旅日記 ポーランド クラクフ

ヴァヴェル城の見えるヴィスワ川で鳥あつめ

投稿日:2016-05-27 更新日:

雨の中央広場はやっぱり静か。。。





そもそも、昨日空港で観光客ほぼいなかったけど、

この街に観光客というのは足を踏み入れてもいいのでしょうか、と心配になるレベルです。

 

建物は、きれいなんだけどなぁ。。。

もともとは、ポーランドには秋に行きたいなって思っていて、

ヨーロッパの秋は黄金で綺麗なんだろうなぁっていうのが理由でした。

 

結局来たのは、秋ではなかったけど、きっと秋は更に綺麗なんだろうなぁって思わせてくれます。

ちょっと変わった形の葉っぱなんかも面白いですね。

なんかジブリを思わせるような像発見。

なんて、ふらふらと歩いてたら、クラクフ旧市街のハイライト的な場所に辿り着きました。

 

ヴァヴェル城入り口です。

やっと出会えた数人の観光客が、城を目指して坂を上っていました。

 

でも、今日は雨だし、クラクフはどうせ最後にまた戻ってくるので、城内はいいかなと、今日は外観だけにしました。

見上げるとこんな感じ。

この城沿いにぐるっと回ると、クラクフ旧市街を取り囲むように流れるヴィスワ川があるのですが、

ヴィスワ川越しに見るヴァヴェル城がほんとに美しかったです。

雨の観光なんて、ほんっとしんどいけど、

それでもここは雨が強まってくると、さらに神秘的になるんですよ。

さすがお城ですね。

 

まさにドラキュラがいそうな、お姫様が眠ってそうな、王子様が。。。

霧の作る雰囲気がたまんない!!

 

ところで。

このヴィスワ川に、すっごい心惹かれるものを見つけちゃったんですよ!

 

それは、白鳥!!

 

向こう岸にいるんですけど、こっち来るかなって思って待っても見たんですけど、

来てくれなさそうだったんで、ぐるーーーーっと遠回りして、会いに行ってみました。

 

じゃーん!

ちゃんと伝わってますかね?

って、写真にすると、大きさわかりにくくてくぅーーーーって地団駄です!!

が、すっごい大きいんですよ、この子達。

向こう岸から見つけたときは最初、あれ?スワンボード?って本気で思いましたもん。

ほんっとに。

 

でもね、本物だってわかって正直、ヴァヴェル城よりテンション上がっちゃいましたから。

だってスワンボード並みに大きい白鳥なんて日本で見たことない。少なくとも私は。

 

で、ここからは、この子達とヴァヴェル城のベストショットを撮るべく、何度もシャッターを切ってました。

 

カシャッ!

 

あ、急に背中搔き始めちゃったよ。。。(´・ω・`)

 

カシャッ! あ!また首が変な方向にっっっ!!(`・ω・´)

 

10枚目くらい。

 

まぁ、こんなもんかな。。。※後ろの子は、ずーっと寝てます。

その後は、よく見ると、また外国ならではの見慣れない鳥がいたので、野鳥観察してました。

外国の鳥って、おしゃれな子が多くて、見つけると楽しいんですよね。

 

この子は、カラスかと思ったら、違う鳥でした。

まぁ、友達 には、会えなかったけれども。

 

なんか、ポーランドの水鳥って普通のカモでも大きいんですよね。

小鳥系は普通の大きさなんですが。

 

で、鳥あつめしてたら、まるで私の行動をわかりきってたようにあったこれ。


これって、折り鶴ですよね???

日本と関係のある場所なんだと思います。

残念ながら、何がどうとか見つけられなかったけど。。。

 

ってなんか、まともな観光名所を届けておらずすみません。

なんかポーランドにまで来て、こんな時間を過ごしてるの正直ビミョ~ですね。。。

 

ポーランドの鳥紹介でした!

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

<sponsored link>







-旅日記, ポーランド, クラクフ

執筆者:


  1. 仙台-じゅん より:

    おはようございます。
    この子たち、ヨーロッパに住んでるコブハクチョウですね(^^♪

    ハクチョウの首って、見てると、ほんとに自在に曲がるんで
    面白いですよね。

    このしぐさは「羽繕い」っていって、
    お尻の方に、身体から脂肪が滲みだす場所があって、
    そこの油をくちばしにつけて、全身に塗って、
    羽の「防水処理」をしてるんです。
    かゆいわけじゃないんです(笑)

  2. うしおクローバー* より:

    バサッバサッ!という羽の音が聞こえそう。
    旅レポいいですね!

    クラクフといえば、世界史で「クラクフ大学」を勉強したな…天文学、数学、コペルニクス…位しか思い浮かばなかったのですが、サヨさんの記事を見てワクワクしております。なかなかよい雰囲気ですね。

    スワンちゃん達もキュートです。キュートというか…大きいのですね(笑)

    引き続き、よい旅を~♪

  3. ろっしぱぱ より:

    やっぱり…綺麗やねえ~~~
    日本と…全然違う!!!(あたりまえやけど…笑)
    ヨーロッパ感が…はんぱねええ~~
    さてさて…現実見ながら…
    お仕事スタート!!!

  4. 台湾の路地裏猫 より:

    「ヴァヴェル城よりテンション上がる」って
    東大寺大仏より人気を集める鹿ちゃんたちみたいですね。

    でも、観光客が少ないのは不思議です。
    ちょっと調べたら結構な観光都市なのに。
    時期的なものでしょうか。

  5. ✿リ ン(o^-^)b✿ より:

    うわぁ~
    折鶴って日本が発祥と思ったましたけど
    ドイツにもあるってことは最初に折ったのは・・・?

    白鳥さん綺麗ですねぇ..羽根広げたら凄い大きさそう(*^▽^*)

comment

関連記事

なんか日本人が関係してるっぽいレストランと、強敵BINとの出会い

予定より、アユタヤへ早く着いたので、まだ外も明るい。   あ、お部屋の中の様子をお見せしますね! シンプルだけど、とっても広いのです。シャワールームとトイレも部屋内に完備されています。これ、…

続きを読む

フエの名物料理 ブンボーフエ

ぐーーーっすり寝ました。 ひたすらバス移動からドミトリー。気を抜けない睡眠が続きましたが、久々の個室。 ホテルは静かで、かなりいい感じでした。   午前中は洗濯をしたり、調べ物をしたり、部屋…

続きを読む

メコン川ツアー散策と恐怖のドリアンのチェー

ホテルで朝食をとったら、外へ散策に出かけましょう! まずは、あさって行くつもりのメコン川ツアーの散策、 後は、できれば次の町へのバスチケットもゲットしてしまいたい。   しかし、ホーチミン …

続きを読む

ルアンパバーンからのプレゼント

さて!次の町への移動日です!! 二日間、たっぷり休養したので、だいぶ体も回復しました。 なんとか、次の町へ行けそうです。   ここ、Chittana Guest Houseにも、本当にお世話…

続きを読む

メコン川の上で、生まれた場所の空を思い出す

ツアー最後は、リアルジャングルクルーズです。 この小舟でメコン川を渡っていきます。 漕ぎ手はちゃんといますよ。 これねー、2年前に乗った時、恐怖で身動きできなかったんです。 でも、ハロン湾でも乗ったし…

続きを読む

Exchangeにそんな裏技があったとは!

地球の歩き方に載っていた入場料をすっかり信じて来てみたら、   実は、とんでもなく掲載より高額料金で、   その上、入場料は、アルゼンチンペソでしか払えないと言われ、  かと言って、ここにも近くにも、…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link