旅日記 ハンガリー ブダぺスト

美しく青きドナウにやっと出会えたよ

投稿日:2016-08-05 更新日:

苦労して、王宮の坂道を登り切ると、

この旅何度目かの

”旅に出てよかった!”

と感じられる景色と感情に出会えました。

 

 

美しく青きドナウって、どこにあるんだよって内心思ってたけど、

この王宮から見えるドナウ川のことだったんですね!!(;△;)

はぁぁー。綺麗すぎるよ。

 

ペストの街、くさり橋はもちろんだけど、

特に目を引くのは、素敵な建物過ぎる

国会議事堂

ここであの優雅なワルツが産まれたのかと思うくらい。

ここの景色は素敵すぎる。

 

初日、思わずビビってしまったハンガリー、ブダペスト。

こんな感情にさせてくれる街だなんて思わなかった。

 

しばし、ここに佇んで景色を眺めていました。

かつて、王様の為のとっておきの景色だったんだなぁ。納得です。


そして、この丘はやっぱり要塞っぽくもありますね。

私なんかの身長では、すっぽり。

 

ちなみに。。。

苦労して階段で登ってきたけど、

ちゃんとエスカレーターありましたっっ!!!

教えてくれよ!!

せめて、ガイドブックか何かに載せてくれりゃいいのにさっっっ!!!(`・ω・´)

 

トンネルの入り口もかっこいいですね。

 

これは、ブダ側からのくさり橋。

この橋には4頭のライオンがいるそうですが、こちら側にも。

でもねぇ。

橋のど真ん中にも一応いるんですよね。

 

とにかくたくさんの守り神のライオンを置いているんですね。


それだけ、平和への祈りも深いような気がして。

もう歴史に左右されることなく、

このライオンと共にブダペストが平和であり続けますように。

 

私は、いち外国人だけど、そんなことを祈りたくなった、

素晴らしい景色でした。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

その他の記事

<sponsored link>







-旅日記, ハンガリー, ブダぺスト

執筆者:


  1. ☆まりりん より:

    ヨーロッパは街並みが絵になるね~!
    美しく青きドナウ、本当にあるんだね!

comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PREV
ブダペスト ブダ側を歩いてみる
NEXT
ハンガリーで情熱に出会う

関連記事

ワット・プラ・マハータートとタイの蘭を売る花屋通り

続いて、世界遺産を見に行きましょう! なんか、大魔道士みたいな名前の遺跡です。   ワット・プラ・マハータート ここも、もちろんビルマ軍に破壊された遺跡が連なっていますが、 とても見応えのあ…

続きを読む

ウユニ塩湖の中のサボテン島

続いて、またまた新しい場所へと到着しました。 またまた、ウユニ塩湖にこんな場所もあるなんて、とちょっと驚きました。 遠くから見ると、まるで、無数のアルパカやリャマなどが、生息してるみたいに見える! &…

続きを読む

あれれ?台湾ってこんな感じだったっけ。。。

旅の本気見せます!と意気込んだものの、でも、以前集団旅行で来た時とは、だいぶイメージが違うような。しかも下調べしてないし。迷子になりながら、心折れそうになりながら、平渓線に乗るために四苦八苦しました。

旅、初のダウンまでのカウントダウン

昨日は、また夢の中で大号泣していました。 今、日本がとっても恋しい。 こうやって一人でたくさん考える時間があると、色んなことを考えます。   人間関係のわずらわしさもたくさんあるけど、 普通…

続きを読む

辿り着いた街、カンチャナブリー

映画”戦場にかける橋”のモデルにもなった鉄橋がある町、 すなわち、日本にもとてもゆかりのある場所 カンチャナブリーに到着しました。 さて。 無事にバスでの初移動をクリアし、次なる試練は宿探しです。 &…

続きを読む

アブダビ空港のサービス力に心躍る そんなトランジット

さあ、いよいよアブダビ空港に到着するのです。 朝食もしつこくジャパニーズセットを押し付けられたけど、 断固NOで普通の方をもらいました。 断ったのに、数秒後また勧められるという劇推しっぷり。 外国人の…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link