旅日記 タイ チェンマイ

日本人宿での日々が始まる

投稿日:2014-02-21 更新日:

気を取り直して。

アユタヤで、チェンマイに行くことにした時から、考えていたことがありました。

それは、日本人が経営している宿に泊まってみたい!





 

その時、ちょうどビンとの一件で、ちょっと滅入ってて、

とにかくこの辺でいったん、安心して過ごせる場所に行きたいって思っていました。

そして、チェンマイでの宿に選んだのは、

Slowhouse

ふー。やっと日本の環境でゆっくりできる。。。

受付も日本人だし、宿泊客もほぼ日本人です。

 

個室もドミトリーもあります。

で、この旅では初のドミトリーに泊まることにしました!

 

同室は、まみさんというカフェ好きの女の子。

この旅始まって以来の、初の日本人の女の子との時間。

ああー。癒される。

 

で、この日は近くの韓国人宿が満員だったらしく、

何人か韓国人の子たちも泊まりに来ていました。

  

それから、部屋は違うけど、マッサージ学校へ通っている方もいました。

 

他には、一目見て沈没者だとわかる、しゅうさんという不思議系な男の人。

ここは、日本でした。

 

それに、ここの周辺は日本人経営の店などが多いらしく、

日本語の看板がとてもたくさんあります。

もちろん、ラーメン屋や日本料理店も。

 

なので、旅の途中で日本人が少しのんびりするには、とてもいい場所だと思います。

女の子は、くれぐれもソンテオに注意したうえで!!

 

 

さて、宿について荷物をおろしたら、町をしばし、ぶらぶら散策します。

  

歩いて5分もしない場所に、ガートスワンケーオという、

大きなショッピングモールがあります。

中は、服屋、靴屋、フードコートなどなど。

色んなお店が入っています。

 

ちなみに、タイのカラオケBOX ↓

 

フードコートでランチをとることにしました。

 

カーオマイガイ

これ、好きなんです。

 

ちなみにここのフードコートは、お店でお金を払うんじゃなくて、

フードコート入口にある、チケット売りのお姉さんからチケットを買って、それを使う仕組み。

 

よくわかんないけど、先にお店に行って、お兄さんに聞いた額を出したら、その金額分変えてくれました。

 

そして、そして。

夕方になると、外に屋台が並び始めます。

 

その屋台で買ったプリン。

これ、本当にプリンだったのかなぁ?なんかコーンポタージュの味がしました。

 

ちょうど、この日は土曜だったので、サタデーナイトマーケットに女子3人で行くことに。

すごいにぎわっています!

屋台の数もすごいし、なんてったって、靴をはじめバッグなど、

思わず買いたくなるような物が多数、売られているんです。

 

フードも色々あって、蟹の甲羅に入ったつみれっぽいのと、

東南アジアのデザート、初ロッティーを買いました。

  

どっちも激ウマ!(写真撮れず、スミマセン)

 

ちなみにここで、おばあちゃんが売っていためずらしいベルトが凄い気になって、

値段を聞いたら、800B!!(+_+)

 

そんな値段、今はとても出せない。。。

 でも欲しい。。。

 

おばあちゃんにいくらがいいのって聞かれて、400Bって言ったら、鼻で笑われました。(笑)

 

頑張って、650Bまで下げるって言われたんだけど、

悩みに悩んだ末、諦めました。。。

 

でもねぇ、その時は、どうせそのうちラオスあたりで、安く買えるかも!

とか思ってたんですよ。

 

まんまと、出会えず。。。

 

夜は、みんなで宴会状態だったんですが、まだ初日。

アユタヤ最後の夜の楽しかったみんなとの別れを引きずっていて、私気分が上がりきれませんでした。。。

でも、日本人宿の夜、誰かと一緒の部屋は安心して熟睡できました。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

<sponsored link>







-旅日記, タイ, チェンマイ

執筆者:


comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PREV
チェンマイのソンテウには絶対に注意してください!
NEXT
チェンマイの喫茶店へ行こう!

関連記事

国を越えるって事は、晴れたり曇ったり

さあ、ポーランドへ戻ります!!! クラクフへと戻ってしまえば、あとはもうゆっくり。 一安心。   でも、最後まで、日本に着くまで、いやむしろ、家に着くまで、 気を抜いちゃいけないけど。 &n…

続きを読む

クスコへ向かうCrus del Sur

お母さん、私は今、ペルーのリマにいます。 長いようであっという間だった、この南米旅も、いよいよ最後の国となりました。   正直、ものすっごくまだまだ足りないって思うくらい、南米の居心地が最高…

続きを読む

マカオでポルトガル料理を食べるならこのお店

マカオはポルトガル領地であっただけあって、ポルトガル料理が食べられるのです。かつて遊郭もあった綺麗な通り福隆新街でとっても美味しくて雰囲気のいいレストランがありました。

プノンペンの王宮を散歩する

博物館を出て、再び呉さんのバイクの後ろに乗り、 独立記念塔などを通って、目指すは王宮です。 かつて、カンボジアはフランスの植民地でした。 1953年に独立を宣言すると、やがて独立を記念して、5年後の1…

続きを読む

パラグアイ名物パンと新しい町に着いた!

サルタの町を出てから、14時間バスに揺られ、 窓の外は、だいぶ水が多めの景色に変わってきました。 日差しの色も濃くなってきたし、気温も上がっているのがわかります。 丸めて置いてある俵が、なんだか可愛ら…

続きを読む

ホームスティ先のパパとママとの出会い

色々と予期せぬハプニングにつまづいて、すっかりテンションは下がってしまったものの、ようやく無事到着ゲートを出ることができました。そこで目にしたのは、名前入りの画用紙などを持った、たくさんの人の姿です。たくさんプラカードを持った人達が、出口で出迎えているけど、私の名前は見つかりません。

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link