旅日記 アメリカ マイアミ

マイアミおまけ

投稿日:2017-05-12 更新日:

天国のビーチを去り、マイアミの街を歩いてみることにしました。

マイアミブラリです!!

いやもう、リゾート地ですね~。





もちろんホテルなんかは、基本高そうな、バックパッカーには縁遠いホテルが多かったですが、

なぜか、サンリオキャラクターが、入り口付近にたくさんいたホテルが気になりました。

 

なんでしょうねぇ???

サンリオとのホテル??

 

でも、生徒にもいるけど、欧米系の人で、キティLOVEな人多いから、妙な納得感。

 

でもね、よーく近づいて見てみると。。。

 

泣いてるんです!!

なぜに!

なんの意味があって!?

泣いてることに、”???”でいっぱいになりました。

 

都会な、街中。意外に、夜になると治安よくないらしいです。

 

南国ならではの子、見つけた!! 

 

途中にあったお店で軽く日用品なんかを買い物したんですが、

シーズーさんのボールペン見つけた!!一目ぼれで、即購入!!毛の長いシーズーバージョンもあり!

色んな犬種のボールペンが売られてて、可愛かった!マイアミ土産にはうってつけです。

 

あとは、旅の長距離移動に欠かせない、クッキーも。

これに当分、活躍してもらおう!!

ちなみに味は、とっても甘くて、なぜかしょっぱい。

 

再び、150番バスで空港へ戻り、お腹が空いたので、

せっかくアメリカにいるなら、ジャンクフード食べよう!!ってことになりました。

 

ハンバーガー&ピザ

いやもう、見た目からしてやばいですねー。

おいしそうで、カロリーものすごそうで。。。

 

このピザ、すっごい味が濃くて、しょっぱかったです。

ジャンクフード生活の幕開けです。

 

そして、猛烈な睡魔に襲われて、次のフライトまで眠りこけました。

マイアミと日本の時差、13時間。日本は真夜中もいいとこ。

もうずーっと、マイアミビーチ散策中も、もやもや眠たかった。

フライト搭乗時間が来て、眠い目をこすりながら乗り込みました。

 

今度の飛行機は、左右に3:3の座席割り。

 

すぐに機内食が配られました!

さっさと食べてたっぷり寝なさいってことですね。ありがたい。

 

今度の座席は、後ろに誰もいなくて快適だったので、

もう、再びぐっすり寝ました。おかげで、嫌いなフライト時間もあっという間でした。

 

そして、7時間のフライトを経て、次の国へ。。。

ひたすら眠いけど。

ひたすら、心が躍るよ!!

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

 

0

<sponsored link>







-旅日記, アメリカ, マイアミ

執筆者:


  1. かみぞー より:

    ☆ その… ☆
    キティちゃんが泣いているのは、
    眼をくっつけた接着剤が溶けて流れているのか、
    眼自体の顔料が流れているような感じなので、
    気にされる事はないですってぇ~。

    あれ、まともなコメントで終わってしまった。

comment

PREV
天国の海岸ってマイアミの海のことだったんだ
NEXT
はじめまして、ボリビア!大好きです!!

関連記事

激動のアユタヤの日々が始まる

いよいよ、カンチャナブリーともお別れです。 アユタヤまでは、ミニバスで移動することにしています。 2日前に、近所の旅行会社で予約をしておきました。   受付には、可愛らしい女の子達が3人いて…

続きを読む

そして旅の仲間は解散した

朝、8:30起床。   いよいよ、今日はチェンマイへ出発する日です。   支度を済ませて、下へ降りて行くと、既にもうカツさんもヒロシさんも 起きてのんびりしていました。 &nbsp…

続きを読む

スーパーのブッフェ、ペルー料理に感激!

怒涛の移動続きを乗り越え、やっとリマへ到着。 そしてここからは、やっと目的地までの最後の移動、クスコへ向けて、 再び24時間バスです。 ってことで、バスに乗る前に、 食料を備えるため、Crus del…

続きを読む

いよいよ旅へ

東南アジア旅への出発。長い長い旅の始まり。バックパッカーデビューです。どうなることかわくわくドキドキ。

旺角の花墟道とバードガーデン

九龍公園から歩いて旺角の花屋通りとバードガーデンにやって来ました。ひたすら花屋が並ぶ通りはとっても華やか!しかも安いんです。そして、花屋のすぐそばにあった道を行くと。。。

恋人たちの公園、ミラフローレスの岬

サン・イシドロ区から、40分くらい歩いて到着したのは、 ミラフローレス地区の海岸です。 リマの中でも、おしゃれだと言われているこの辺りは、 恋人達にとっても絶好のデートスポットのようです。   なんて…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link