゃいますね。

 

なんか、ポーランドの落ち着きすぎてる雰囲気に、言い方悪いけど飽きちゃったというか、

ヨーロッパならではの建物とか、もっと見たら感動すると思ってたんだけど、そこにも早くも慣れてしまって。

 

一人旅を楽しむってどうやるんだっけ?

 

なんか、そんなことを考え始めてしまい、ちょっと気持ちも落ち始めました。

 

で、なんか下向いて歩いてたら、突然通りすがりのおじいちゃんに、

 

「コニチハ!」(゚∀゚)ノ

 

って、元気に挨拶されたんです。

 

その明るさに急に引き上げられて、

ラオスのビエンチャンでの自分の後悔 と、勝手に落ち込んでたことを思い出しました。

 

自分の心は、自分でコントロールしよう!楽しく!とにかく楽しもう!

おじいちゃん、ありがとー!!

 

そのあとは、すれ違いざまに目が合った人と挨拶をするようにしました。

そしたら、この街、ちゃんと返してくれる人や微笑み返してくれる人が多くて、気持ちのいい街に感じました。

 

風景も、クラクフよりこっちの方が京都っぽい美しさだと思う。

 

よし、気を取り直して、行ってみましょう!!

 

この街を代表する教会、聖ヨハネ大聖堂への架け橋、オドラ橋

 

 

ここでも恋人たちが愛に錠をかけまくってますね。仙台‐じゅんさんに教えてもらったフレーズ。

 

 

聖ヨハネ大聖堂です。この教会凄い綺麗ですね。

ここの前で、たまたま写真撮影をお願いした観光者のお兄さんも、凄く気持ちがいい人で、

もちろんだよ!と言って撮ってくれただけじゃなく、 

別れ際に「Have a nice day!」って言ってくれて、凄く素敵でした。

 

中へ入ってみましょう。

やっぱり教会、落ち着くなあ~。

 

ステンドグラスも美しい。

 

これが、昔のヴロツワフの姿らしいです。

戦争でやられてしまったのを、現在また建て直したんですね。

これから、まだまだヨーロッパ旅は続くし、もっともっと、東欧、中欧の傷跡を知りたい!

 

しばしここでお祈りした後、再び街の散策に出かけました。

そしてまた、ちょっとしたハプニングありで、気持ちがどんどん沈んでいくのです。

 

お前の気持ちは、ジェットコースターか!!

 

 

つづく。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

 

0

<sponsored link>







-旅日記, ポーランド, ヴロツワフ

執筆者:


  1. 仙台-じゅん より:

    えっ( ゚Д゚)
    私のフレーズですか?(笑)

    おらい(仙台弁で「わが家」)の場合は、
    とっくの昔に、鍵を捨てられてしまったみたいですが…(-_-;)

  2. うしおクローバー* より:

    禍福は糾える縄の如し。

    こん○○は!

    女一人旅を頑張っていて、感受性があふれていて、人や動物への愛情が豊かで…そんなサヨさんのことが大好きですよ。

    …って、このコメントじゃ沈んだ気持ちは上がらないかなぁ。でも、色々あっても旅を楽しめますように、応援していますね。

    さ、日本の美味しいご飯を食べよーっと♪♪♪(笑)

comment

PREV
ヨーロッパ旅初のバス移動、クラクフからPolskiBus
NEXT
前向きになったら何か起きた・・・

関連記事

パクセーの村は懐かしい明りの色

スローボードは、パクセンの村に到着しました。 今日は、ここで一泊です。 この片道ツアー、意味わかんないのは、ラオスに入ったら放置気味というか、 しかも、2日目は自分で宿を探さなくてはなりません。 &n…

続きを読む

ほんとのチェンマイの夜を知らなかった

暗くなってきたので、カフェを出て再び旧市街へ向かいます。 ナイトマーケットへ行くのです!   サタデーマーケット、サンデーマーケット、 そして平日の夜毎日やっている通常のナイトマーケット。 …

続きを読む

ボリビアのローカルフードを紹介

ラパスの中心と言っても良さそうな、サンフランシスコ教会。 夕方になると、必ず現地の人達が集う場所ってあると思うんだけど、ラパスでは、この周辺にたくさんの人が集まるようです。 中へ入りたかったけど、閉ま…

続きを読む

アブダビ空港のサービス力に心躍る そんなトランジット

さあ、いよいよアブダビ空港に到着するのです。 朝食もしつこくジャパニーズセットを押し付けられたけど、 断固NOで普通の方をもらいました。 断ったのに、数秒後また勧められるという劇推しっぷり。 外国人の…

続きを読む

エアポートレイルリンクに乗ろう

初めての空港泊となりましたが、疲れには勝てず、 既に心を決めていたためか、気がつくとちゃんと寝られていました。 何分ほど経ったのか、 まるでサイレンを鳴らされたかの如く響いた、おばちゃんの声で起こされ…

続きを読む

行くぜ!南米!!

旅先で出会ったバックパッカーと語り合う時、 必ず出てくるのは、 「今迄、どこの国に行った?」 から始まり、 「この旅が終わったら、次はどこへ行きたい?行ってみたい国は?」 そう。 行ってみたい国。 &…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link