旅日記 ペルー リマ クスコ 長距離バス

この旅最後のバス移動クスコからリマ

投稿日:2017-10-09 更新日:

今回も使うバスは、Cruz del Sur社です。

 

ひとまず、バスステーションで待っている間にお腹が空いたので、

売店で軽食を食べました。

 

エンパナーダ

プリングルスのPollo味も買ったのですが、まー高い!!

バスターミナル料金ってのもあるかもしれないけど、

19ソル=655円くらい。

 

本気で、ここで買うなら、

市場周りのおじちゃんから1ソルでお菓子買った方が絶対いい!!

ゴロー丸は、そういうの意地で食べたくないみたいだけど!!嫌味

 

今日もバスに乗り込むドライバーとアテンダントは、

しっかりとお酒チェックをして乗り込みます。

 

乗客は、荷物を預けたら、持ち込み荷物の検査、

それから金属検査、顔もビデオカメラでばっちり撮られて、

今日も徹底しています。

 

車内もばっちり、くつろげて広々~。

南米の長距離バスは、本当にどこも快適だったな―。

それでは、今回の旅の最後の長距離バス移動、しゅっぱーつ!!

 

リマへと、戻ります。

24時間くらいです。

 

みなさま。今回の南米旅、

最後の長距離バスからの景色をお楽しみください。旧仕事のバスガイド風に言ってみた。

 

夕飯は、来る時に乗ってきた時に出されたものとは違う物がでました。

相変わらずの悪路で、ブレブレ写真しか撮れませんでしたが、

やっぱり、旅人には嬉しい、できるバスだ!

 

そして、そのまま夜を走り続け、朝日の色で目を覚ますと、

バスは山と山の間を走っていました。

 

とにかく晴れ渡った空と、山々の向こうには、地平線が見えました。

こんな風に地平線を見ることなんて、ない。

 

本当は、見えなかっただけなのかもしれないけど。

今更だけど、凄く遠くに来たんだなーと感じる。

 

でも、あの地平線は、遥か遠くて、まだまだ目の前なんかじゃなくて、

私の旅人生は、まだまだまだまだ続いて行くんだって思えた。

また、スタートだ!

ここから、スタートする!!

 

いくつもの国で、町で、そう思えた。

そして、新しい揺るぎないものをくれた。

それはいつも、日本に帰って辛い時、私の糧になる。

 

目の前にある辛い出来事を、

ナイフみたいに突きつけられた言葉を、

こんなものどうってことはない、私には見てきたたくさんの景色がある。

出会ってきた、たくさんの人の笑顔もある。

そう思わせてくれる。

 

やっぱり旅に感謝。

さあ、今回もこの旅の終わりまであとちょっと、突っ走るぞー!!

 

よし。叫びモードおわり。

朝ごはん。

そして、また何度も乗り場に到着しては、人が降り、

また乗って来て入れ替わり、

バスは進んでいきます。

ここで、小さなトイレ事件発生です。

いやまあ、事件というより愚痴ですけど。

 

とある、乗り場でバスが停車していて、

待っている間、みんな車内のトイレに普通に行ったりしてたから、

私も行こうと思って行ったら、

アテンダントのお姉さんになんか言われました。

 

相変わらずスペイン語わかんない。

でも、みんな行ってるし、

ほら、後ろの席の人だって立ち上がってトイレ行くよ?

 

よくわかんないので、

そのままみんなと同じように車内のトイレに行ったら、

その間にやってきたアテンダントからゴロー丸がなんか怒られたらしい。

 

意味わかんないよ。アジア人は、勝手にしちゃいけない的な?(´・ω・`)

でもって、私と今回のアテンダントの折り合いは悪かったらしく、

その後、コカ茶を配りに来た時、「シュガー?」と言いながら、

1つのお茶に砂糖を入れられたから、

「私はノンシュガー」と言って、違うお茶をとったら、

思いっきり溜め息つかれました。

(`・ω・´)むっきーーーー!!

なんだよなんだよ!!

 

ジャパニーズは、基本、お茶に砂糖なんて入れないんだよ!!

 

あなた達の常識を常識だと思わないでよね!!

 

って、言ってやりたかったけど、言わないでおきました。負け惜しみ

 

とりあえず、最後の長距離バスの景色を堪能しましょ!!

長距離バスに乗っていると、各国のお墓事情とかもよく目にします。

 

ペルーは、土葬が主流。

こういう山と山の合間に、突然広ーい墓地が現れます。

ペルーでは、お墓参りをして、

ついでにお墓でごはんも食べ、パーティーもするそうで、

死者に対しては、明るく接すると言うか、それが普通だそうです。

 

日本のお墓って、やっぱりなんだか暗くて、

とても長時間いられない雰囲気だし、

各国の死に対する考え方の違いですね。

時代がどんどん過ぎて、流行なんかがどんどん変わっていっても、

そこだけは変わらないですね。

 

きっと、そこには先祖への敬いの気持ちがあるから、

どの国もお墓参りの仕方は、変わらないのかもしれませんね。

 

山も砂漠も続くけど、山肌に文字がちらほら。

何て書いてあるんだろうー。名前なのか短文なのか。

アテンダントのお姉さんとの意思疎通が図れないだけじゃなく、

こういう文字もせめて、一目見てわかるようになりたいなー。と、

南米旅に出て、つくづくスペイン語勉強しようと思いました。

 

自分の中に跋扈している怠け者の、

あらゆる負のエネルギーを寄せ集めたら、

逆に、1つくらいやり遂げられるんじゃないかとか思いつつ、

言語習得は永遠のテーマです。。。


見習える人達が、周りにいっぱいいるんだけどねー。。。

私より生徒の方が先生だよって言う。

 

さてと。

ちらほら目に入る建物もちょっと現代的になってきました。

 

やがて、海が見え始め。

PM15:00、予定時刻通りに、

バスはリマのCruz del Sur社のバスターミナルに到着したのです。

 

一度来ている場所は、やっぱりほっとするけど、

でもやっぱり、旅するなら都会より田舎派です。


とはいえ、最後の町、大都会リマを楽しみます。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

 

 

<sponsored link>







-旅日記, ペルー, リマ, クスコ, 長距離バス

執筆者:


comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PREV
さよならクスコ
NEXT
リマの高級住宅地サン・イシドロ区

関連記事

ベルリンの壁

ヨーロッパのドミトリーは、基本的に個人ロッカーがあって、鍵はついていたり、ついていなかったり。 で、この宿は、鍵は自分の鍵を使う式。   でも、持ってきた鍵のサイズが合わず苦労してたら、 同…

続きを読む

旅の中だるみでハンガリーのケーキ、クレーメシュ

ハンガリー、ブダペスト。 到着したときは、若干ビビったし、街の雰囲気もなんだか、おおぅ。。。って感じましたが、 散策してみると、穏やかでそんなに悪くない街に感じました。 近所のスーパーで買い物をして宿…

続きを読む

この旅史上最悪の国境越え カンボジアからタイ

泣きべそだろうが、名残惜しかろうが、時間はどんどん進みます。 タイへの帰還に向かって。   実は、ヤマトから私とゆきさんの他に、もうひとり日本人の男の子が一緒でした。 まだ大学生の彼は、春休…

続きを読む

笑い会える人と通り過ぎてく人と

さて、お腹がすいたので、超地元っぽい食堂に入ってみたのですが、 メニューはたくさん書いてあるのに、できるのはシェイクしかないと言われ、 こんな寒いハノイでも、1日1つシェイクを飲んでいる私。。。 &n…

続きを読む

次々と奇跡が起きるアルゼンチン旅が始まった。

数時間遅れで、サルタの町へ到着。   と言っても、できる限り、今日のうちに進んでしまいたいので、 まだまだバスを乗り換えて、もっともっと東へ進みたいのです。 でも、ラキアカの町で、バスに乗れ…

続きを読む

ウユニでのトリック写真はこんな風に撮っている

私達を乗せた魔法の馬車は、更に遠くへと走って、 さっきよりも、もっともっと真っ白な場所へ来ました。   大粒の塩の結晶がよくわかります。 もう、ちょっとやそっと周りを見回しても、人影すらあり…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link