アメリカ マイアミ 空港からの移動・旅先での移動など情報

マイアミ空港から市内への行き方(バス)

投稿日:2018-01-28 更新日:

今回は、マイアミ空港から市内への行き方についてです。

アメリカ、マイアミへの行き方はルートもいくつかあるとは思いますが、私が行ったのは、ダラスでの乗り継ぎを経てマイアミへ、というルート。




 

まずは、日本を出発して11時間、ダラス空港でさらに飛行機を乗り継いで更に、約2時間半で、マイアミ空港に到着します。

 

マイアミは、なんてったってビーチの綺麗なリゾート地。

っていうこともあり、マイアミ国際空港は海をイメージさせる飾り付けとなっています。

入国をしたら、早速市内へGoですが、今回はメトロバスで行ってみることにします。

 

まずは、空港とつながっているMIAムーバー駅から無料のシャトルトレインで移動をします。

 

この表記を目印に進みます。

 

 

シャトルトレインの中はこんな感じ。

ちょうど人もガラガラで快適でしたが、窓の向こうに広がるビーチの気配にウキウキします。

 

そして、シャトルトレインを降りたら、次に目指すのは、

Metrobus」という表記です。

少し歩きますが、この表記をひたすら追って進んで行くと、

エスカレーターのある場所に到着します。

そしてここのエスカレーターを降りると、やっと外へ!!

すぐに乗り場があります。

 

ここです。10番乗り場。

バス乗り場はいくつかあるけど、ビーチと空港を結んでいるバスは、150番のAirport Flyerです。バスの車体で150番という番号を確認するのを忘れずに。

 

5:30頃から、20:50分頃までだいたい30分間隔で運行しています。

※土曜日は、18:50分まで。

 

終点までは、38分くらいという距離です。

料金は、一人2.65ドル。

小銭を用意しておくといいです。

 

なぜかこの時は、ドライバーさんに聞いたら、二人で5ドルと言われました。

二人だと5ドルになるのかな?

 

車内は結構揺れるので、座席に。

 

あっという間に、窓の向こうにビーチが見えてきます。

市内から空港へ戻る時も、同じ150番バスで。

終点が空港です。

 

という、とても簡単な行き方なので、マイアミビーチへ向かう旅人は、メトロバスが安くておすすめです。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

1+

<sponsored link>







-アメリカ, マイアミ, 空港からの移動・旅先での移動など情報

執筆者:


comment

PREV
タイ カンチャナブリーはこんなところ
NEXT
カンチャナブリーのクウェー川鉄橋は歩いて渡るのがおすすめ

関連記事

マイアミおまけ

天国のビーチを去り、マイアミの街を歩いてみることにしました。 マイアミブラリです!! いやもう、リゾート地ですね~。 もちろんホテルなんかは、基本高そうな、バックパッカーには縁遠いホテルが多かったです…

続きを読む

天国の海岸ってマイアミの海のことだったんだ

汚れた窓ガラスの向こうに、時々ビーチを覗かせて、バスはどんどん進んでいきました。 気分は最高!! マイアミですよ!マイアミ!! イチローのいるマイアミ。 イチロー好きじゃないけど。  イチローより松井…

続きを読む

真夜中の台湾へ

いよいよ、台湾へ出発です。 1年ぶりの一人旅です。   この日は、舞台を観たのち、そのまま成田へ向かい夜発つという、 なかなかのスケジュールの詰め込み状態でした。 ちょっと贅沢して、スカイラ…

続きを読む

一カ国目、上海に到着

関空を飛び立ち、なんだかんだウォークマンを聴きながらウトウトしていると、 あっという間に中国が見えてきた。 なにはともあれ、記念すべき一カ国目、中国に到着!   飛行機をずらしてもらってもな…

続きを読む

ポカラ レイクサイドから日本山妙法寺へのトレッキングまとめ

ネパールのポカラで日本を感じられる場所、日本山妙法寺とワールドピースパコダ。登山やトレッキング経験のない初心者には、気軽に行けるおすすめのコースなんだそうですが、実際に私が歩いたルート、感想などを今日はまとめます。

エアポートレイルリンクに乗ろう

初めての空港泊となりましたが、疲れには勝てず、 既に心を決めていたためか、気がつくとちゃんと寝られていました。 何分ほど経ったのか、 まるでサイレンを鳴らされたかの如く響いた、おばちゃんの声で起こされ…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link