旅日記 タイ アユタヤ

VSビンとの戦い激化

投稿日:2014-02-09 更新日:

今日も朝から、ビンの扉ノック攻撃で目が覚めました。。。

もはや、攻撃です。。。(-゛-;)





そして、Facebookのメッセージも恐ろしい量になっていて、

もはや読んですらいません。

 

はぁ。

今日こそは、すぐそこの世界遺産を見に行きたい。

 

奴は今日、バンコクへ行くと言っていたなー。

だとしたら、動くのは午後の方がいいかもなー。

よし、午後までひきこもるか。

 

なんて考えていたら、またしてもノックが。。。

 

でも、いつもと叩き方が違います。優しい音です。

続いて、女性の声がしました。

 

そ~っと開けてみると、宿の奥さんでした。

 

「チャイナ系の男の子知ってる?昨日までそこの部屋に泊まっていたんだけど・・・」

 

し、、、しってまーす。そりゃもう。。。

 

「さっき来て、あなたの事聞いてきて、手紙を渡すようにたのまれたの」

 

なんてこったい。

宿の人にまで迷惑がかかり始めた!!

 

これがもう、旅先で出会った可愛らしい二人の微笑ましい恋のやりとりとかだったら、奥さんも、この宿が国境を超えて繋いだ恋のキューピットだなんて思って嬉しい事だろう。

しかし現実は、私とビンだ。

 

可愛らしいのかの字もないような、その日暮らし状態の旅人女と、

挨拶しただけで、なんか勘違いしてストーカーしまくってるシンガポール人男。

 

とにかくもう、全部奥さんに話しました。

奴がしたこと全部。出会ったその日の夜から、ドアを叩かれまくっておびえていること。

 

「私、彼が嫌い。会いたくないんです。」(´□`)

 

正直、タイの女性は、こういう状態をどんな風に観るんだろうって不安だった。

勝手に出会った旅人同士のいざこざを助けてあげようだなんてめんどくさいこと、巻き込まれたくないに決まってる。

でも、私の話を真剣に聞いてくれた奥さんから返って来た言葉は、

 

「わかったわ!また一時間後に来るって言ってたから、あなたはもうチェックアウトしたって伝える!あなたの気持ちわかるの。だって、私達、女同士だから!」(`・ω・´)

 

お、奥さーーーーん!!!

なんていい人!!

 

でも、とりあえず手紙は読んでみたら?と言われたので読んでみました。

コンビニの袋に入った紙の束、それは、

なんかのパンフレットの片隅の空白に、番号付けで10枚くらい。。。

 

1枚目を読んでみる。

 

”ぼくたちの恋は、どこかで間違ってしまったようだ。最初からやりなおしたい

僕は君が好きだ”

 

そうなんだ。

 

 

きゅん。。。

 

(´_`。)

 

 

 

なんてなるかーーー!!!

 

 

何が、”You and me”だぁ?”always in my heart”だぁぁぁ?!!!!

間違ったっぁぁぁ?!!!!!

なにもはじまっちゃいないぞ!!!!!!!

やりなおすってそもそもなにをだぁぁぁぁ???!!!!!!!

しかも、パンフレットの空白のラブレターって、なめてんのかぁ!!!

 

 

これが、同じ言語を話してたら、めっちゃめちゃに苦情を入れて、駄目だししまくってやりたい怒りにかわれましたが、

私の今の英語力で、怒りの全部を伝えきれる自信がないので即諦めましたが。。

 

やっぱり、変な奴に声かけちゃったー!

私の馬鹿ーーー!!(´□`。)

 

って、これ10枚も読んでられるか!

もう、これ誰かに話したい!全部話して愚痴りたい!!!

 

どうしようもないくらい憤りにいっぱいになったとこで、再び奥さんが来て

 

「読んだ?どう?」

「いや、アイムフィーリングタイアードです。。。」げっそり

 

「じゃあ、これ返してあなたはもういないって伝えるからね。いいわね?」

 

 

もう、幻滅通り越して、嫌悪感でしかないです。。。

そして奥さんへは、申し訳ないです。本当に。

 

とにかく1時間後に来るのか。。。

早く支度して出かけなくちゃ、外へ出られなくなる。

 

そうだ!変装しよう!

今のところ、一度も使ってなくて、なんだかんだ邪魔かもって思ってたサングラスがここで役に立つ時がやっていました。

 

完全に服を変えて、サングラスをして、パーカーをかぶっちゃえば、

ほらっ。

もう私だってわかんない!

※あ、部屋が散らかり放題なのは、慌ててたんです。ほんとに。いや、ほんとに。。。

 

タイでなにやってんだろうなー。私。

 

しかも、こんな怪しい格好までして。。。

 

なにはともあれ、身なりにも構ってる場合じゃないから、でかけよーっと。

 

ドアを再び、そ~~~っと開けると。。。

偶然、通りかかった宿の旦那さんが、

 

”ダメダメダメ!!!今、受付に奴来てるから!!!ヽ((◎д◎ ))ゝ”

と、ジェスチャーで伝え、慌てて扉を閉めました。

 

 

。。。。

 

。。。。。。

 

 

ど・よ~~~~~~~~~~ん。。。。。。。。。

 

先越されてたみたいでーす。。。私、今日、インドア生活決定。。。。

 

 

しばらくすると、また奥さんがやってきました。

 

「彼に、あなたはチェックアウトしたって伝えたのに、信じない!って言うのよ。しかも、ここで待つって、受付を離れないの。200B出すからあなたに会わせろって言ってきたのよ!

ちろん、断ったわよ!!彼、クレイジーね。悪い奴だわ!あなたはいないって部屋見せて追い出すから、隣の部屋へ移りなさい。早く!」

 

なるほどー。

私って、200バーツの女ですかー。安っ。

と、そんな苦笑いしている場合でもない。

 

そして、私は隣の部屋へ隠れ、奥さんと旦那さんは私の散らかしっぱなしの部屋から荷物を運んでくれる。

もう、奥さんと旦那さんに迷惑かけっぱなし。。。

 

知らない人とでも、挨拶!

なんて考えてた、私の軽率な行動がこんなことを招き、

関係のない人にまで迷惑をかけ、

なにやってんだろう、、、ほんとに私。。。

 

しょぼーんとしてベッドに座っていたら、再び奥さんがやってきました。

 

「彼をトイレに行かせたから、今のうちに外へ出なさい!」

 

奥さん!!!(;_;)

もう素敵過ぎる。

 

そして、奥さんは先頭を歩いて、私をかばってくれながら入口へ送り出してくれました。

 

「彼は、午後バンコクへ行くって言ってたから、遅く帰ってくるのよ!

ちゃんと、寺とか見てきなさい!また、あとでねー!!!」

 

もう、私はありがとうとごめんなさいを繰りかえすしか、言葉がなく。。。

 

それでも、トンチャイゲストハウスの二人のおかげで、無事に外へ出られたのでした。

 

 

もう、ありがたさと自分への情けなさでいっぱい。。。

 

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

0

<sponsored link>







-旅日記, タイ, アユタヤ

執筆者:


  1. shadow)^o^( より:

    (+_+)お元気ですか?とゆぅか…いろいろな事が起こり!? 宿の奥さんや旦那さんに迷惑を、と気にしてましたが。旅は道連れ世は情けと言うから!全く気にすること無い無い(^_^)♪ 変装姿…たくましく感じましたょ(笑)♪♪ 手紙も意味不明だけど。。まずは無事に脱出できたのは…読んでてホッとしましたぁ、旅先の素敵な写真ありがとうございます♪毎回楽しみにしてマス♪♪ 日本は全国的に大雪ですょ(ノ><)ノ…気をつけて旅の無事をお祈りしてます。。

comment

PREV
タイの夜行列車のチケットを買いに行こう
NEXT
ワット・ラーチャブーラナ

関連記事

アメリカンエアラインに乗っていこう

AM4:00起床。 眠すぎるけど起き上がります。   と同時に、部屋の電気が付き、テンション高いゴロー丸が、 「昨日はごめんね。楽しんでいこう!!」(゚∀゚*) 結局こうなります。 &nbs…

続きを読む

夢の世界へ行く準備は出来ていますか?

ふらふらしながら、暗くなるのを待ちました。   だんだんと、とばりが降りてくると。。。 夜が綺麗な町、ホイアンはそれはそれはまばゆくて、まるで夢の中を歩いているようでした。 ランタン、好きな…

続きを読む

リマの高級住宅地サン・イシドロ区

いつも旅の最後は、ちょっと豪華な宿に。。。   ってことで、ゴロー丸にまかせたら、私の選択範囲を遥かに超えて、 バックパッカーには不釣り合い過ぎるホテルになりました。   私の一人…

続きを読む

ネパール陸路入国でインドの呪い

バラナシを出発した夜行バスは、ガタンゴトン道を走り続けました。 乗って来たバス。 そして、国境についたと起こされました。   眠い。 でも、空はすっかり明るくなっていました。   …

続きを読む

クウェー川鉄橋で出会った”今”

かなり大きなにわとりの声で目を覚ましました。 うーん。健康的! 今日は、めいっぱい観光をします。   宿を出てすぐ目の前にあるレンタルサイクリングで自転車を借ります。 ちなみに自転車を借りる…

続きを読む

ラパスの人間くさい日常が溢れる市場を歩く

天まで続いてるんじゃないかと滅入るくらいの階段を登って、 息を切らしながら、辿り着いたサンデーマーケット、地元民のロドリゲス市場の景色は、 思わず、立ち止まってしまうくらいの地元の風景すぎて素敵でした…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link