旅日記 ペルー クスコ マチュピチュ

祭りのあとのような帰り道

投稿日:2017-09-24 更新日:

そろそろ帰りの電車の時間になったので、駅へ向かいます。 

マチュピチュ村の駅では待合室があるので、そこで電車の到着を待つこともできます。

 

 

で、椅子に座ったら、私が好きな、南米の民族楽器のショーが始まり、すっごいラッキー!!

これ、毎日やってるのかな??わかんないけど。

 

ケーナを吹くおじさん。

ああー、南米旅が終わっちゃうなー。

ここまで来ることができて、無事行けて、一安心だけど、やっぱりせつない。

この音も遠くなって行っちゃうんだなー。

 

という、ジャパニーズ女の心のうちなんて、誰も知るわけもなく、すっごい人人人!!

すっごい賑やかです。はい。

 

再び、来た時と同じ列車、インカレイルに乗って、帰ります。

雨は止みません。

でも一人、楽しかったのを思い出してにやけるいつもの帰り道。

 

その後は、もう発車したのも記憶にないくらい、

すぐに気を失うように眠りこけ、再び凄い揺れで、目を覚ましたら、

この車両の乗客みーんな、爆睡してました。

視界に映る人みんな、誰一人起きていませんでした。笑

 

来た時は、あんなにも夢中でみんな車窓の景色を写真撮っていたのに。

そんな私もまさにその一人でしたが。

 

音も電車の音以外の音は何も聞こえなくて。ましてや人の会話も。

なんか、みんな睡眠ガスを吸わされてすっかり眠らされたみたいな、サスペンス映画の1シーンに入り込んだような不思議な感覚でした。

まあ、マチュピチュ帰りは疲れ切ってるよね。

 

来た時と同じく、帰る時も、ドリンクとスナック菓子のサービスがありました。

激しい揺れで、激しくむせたのが、帰りの列車の唯一の思い出であります。


 

オリャンタイタンボ駅にも帰ってきたぞー!!

この通り、すっごい人で、ここからは、自分達の乗るバンを見つけないといけないのですが、

これまた大苦戦。

 

リンカさんの話だと、紙に名前を書いた人が待っているから大丈夫ってことだったけど、

いないんですけど。。。おろおろ。。。(゜д゜;)

 

タクシーやコレクティーボ、乗合バンの人は山ほど声をかけてくるし、

その紙を持った人も山ほどいるけど、どれも私の名前は見当たらず。。。

少し歩いてみたけど、やっぱりいなくて、もう一回戻ってみたら、

さっき声をかけてきたおじちゃんが、電話してやるよ!と親切に言ってくれて、 

ツアー会社に問い合わせてくれました。

 

で、ちょうど近くにはいたらしく、なんとか無事に迎えの人に会えて一安心。

けど、どういうわけか、その人がおじちゃんに何かお願いしていて、

私とゴロー丸は、結局おじちゃんのバンでクスコの町まで帰ることになりました。

 

「じゃあ、私達、助手席乗ってもいい??」

「OK!OK!あと2人くらいで満席になるから、そしたら出発するから、乗って待っていなさい。」

 

まあ、お金が更に発生するわけじゃないし、車のグレードは下がったけど、

助手席乗っていいよって言ってくれてラッキーだったんで、これは僥倖なんだということにしよう。

ゴロー丸は、不満みたいだけど。

 

これも、パチャクテク王だと思うんだけど、

オリャンタイタンボのパチャクテクさんは、ちょっと何て言うかそのー。。。

コメディ感があるというかー。。。

 

出発しても、相変わらず雨は弱まってもすぐにまたどしゃ降り状態だったけど、

それでもやっぱり、朝は暗くて見えなかった山間の景色が素晴らしかったです。

 

山岳地帯に暮らす人達の生活も見られて、

アルパカを連れて歩いている女性、素朴な山のてっぺんの村、何かの儀式的光景、

どれもまた新鮮で、眠気と闘いながらも必死で見ました。

そして、どしゃ降りに加え、どんどん夜のとばりが落ちてきて、すっかり暗くなって、

窓のフロントガラスも曇りまくってきて、

これ事故らない?大丈夫??と、かなりどきどきする状態になり始め。。。

 

おじちゃんがおもむろに真ん中に座っているゴロー丸に、

そこにタオルが入っているから、それでフロントガラスを拭いてほしいと言い、

真っ黒に汚れきったタオルに、触るのをひるみながらも、安全には変えられないので、

ゴロー丸は、到着するまで必死でフロントガラスを拭き続けました。

もはや、助手席バイト。笑

おじちゃんは、申し訳なさそうにしてたけど、ゴロー丸は、自分が拭くのをやめたら、

事故る!!と、本気で怖かったらしい。

 

そのくらい、どしゃ降りも続きました。

そして、PM6:00、バンは無事に、クスコに到着。

乗合バンの到着場所は、サンフランシスコ広場の方でした。

結局、クスコに着いてもなお、すぐに雨が凄い勢いで降り出し、

レインコートを取り出して着ました。


マチュピチュ山を降りるまで降らなかったなんて、本当に奇跡みたい。

 


今日の夜ごはんは、宿の人に教えてもらった大きなスーパーでお持ち帰り。

ポロ(チキン)と、ポテト、ご飯も大盛りで凄く安い!!

マヨネーズとケチャップもつけてくれたよ。

 

でもって、無性に食べたくなったバナナチップスとなんかお菓子。各1ソル。

ここで、安易なミスをした者より、参考になればのバナナチップスについての注意点なのですが、

ペルーのバナナチップスは、サラダ味とドルチェ味が売られています。

サラダ味を選んだら、まんまと知っている味ではなく、塩のポテトチップスみたいな味だったので、

ここ注意です。

あまくなーい!!(´・ω・`)ってなったんで。


おおっと、そんなミスすんのおまえくらいだよって感じっすね。

 

そして、この後のペルーでのルートは、リマに行くまでは、他の町にも寄らず、

すっかり居心地が良くて好きになったこの町、クスコでゆっくり過ごすことにしました。

 

イカとかいいよって勧められてたけど、クスコに居たくなったんですよね。

でもって、インカにも行きません。

受付のお姉さんに延泊をお願いしたら、3ドル安くしてくれてラッキー!!

 

で、ここで、とある小事件が。。。

 

ゴロー丸さん、なぜか持ち歩きかばんに、シャンプーリンスを入れて歩いていたらしく、

それが、マチュピチュでの気圧のせいか、自ら潰したのか、なんなのか、

中で破裂してたらしくて、あらゆるものがシャンプーまみれになっていて大変でした。

カメラレンズも。イグアスの滝に続いて、まったくカメラハプニング多い。

私の友達は、ケチャップ強盗ならぬ、シャンプー強盗にシャンプーかけられまくったらしいけど、

ゴロー丸は、自分でシャンプーをかばん内にぶちまける男です。

あーあ。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

 

0

<sponsored link>







-旅日記, ペルー, クスコ, マチュピチュ

執筆者:


  1. ぐるくんのからあげ より:

    さすが南米

    さすが南米ですね。

    景色が全然違いますね。

    ゴロー丸さんのシャンプー事件も笑いました。

    いろんな出来事が起こるので旅はおろしろいですね。

comment

PREV
マチュピチュ村を歩こう
NEXT
ベイビーアルパカを抱っこするとこうなる

関連記事

ただいま!!クラクフ

空はすっかり晴れ渡り、 戻ってきたポーランドに歓迎されていると思いきや、   この天気。。。   で、再び土砂降りに見舞われました。。。 やっぱり、ポーランドには歓迎されないのか。…

続きを読む

プノンペンの王宮を散歩する

博物館を出て、再び呉さんのバイクの後ろに乗り、 独立記念塔などを通って、目指すは王宮です。 かつて、カンボジアはフランスの植民地でした。 1953年に独立を宣言すると、やがて独立を記念して、5年後の1…

続きを読む

九份のてっぺんにて想いを馳せる

九份到着ということで、かなり高まります。 だって初九份でしたから!!   さあ、いきなり大嫌いな階段のお出ましです。 なんで、素敵な町って呼ばれるところって、階段地獄なんでしょうね。 見晴ら…

続きを読む

この旅最後のバス移動クスコからリマ

今回も使うバスは、Cruz del Sur社です。   ひとまず、バスステーションで待っている間にお腹が空いたので、 売店で軽食を食べました。   エンパナーダ プリングルスのPo…

続きを読む

香港旅の始まり

いよいよ、香港旅出発です。。。が、テンションMAXで出発させてもらえないのが、だめだめなところ。体調不良に富士山に、それでも読んでくれた方が旅気分になれる香港旅を目指します!

セドレツからムニュストへ。そんな線路ってあるんですね!?

ずっと来てみたかった念願の墓地教会も見られたことだし。 この居心地のよかったセドレツも後にしましょう。 ほんとは、こんな何にもない田舎町で、のんびりしたかったけど。 時間も限られています。   なんか…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link