ネパール カトマンズ ポカラ 長距離バス

【2019年版】カトマンズからポカラへのバス

投稿日:

まだまだインフラなどの整備としては、これからの国ネパール。

その中でも特に人気の街、カトマンズとポカラを移動する時の長距離バス情報です。




※ガイドブックのカトマンズのバス乗り場は2019年現在、変更になっています。

これが特に要注意です。

せっかくチケットを手に入れていても、朝乗り場に行って、

ここじゃないでは、意味がないです。

 

チケット料金

カトマンズでもポカラでも、宿泊先の宿や街中のツアーデスクなど、

あらゆる所でバスの事前予約が可能。

料金は、バスのグレードによって異なりますが、

スタンダードなツーリストバスは、

700ルピーから1000ルピーくらいの料金のようです。

(日本円で708円~1011円くらい*2019年4月)

 

で、そのスタンダードツーリストバスは、特にその300ルピーの中では、

グレードやサービスに違いはないので、バックパッカーとしては、

できるだけ安いデスクでチケットを買いたいところですね。

 

ちなみに私は、宿でバス停までの送迎付きで1000ルピーだよと言われて、

出発時、送迎をバックられると言う、若干詐欺まがいな事に遭いました。

→その時のエピソードはこちら(更新中)

 

料金は、カトマンズ → ポカラ でも、ポカラ → カトマンズ でも同じです。

VIPバスだと、1500ルピーから上は2500ルピーまであるようです。

こちらは、車内にトイレ付、途中の食堂でランチ付きのようです。

乗っていないので乗り心地の違いはわかりませんが、

2つの都市の移動時間は、片道7時間ガタガタ道なので、

長距離バスに慣れていない人、ちょっといいバスがいい人は、

そちらのバスで予約をするのをおすすめします。

 

ちなみにこれらはツーリストバス料金。

2つの都市は、ローカルバスも走っていて、普通のバンのような車の、

ミニバス、マイクロバスで移動するそうです。

こちらは、ネパール人が使うバスなので、

中はぎゅうぎゅうになって向かうことになるそうです。

なので、大きい荷物は迷惑がられるとか。

タイミング良ければガラガラで快適かも?

ローカルバスだったら、350ルピーから550ルピーとのこと。

事前予約はできないので、当日バス乗り場で買うそうです。

 

カトマンズからポカラへのバス乗り場

カトマンズでは、だいたいの人がタメル地区に宿泊すると思いますが、

タメル地区の中心部からバス乗り場までは、余裕で歩いて行けます。

なので、私みたいにバス乗り場は遠いよと騙されて、

高い料金で買わないように要注意。(^_^;)

だいたい、タメル・チョーク辺りからでも、

私の短い足で30分かからなかったくらいです。

 

特に注意なのは、バス乗り場。

現在、元のバスターミナルは、改装工事中なので、

ガイドブックによっては載せている情報が間違っているので注意。

2019年現在、バス乗り場はここ。

だいたいタメルの中心部のお店が並んでいるエリアを抜けて、

レクナート・マルグ通りという大きい道路に出ると、乗り場まですぐなのですが、

その大通りからは見えないので、当日の朝は、若干迷いました。

 

が、タメルからはポカラのバス乗り場に行く外国人や、ネパール人もたくさんいて、

大きな荷物を持った人達がバス停を目指しているので、

その人達と一緒に行くと、迷わないで済むと思います。

万が一、誰もいなくても、タクシードライバーとか地元の人に聞けばすぐわかるはず。

ネパール人は優しいのでちゃんと教えてくれます。

 

乗り場は、ターミナルみたいに大きな広場とかにはなっておらず、

普通の地元のお店が並ぶ大きな通りに、ずらーっとバスが一列に並んでいます。

そこには、たくさんの係員の人達なんかが、

自分のバスの客なのか確認するために、向こうから声をかけてくれて、

違うバスだとあっちだなどと教えてくれるので、自分の乗るバスを探しましょう。

ツーリストバスは、当日券ももちろん余っていれば買えますが、

もし余っていなかったらということを考えて、事前予約をおすすめします。

 

☆ローカルバスは、乗り場が異なりますので注意!

 

バスの中

すっごい乗り心地最高!ってことはなかったけど、

旅慣れていれば、普通に苦もなく乗っていられます。

 

ただ、冬などは車内すっごい寒いし、窓からの隙間風も容赦ないので、

寒さ対策はしっかりしていくといいと思います。

もちろん、ブランケットは配られません。

席は、予約時にあらかじめ席を決められる指定席制です。

予約する時に必ず、好きな席を予約してもらうこと。

 

私は酔いやすいし、景色が楽しめる窓側席が好きなので、

いつも窓側席派ですが、おすすめは、リバーサイドと呼ばれている、

川側の席です。

左右の席で、川側か、土手側(山肌側)かになるのですが、

川側の席が本当に眺めがいいのです。

晴れていると、遠くにずっとヒマラヤ山脈が見えていて、

川沿いの景色なども興味深いです。

カトマンズを出る時晴れていなくても、きっと途中で晴れる場所はあるはず。

 

ただ本当に、山の中、川側の崖の上をずーっと走っていくので、

途中横転したバスが川岸に落下しているのが見えたり、

ずっとガタガタ道なので、景色がいい分ちょっと怖いってのもありますが。

土手側は、何も見えないのでその分、平和ではあります。

 

こんな感じの山の中をいくつも超えて行きます。(左下に見えるのが道)

リバーサイドは、カトマンズ → ポカラは、右側席、

ポカラ → カトマンズは、左側席になります。

 

出発するとすぐに、ペットボトルの水を配ってくれるのがありがたいです。

トイレ休憩は、サービスエリア的な小さな売店のような所に停まってくれます。

本当に頻繁に停まってくれるので、3回ありました。

そのうち1回は、ランチ休憩があるので、少し長めの滞在です。

ランチは、ブッフェ式のようですが、もちろん別料金なので食べるも食べないも、

自分次第。街中よりもちょっと高めのようです。

 

ポカラからカトマンズへのバス乗り場

ポカラからも、ツーリストバスとローカルバスが走っています。

料金の条件はカトマンズからのバスと一緒で、乗り場もまた異なります。

 

ポカラ → カトマンズはちゃんとバスターミナルがあります。

ポカラの街はだいたい、外国人が滞在するのは、

ダムサイドと呼ばれるダム側と、レイクサイドと呼ばれるフェワ湖側になると思いますが、

バスターミナルは、ダムサイド寄り。

 

バスターミナル入口。

カトマンズから来た時は、予約した宿の人が迎えに来てくれていたり、

バスを降りた途端、凄い勢いで営業に来るホテルの客引きとの交渉で、

宿まで連れて行ってもらえることが多いと思いますが、

どっちにしろ、タクシーなどに乗らなくても、

レイクサイドまで歩くのは、バックパッカーなら充分可能です。

 

ポカラは、小さな町だし、トレッキングする人も多いと思うので、

きっと、登山帰りにはますます歩く自信もついていることと思います。

 

ちなみにツーリストバス乗り場はここ。

オレンジの太線の辺りが、レイクサイドで宿が多い場所になります。

私もレイクサイドに滞在していましたが、ツーリストバス乗り場までは、

徒歩30分くらいでした。*再び私の短い脚で、です。

 

ちなみに一応、レイクサイドは、ローカルバスも走っているので、

タイミングが合えば、そのバスを使ってもいいと思います。

 

旅人にとって、一番っていうくらいわくわくするのは、

長距離バスなどに乗って、新しい町へ移動している瞬間と言ってもいいと思いますが、

同時にうまく移動できるのか不安になるのも、長距離バスならではだと思います。

特に、まだまだ移動の交通手段が少ないネパールは凄く心配になるとは思いますが、

個人的に思うのは、ネパール人は凄くフレンドリーだし、優しいとも思うので、

ネパールの旅は、きっとうまくいくと思います。

 

現地の人は、日本人観光客は凄く少ないと言っていたので、

ぜひ、フレンドリーで楽しくて、まだまだ発展途上だけど人が温かいネパールに、

どんどん旅人が増えるといいなと思っています。

 

他の記事含め、疑問などがありましたら、問い合わせフォーム、コメント等で、

お気軽にメッセージください。

 

ネパールの旅日記本編は、アメブロにて更新中。↓

一回目のネパールは、こちらのHPに移行中です。

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

<sponsored link>







-ネパール, カトマンズ, ポカラ, 長距離バス

執筆者:


comment

関連記事

中欧バス移動の窓から

チェコのバスターミナルを出発すると、すぐにまたのどかで綺麗な景色が広がりだしました。 とにかくずーーーっと続く菜の花畑の黄色が、心を明るくさせます。 その景色の真ん中に佇んでるみたいな、線路も菜の花畑…

続きを読む

しっかりして!夜行バス

二人の僧侶と楽しい時間を過ごし、 ほのぼのした気持ちで、お寺を後にします。 町全体が世界遺産の素敵な町、ルアンパバーン。住みたいってくらい、雰囲気がとっても好きになった。 でも、結局ルアンパバーンでは…

続きを読む

この旅で一番衝撃だった事故

私はどうも、時々交通事故を目撃することがあって、 それまた海外でもしかりで、 その後は、寝込んでしまうのです。。。   ひとまず、元気にプエルトイグアスを去り、ブエノスアイレスまで24時間オ…

続きを読む

完全アウェー

ホイアンを出発したバスは、朝7時、起こされました。 ホーチミンまで直通ではないので、バスはニャチャンへ到着したらしい。 全員、降りるように催促されました。   で、降りたところで「サイゴン、…

続きを読む

国を越えるって事は、晴れたり曇ったり

さあ、ポーランドへ戻ります!!! クラクフへと戻ってしまえば、あとはもうゆっくり。 一安心。   でも、最後まで、日本に着くまで、いやむしろ、家に着くまで、 気を抜いちゃいけないけど。 &n…

続きを読む

タイ カンチャナブリーはこんなところ

タイのカンチャナブリーは、カンチャナブリー県ムアンカンチャナブリー群が正しい名称です。 首都バンコクから北へ、バスでおよそ2時間の場所にある県で、実は日本にも少し関わりのある場所でもあります。 遠くに…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link