旅日記 ハンガリー ブダぺスト

美しく青きドナウにやっと出会えたよ

投稿日:2016-08-05 更新日:

苦労して、王宮の坂道を登り切ると、

この旅何度目かの

”旅に出てよかった!”

と感じられる景色と感情に出会えました。

 

 

美しく青きドナウって、どこにあるんだよって内心思ってたけど、

この王宮から見えるドナウ川のことだったんですね!!(;△;)

はぁぁー。綺麗すぎるよ。

 

ペストの街、くさり橋はもちろんだけど、

特に目を引くのは、素敵な建物過ぎる

国会議事堂

ここであの優雅なワルツが産まれたのかと思うくらい。

ここの景色は素敵すぎる。

 

初日、思わずビビってしまったハンガリー、ブダペスト。

こんな感情にさせてくれる街だなんて思わなかった。

 

しばし、ここに佇んで景色を眺めていました。

かつて、王様の為のとっておきの景色だったんだなぁ。納得です。


そして、この丘はやっぱり要塞っぽくもありますね。

私なんかの身長では、すっぽり。

 

ちなみに。。。

苦労して階段で登ってきたけど、

ちゃんとエスカレーターありましたっっ!!!

教えてくれよ!!

せめて、ガイドブックか何かに載せてくれりゃいいのにさっっっ!!!(`・ω・´)

 

トンネルの入り口もかっこいいですね。

 

これは、ブダ側からのくさり橋。

この橋には4頭のライオンがいるそうですが、こちら側にも。

でもねぇ。

橋のど真ん中にも一応いるんですよね。

 

とにかくたくさんの守り神のライオンを置いているんですね。


それだけ、平和への祈りも深いような気がして。

もう歴史に左右されることなく、

このライオンと共にブダペストが平和であり続けますように。

 

私は、いち外国人だけど、そんなことを祈りたくなった、

素晴らしい景色でした。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

その他の記事

<sponsored link>







-旅日記, ハンガリー, ブダぺスト

執筆者:


  1. ☆まりりん より:

    ヨーロッパは街並みが絵になるね~!
    美しく青きドナウ、本当にあるんだね!

comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PREV
ブダペスト ブダ側を歩いてみる
NEXT
ハンガリーで情熱に出会う

関連記事

星空と夜明けと。ウユニ塩湖にバイバイ!

朝3:00出発で、再びツアー開始です。 もちろんメンバーは一緒だけど、実は、ラパスを去る時に、同じ宿でちょっと話をした2人と、ここで再会できました。   彼女たちは、別のツアーで、今から初ウ…

続きを読む

ここはー...スラム街ですか?それとも?

バスは、Nepligetバスターミナルに到着しました。   なんだか結構、一緒にバスに乗っていた乗客は、 地元の人が多かったらしく、お迎えの車がたくさんいて、 みんなそれに乗り込んでいました…

続きを読む

素敵な予感がするペルー旅の幕開け

チリのサンティアゴを飛び立ち、車内は満席。   SKYエアラインは、南米のLCCです。 食事もなし、ドリンクサービスも有料。 ひとまず再び寝まくりました。 南米旅、最後の国のペルーでは、再び体調万全で…

続きを読む

ベルリンの都会の日常ってこんな感じ

寝る前までアンソニーと話し込み、そのうち眠くなってきて、 アンソニーが「電気消すね」と言ってくれて、そのまま二人とも自分のベッドに直行して寝たけど、 夜中、誰かが部屋に入ってきて、私のベッドのサイドに…

続きを読む

ニュージーランドに来たからには絶対行きたいあの場所

今日は金曜なので、午前授業のみ。ニュージーランドでは、金曜日はもう週末休みに入るモードで、午後も早々と3時くらいに仕事を切り上げて、帰宅したり出かけたりする人が多いと聞きました。だから、学校も午前中のみらしい。

ナイトマーケットで直面した現実

少し歩くと、サームローのおじちゃんが来るときに教えてくれた 墓地がありました。 連合軍共同墓地。 戦争時代、日本軍の捕虜となり、とてつもなく過酷な鉄橋建設に係わった イギリス人兵士が眠る場所です。 こ…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link