旅日記 ベトナム フエ 長距離バス

バスの車窓から見えたダナンの景色

投稿日:2014-04-27 更新日:

さあ。新しい町へ行きましょう!

 

なんだかイライラしたまま過ごしてしまったフエでしたが、

未練もやりのこしたこともありません。

 

しかし。。。

移動する日だっていうのに、外はかなり雨が降っています。

晴れていると汗をかくくらい暑いのに、雨だとパーカーを羽織っても寒い。

 

この気温差、体に悪いです。

でも、暑くて雨が降っているってのが、一番最悪パターンかな。

 

フエから次の町、ホイアンまでは、バスで4時間。

久しぶりにこんなに短い移動です!!(゚∀゚*)

 

宿へは、ピックアップに来るって言う話だったのに、カウンターに電話が来て、

大通りまで出てきてほしいとのこと。

ここにバスが停まるから、ここで待っていてと地図をかいてもらい、

そこへ行きます。





しかし、大雨でしんどい。

そして、待てども待てどもやっぱりバス来ない。。。(´・ω・`)

 

もう一度ホテルへ戻って聞いてみても、

「ごめんなさいね、バスは来るから待ってて大丈夫。」

と言われました。

そう言われても、この雨の中、どんだけ待てばいいのさ。。。

 

この屋根もない外で濡れて待つのもしんどいし、

指定された待機場所の前のレストランの人に聞いてみると、

すぐそこに、バスの会社があるから、そこで待つように言われました。

なんなの、、、このたらい回しシステム。。。

 

とりあえず、その会社の屋根の下で待ちます。

しかし、食べること放棄したっていうしんどかったラオスを抜けて、ベトナムに来てからというもの、

食べられるものがたくさんで、ありがたく食べているものの、

旅も長くなってきて、色々疲れも出てきているらしくて、

毎日のように、何かしらの薬を飲んでいる状態です。

 

今日も、朝から胃が痛い!(>_<)

やっぱり、薬飲んでおこうかなと、バックパックから取り出し、

口に入れたところで、男の人が「ニューライフホテルに泊まってる人?」と来ました。

あまりのタイミング過ぎてむせそうになったし。

 

バスの乗務員でした。

でも、あー、良かった。一安心。

 

雨の中をまた小走りに走って、バスに荷物を預けます。

別の乗務員に、「質問だ。君はどこへ行くんだい?」と言われ、「ホイアン?」と答えると

「正解!ようこそ、ホイアンへ。」と言って、荷物を受け取ってくれました。

 

謎。(笑)

 

久しぶりにスリーピングバスではない普通の車内です。

そしてそして、今回のバスも日本人が!ベトナムは日本人にたくさん会えますねー。

今日の移動は短いからそんなに不安はないけど、やっぱり安心感があります。


「日本人でしょー?」と声をかけてくれました。

二人旅のおじちゃん達でした。

 

雨はやっぱり止まない。

でも、車内はエアコンがガンガン。暖房っていう選択は東南アジアにはないんでしょうね。。。

 

フエ → ホイアン のバス移動の車窓から見える景色は、とっても綺麗でした。

まずは、トイレ休憩でちょっと寄った食堂で、


すぐそこには、海が見えていました。

 

ほらっ!!

あ、、、

私のカメラも天気最悪ですね。。。(・Θ・;)

水平線が写ってるのわかりますでしょうか???

 

そして、再び走り出すと一つ目の停車場、ダナンの海が広がります。

天気はやっぱりあんまりだけど。

 

半分くらいの人がダナンで降りて行きました。

白人さんが多かったかな。

 

清々しそうな町だ。

 

で、なんだあれは!?ってものが目に飛び込んできます。


ダナンに最近完成したのだというドラゴンの形をした橋!!

これ、ほんっとうに火も吹いちゃうらしいですよ!!

ちょっと見てみたいかも!

 

ベトナムっぽい海が再び見えます。


まさにリゾート地って感じですね~。( ´ー`)

そういえばニャチャン、ずっと行きたかったのに、行けないんだよー。今回も。。。

とりあえず、この車窓の景色だけで満足するしかない。。。

 

ってことで、フエからの移動は、絶対バスの左側の座席がおすすめです!

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

<sponsored link>







-旅日記, ベトナム, フエ, 長距離バス

執筆者:


comment

関連記事

インディオ市場でアルパカを

おい!洒落っ気もないバックパッカーが、 ”ティファニーで朝食を”みたいに、 気取って言うなって突っ込まれそうですが、 ついに一緒に日本へと連れて帰るアルパカに遭遇したのです。   マスター!…

続きを読む

クスコ。辿り着いたら、素敵でしんどい町だった

バスは、AM11時ごろ、クスコのCruz del Sur社バスターミナルに到着。   この怒涛の移動続きの日々にようやく終止符が打たれます。 とにかく、ベッドに飛び込みたい。 ちゃんと横になりたいのだ…

続きを読む

これで最後!アルゼンチンBBQパリジャータ

とんだハプニング続きだったプエルト・イグアスも、 とうとう最後の夜になりました。   すっごい大変だったけど、アルゼンチン北部の町は、本当に親切でフレンドリーな人が多くて、 このプエルト・イ…

続きを読む

フエの名物料理 ブンボーフエ

ぐーーーっすり寝ました。 ひたすらバス移動からドミトリー。気を抜けない睡眠が続きましたが、久々の個室。 ホテルは静かで、かなりいい感じでした。   午前中は洗濯をしたり、調べ物をしたり、部屋…

続きを読む

マリエン教会で人形達に出迎えられる

ネプチューン噴水広場のすぐそばには教会があります。 マリエン教会 そんなに目立つわけでもない、大きくもない教会なんだけど、 今も礼拝が行われている教会としては、ベルリンでは最も古いゴシック様式の教会な…

続きを読む

旅スタイルを注意され、ぶーたれる。そしてウユニへ!

街に帰ってきました。 そういえば、チョリータさんの長ーい三つ編みって、背中の下の方で二つを結んでるんです。   日本にはないスタイル! これもこういう結び方だけじゃなくてね、色んな結び方があ…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link