旅日記

はるこの道をどうか照らして

投稿日:2014-05-03 更新日:

夜、再び川沿いへと出かけます。

途中、今日も昨日行ったズンへ、夜ごはんを食べに行きました。

今日は、普通のコムガーです。

やっぱり、ここのコムガー最高!!(●´ω`●)

 

さて。

実は、ホイアンへ来ようと決めてから、やりたいことがありました。

それは、ベトナム版、精霊流しです。





タイ、ラオスと、たくさんのお寺へ行って、はるこのことお願いしてきたけど、

ベトナムではタイ、ラオスほどはお寺が重要視されている感じもなくて、

なんだか、お祈りできるようなお寺もありませんでした。

 

どうしたもんかと思っていたら、このホイアンで精霊流しをしていることを知って、

滞在中に絶対やろうと思っていたのです。

 

今日もホイアンの夜は綺麗です。

ライトアップされている日本橋を通り過ぎて、


川辺へ到着すると、たくさんの人が精霊流しの紙で作られた舟を売っていました。

ろうそくに火が灯され、もう立てられていて、流すだけの状態で売られています。

 

流している人達もちらほらいました。

ちょうど、女の子が売りに来たので、買いました。

そしたら、別の女の子が、私のも買って~と売りに来て、

この写真の子から、この人は私の客よ!あっちに行きなさいよ!って軽くどつかれていて、

うわ~んって小さい喧嘩が始まっちゃって、

ちょっとオロオロしました。(笑)(  ゚ ▽ ゚ 😉

 

鉄のお皿がついた長い棒に乗せて、

トゥボン川の水面に、そーっと浮かべます。

 

はるこの船は、ゆっくり、ゆっくりとトゥボン川を流れて行きました。

これは、この世とあの世を繋ぐ舟。

はるこの為の灯り。

どうか、はるこが暗い道でも寂しがっていませんように。

 

いつまでもいつまでも見送りながら、やっぱり涙が溢れて止まりませんでした。

 

でも、

わかってるんだ。

最近一緒にいてくれてるってこと。

 

精霊流しができて、本当に良かったです。

生まれて初めての精霊流し体験でした。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

0

<sponsored link>







-旅日記

執筆者:


  1. singersongwriter☆汐 里 より:

    そちらとコチラの時間差って
    どれくらいなのかな(?_?)
    子供でも生活かかってると、強いんだね~笑

    はるこちゃん、しあわせだね^^

    ウチはずいぶん前に最初のネコちゃんを
    癲癇で亡くし、今の仔は二人目なの。
    親子でペットレスに近い状態になっちゃいました

comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PREV
カオ・ラウとヤリー・ファッションタウン
NEXT
ベトナムの真ん中でキミと再会

関連記事

ちょっとだけスロバキア。私の旅のキャスト

来た時は、予想に反して遠かったので、素直に地下鉄に乗ってバスターミナルへ向かいます。 次の町への移動も、同じくStadion駅からのバスです。   朝早いけど、ショッピングモールが開いていた…

続きを読む

空砲の轟音をどうしても聞きたい銅鑼湾の正午

銅鑼湾というおしゃれな街には、かなり古くからずっと続いている歴史的な儀式が行われているのです。しかし、この儀式を見る野は一苦労でした。またしても、下調べ不足と余裕のなさがいけない。いつになったら、上級バックパッカーになれるんだろ。

ホアロー収容所

ハノイにも負の観光場所があります。 世界中の負の遺産を見ると決めているからには、必ず行こうと決めていました。   ホアロー収容所 フランスの植民地時代に、フランス軍によって造られた収容所です…

続きを読む

ポーランドからチェコへの夜行バス移動

ヴロツワフの街の小人探しにも疲れ果て、まだ早いけど再びバスターミナルに戻ってきました。 しばし、駅前のベンチなんかでもポーランド人観察なんかしてたんだけど、 なんか叫んでる人とかいてちょっと怖いし、お…

続きを読む

世界遺産ヴァヴェル城を歩いてみよう

ヨーロッパの空は、いつも見上げると飛行機雲があって、 たくさんの緑も、第二の故郷のニュージーランドによく似てて、 何度もニュージーのこと思い出してたよ。 あれも気づけば、遠い景色になってしまった。 で…

続きを読む

旅先ではいつも自分の生き方を肯定したい

いつしか再びウトウトして、再び目を覚ますと、  バスは、ウマワカ渓谷の辺りを走っていました。  ウマワカ渓谷は、アルゼンチンのフフイと言うところにある渓谷です。 この辺りもまだ、標高2000メートル。…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link