旅日記 オーストリア ウィーン

世界で一番居心地のいい教会シュテファン大聖堂

投稿日:2016-07-07 更新日:

さあ、ルームキーを受付に預けたら、街へ出かけよう!!

 

やっぱりウィーンの街は、なんだか違う。

旅のウキウキ感を取り戻したよ。

 

特別、素敵な街って思うわけでも、大好きな田舎町って事でもないんだけど。

やっぱり相性ですね~。


大きなワンさん達も、So~~~~キュートですね!!


やっぱり、ヨーロッパは色んな犬種が見られて楽しいなぁ♡





さて。

 

バスターミナルから歩いてきて失敗したので、

中心地まで、今度は地下鉄Uバーンで移動しましょう。

 

ちなみに、ここんとこ、すでに私の旅の良くないとこが出ていて、

普通の人とズレてる”ここ行きたい!”って場所以外は、ウィーンについてそんなに勉強してないです。

だいたい、長旅は最初の頃はよく調べるのに、

行こうか行くまいか、どっちでもいいやって国になると、適当です。

 

ヨーロッパ旅は行ける限り、色んな町に行こうって思ってただけなんで、

ウィーンの知識が、ない!!!

 

ってことで、とりあえずガイドブックは結局ほとんど見ておらず、

宿でもらった地図を頼りに適当な中心地を目指します。

 

地下鉄の入り口。

Uバーンの乗り方は、ほんとにわかりやすくて助かります。

チェコとは違って、ちゃんとお札も使えますし!!

旅人に優しいですね。

 

これ、券売機です。

 

ウィーンもまた、自分で改札をします。


この青い機械にチケットを入れて、刻印されればOK。

 

地下鉄構内も綺麗!


電車の中もとっても綺麗。

 

やっぱり都会だ。


降りてみたのは、Stephans Platzという駅。

 

地上に上がります。

 

目の前に広がったのは、なんだか銀座みたいな雰囲気の街。

なんかやっぱり、今までのヨーロッパの国と違うよ。

観光客もかなりいるけど、なんか空気も明るくて、影がなくて、

あと、自分が浮いてる感がない!

じろじろ見られたりしないし。自分が自然に受け入れられてる!!

 

このヨーロッパ旅、初の解放感!!ヽ(゚◇゚ )

 

なんて思ってたら、すぐに背後から大きい鐘の音が鳴り響きました。

それは、なんだか古い音。

 

で、鐘の音の方へと歩いていくと。。。

 

綺麗!!とてつもなく大きい!!

 

シュテファン大聖堂


クトナー・ホラ・ムニュストの聖バルバラ教会も初見でオオっって思ったけど、

それを遥かに超えて、なんだか感動してしまいました。

ほんとに、しばらく見とれていたくらい。

 

周囲には、観光ツアー斡旋のおっちゃん達が、貴族の恰好をしてたくさんいます。

ポーランドやチェコでは、一人でいるからかアジア人で金持ってないと思ってるのか(まぁ持ってないけど)、

相手にもしないって感じで目も合わされなかったけど、

ここでは、ちゃんと「コニチハー!」ってニコニコ呼びかけてくれます。

 

東南アジアくらい、やられすぎるとうっとうしいけど、やっぱり無視もなんか寂しい。

かと言って、ツアーなんかには参加しないんだけど。

 

旅人心は、乙女心と同じくらい繊細ですねっ!!

 

って、あほなこと言ってないで、もちろん入ってみましょう!!

これ、正面口です。

※ちなみに、ただ中に入るだけなら無料。


はぁ~~~~すご~~~~い!!(iДi)

 

短絡的だけどっ。

 

でも、本当に蓋然的な言葉なんですよ。

気が付くとひとりで、声をあげてました。

全身を奪われて動けませんでした。


 

主聖堂の方へは、観光客は近づけないようになっていたので、

小聖堂の片隅に腰かけて、しばらく佇んでいました。


なんだか。

寂しいだの外人扱いだの、愚痴が多いヨーロッパ旅だけど、

私はここに来るためにヨーロッパ旅に出たんだな。

 

出るまでは手術も合併症も辛かったし、

体調もすっごい危うくて、断念することも考えた旅だったけど、

思い切って飛び出して良かった。

私を、ここに導いてくれてありがとうございます。

 

そんな事を思いました。

 

今まで行った日曜日の教会よりも、世界中のどの教会よりも、

一番居心地がしっくり感じた教会でした。

そして、守られているのを感じました。

 

ずっと長年行ってみたいと思ってたポーランドには、あんまり呼ばれた感覚なかったけど、

 

ここには、呼ばれた気がする。


ちなみに私は行きませんでしたが、ここの地下にもカタコンベがあるそうです。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

その他の記事

0

<sponsored link>







-旅日記, オーストリア, ウィーン

執筆者:


  1. obakaneko より:

    シュテファン

    実は、こちらでクリスマスミサに参加したことがあるんです。それはそれは荘厳で。
    こちらにいると、ものすごく徳を得た気分になりますよね。

    ウィーンは世界でも住みたい街ベストに入っていたような・・・・。暮らしやすい街ベストだったかな?記憶が定かではないのですが、移民もとても暮らしやすい街だったと記憶しています。居心地良いはずかも~~~。

  2. かみぞー より:

    サヨ@女一人旅さんへ
    ヴォナ・セーラ
    グーテンターク

    再登場でございます。
    本日の東京は気温36℃になりましたが、
    まだ夜は気温が下がりなんとかなります。

    シュテファン寺院ですが、エレベータで登りまして、
    綺麗な景色を見られたのですが、
    足元がスケスケで、高所恐怖症の僕タンとしましては
    厳しかったですねぇ。
    そんな記事はコチラに…
    http://ameblo.jp/kamizoh/entry-10677915603.html

    8月に行きましたが、この時期もお花が咲き乱れて、
    カラフルな季節かと思いますので、
    楽しまれて下さいねぇ~
    って、もぅ、オーストリアを出られているんですもんねぇ

  3. ろっしぱぱ より:

    デカワン天国!!!(笑)

    やっぱ…いいよなああ~むこうは!!!(笑)

  4. うみママ より:

    感動しました!

    プロテスタントのクリスチャンになる前から、カトリックの視覚的に訴える教会への憧れがあって、それを偶像視する考え方もあるんですけど、分かりやすさという点ではありなんじゃない?と思います。
    美しいですね!
    これを考えた方の心の美しさ、神様に捧げる賛美がそのまま表れていると感じました!
    シェア、ありがとうございます。
    最後のカタコンベには笑いました!

  5. swimmy より:

    ウィーンは大き過ぎず、見どころがギュッと詰まっていて楽しいですよね~。
    しばらく行っていないので懐かしかったです。
    変なカツラ被っているのは、おそらく観光客向けコンサートのチケット売りですね。コンサートはピンからキリまで様々なので、確かに興味が無ければ、相手にしなくて正解です。

comment

PREV
オーストリアの空気を吸い込んで
NEXT
ウィーン中心部を散策しよう

関連記事

ウィーンの焼きそばとザッハトルテを食べに行く

ウィーンのマリアヒルファー通りは、青山チックな感じで、お洒落なお店も多くて、 しかも服屋もいっぱいあって、しばし買い物に耽りました。   長旅では、買い込まないようにしてるけど、ついつい買い…

続きを読む

世界一標高の高い都市の洗礼 ラパス空港から市内へ

空港からは、乗り合いバスで市内まで移動します。 空港を1歩出ると、タクシーのおっちゃんが次から次へと声をかけてくるけれど、 乗り合いバスで行くって言ったら、「乗り場はあっちだよ。」と教えてくれました。…

続きを読む

うそつきの旅人になった日

タージマハルを出ると、入る前に「お土産買って行って」と凄い勢いでついてきた少年が、 まっしぐらに私達を見つけてきました。 「僕、待ってたよ!」   さっき、軽い気持ちで、日本語はわからないだ…

続きを読む

そこはもうウユニの町でした!

朝方、バスが停まった気配に目を覚ましました。 高山病の薬のせいで、(前回の記事、参照)初めて、長距離バスに苦しみましたが、 必死に飲んだ、解熱剤のおかげで、なんとか体調は回復してました。 毎朝、起きる…

続きを読む

なんでアナタ達はいつだってそうなの!

ホイアン最後の日です。   朝、起きると昨夜の激痛はすっかり治まっていて一安心。 これで、無事、今夜のバスに乗れます。 なんだか、ラオスからずーっと体調はあまり良くない。 一人旅ならマイペー…

続きを読む

タイの伝統芸能カントークへ行こう

さて、本日最後の大イベント、観光に行きましょう!   忍者ラーメンの親切なお姉さんが、トゥクトゥク用にもタイ語で場所名を書いてくれた紙があるので安心です。 問題は。。。まぁ、いつものごとく、…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link