旅日記 カンボジア プノンペン バックパッカーの旅先あれこれ

I’m a Fighter

投稿日:2014-05-31 更新日:

昨日も今日も、カンボジア人には好感度を抱きまくっていた私でしたが、

一気に、それを破壊する出来事がありました。

 

はい。

カンボジア人にブチギレ事件の始まりです。

 

もう、なんで私はほんとに変な人 を呼ぶオーラがあるのか。。。(-“”-;)

東京で、知らない人に傘で殴りかかられ、警察沙汰になったこと人生で2回ありますからね。。。

 





で、昨日と同じく、宿の近くの屋台へ夜ごはんを食べに出かけました。

メニューを注文し、椅子に座っていたら、首のあたりにポンっと、ティッシュを丸めた物が当たりました。

 

何?って思ったけど、周りを見回しても、誰か投げた様子もなく、

なんかの拍子にあたっちゃったんだな程度に思っていたんです。

 

そしたら、数秒後に2回くらい続けてまた。。。

そのあたりで、犯人がわかりました。

隣のテーブルを1つはさんで座っていたオヤジが明らかに変な人なんです。

一人でニヤニヤしながら、宙に向かってなんか言っている。

でも、ティッシュが当たった瞬間、そっちを見ると、瞬時に顔をそらして何事もなかったような顔をしてるんです。

 

小学生のいじめかよ。。。(-“”-;)

 

呉「あの人、見るからに頭おかしい人だから、目を合せないようにしよう。」

 

でも、その後も投げられるティッシュの数々。

しかも、私にだけです。

 

私、10発は当たったでしょうか。

だんっだん、イライラしてきました。

 

で、注文した料理が来ました。

まあ、予想はしていましたが、案の定、料理めがけてティッシュが投げられたのです。

お皿の片隅に当たって落ちるティッシュ。。。

その瞬間、理性の全てがぶっ飛び、気付いたらブチギレている私がいました。

 

バァァァンっ!!!!!

 

思いっきし隣のテーブルを殴りつけ、

「ヘイ!やめろ!おまえ、ソースでもぶっかけてやろうか!?」

怒鳴りつけてる私がいました。

 

ビビって凍りつく呉さん。

同じく、偶然そいつの隣に座っていた関係ないお兄さんも凍りついています。

でももう腹が立って腹が立って!!

 

私、怒りが貯まりに貯まりまくって、時々こういうキレ方します。

気付いたらキレている自分を、もうひとりの自分が青ざめて見てるっていうキレ方。

もう心臓が怒りでバクバク。恐怖ではなく怒りで、手まで震えちゃうくらい。

 

でも、この時は、もうひとりの自分ですら自分を応援しているくらい、

ブチギレていたのです。

 

「ふざけんな!いい加減にしろ!!」

もう一度、怒鳴りつけました。

そいつは一瞬ひるみ、でもすぐにまたニヤニヤし始めました。

 

もう、腹の虫が収まんなかったけど、いったん冷静にならなければ。。

結果、自分との闘いです。

まじで、テーブルの上のソースをぶっかけてやりたい衝動を抑えながら、テーブルに座りました。

正直、外国人にブチ切れたの初めてです。

 

だけど、何も悪いことも目立つこともしてないのに、意味もなくティッシュを何度も当てられて怒らないわけがない。

同じくらい腹がたったのは、周りに座っていたカンボジア人が、私がぶちぎれたのをニヤニヤ笑って観戦していたことです。

 

まぁ、一番の被害者は、間のテーブルに座ってた男の人でしたが、、、(彼は笑うこともなくかなりビビってた)

その後は、さすがにティッシュ投げはとまったものの、

今度は、私に向かって呪いの言葉みたいなのをずーっとつぶやいていました。

もう、相手にしませんでしたが。

 

後で呉さんが教えてくれたところによると、奴は中国語で、

「お前はなんで南コリアにいるんだ」って言ってたそうです。

全くもって意味不明なんですけど。

 

私が韓国人に間違えられたのか何なのか知らないけれど、例え韓国人だって

意味もなく、ティッシュを投げられる筋合いはありません!

韓国人も日本人も、あんた達に何してるかわかってんの?って言ってやりたかった。

 

もう、なんでカンボジアに来てまで、あんな頭おかしい奴と同じ場所に遭遇しちゃうんだよ!!

 

呉「びっくりした。強いね。。。私だったら、絶対怖くて何も言えない。」

「あんな奴、誰だってブチ切れるよ。呉さんに投げてたって私、怒ってたよ。ブチ切れてやんなきゃなめられたままだよ!」

呉「あはは。やっぱり強い~。」

 

私はもー、こういう奴が許せないんですよ!

外国人をなめてるのも、あと女だからって見くびられんのも大っきらい!

人を批判してばっかで生きてる奴も大っきらい!

くたばれ、ジェンダーバイアス!な人間なんで。

 

プノンペンは、危ないからって言われているのも、こういうとこにあるのかも。

とは言え、ブチ切れたのも、危ないのかもしれないけど。

まさかの出来事でした。

 

こんな嫌な出来事、次のシェムリアップでプラスになって返って来るんですかね。。。

 

この夜はずっと怒りが私を支配していましたが、

とりあえず屋台でドラゴンフルーツシェイク 3000リエル と、

ジャックフルーツを購入。

カンボジアのシェイク、ラオスに近いのかなって思ってたら、

タイと同じくらいクオリティー高くてびっくり。

 

ジャックフルーツも、道端でおばちゃんがまさに二人並ぶように売っていたのですが、

全く量も見た目も同じ物。片方のおばちゃんに値段を聞いたら、

「6ドル。」

 

( ̄ー ̄;

 

高すぎなので、隣のおばちゃんに聞いたら、

「5000リエルだよ」(=125円くらい)

って言われたんで、もちろん、こっちの正直なおばちゃんから購入。

 

なんていうか、そんな阿漕過ぎる商売して、隣で正直者がいて、気まずくならないんですかね。

なんか、こういうのって昔話とかであったような気がするな、、、とか思いました。

 

あーあ。プノンペン最後の夜なのに、最悪になっちゃったよ。

そしてここからまた、心がなんだか鬱々としたような気分になって行ってしまうのです。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

<sponsored link>







-旅日記, カンボジア, プノンペン, バックパッカーの旅先あれこれ

執筆者:


  1. ちゃりこ父 より:

    こんにちは。

    理不尽な悪とは戦うべきだよ。

    戦いかたはそれぞれだろうけど。

    戦う価値のないものなんかは、どうでもいいけどね。

  2. シズねーさん より:

    腹が立つね~
    ぶちきれるのはいいけど
    相手の壊れ具合がわかんないと
    危険!!

    いつでもダッシュできる体制でね

  3. しんちゃん より:

    最悪やな

    ヘイ、やめろソースぶっかけてやろうか
    鬼の形相やな
    ソースかけたったらよかったのに
    俺やったら、ティシュにソース湿らして
    顔まっしぐらやったなww
    散々やったな。

  4. なふ より:

    (^^)V

    怒鳴りまくって正解って思う!!

    その年頃の
    私ならきっと横で
    にやにやしていた人をブチなぐったかも

    年とともに思い出になっちゃいます♪

    イロイロな人がいます
    そして
    摩擦に出会って
    自分が少しずつ自分の道を歩きます

    常に安全と
    逃げ道を考えてネ(^^)/

  5. エルキャット より:

    まだお怒りが静まらないようでしたら・・・

    サヨさんこんばんは~

    また、思い出してムカつきが収まらないようでしたら私にソースを掛けてくださいね。
    往復ビンタして顔が程よく腫れてきたら「ブルドックにしてやろうか?それともオタフクがいいか?」と選択させてくださいね。
    「でもイカリソースは諦めな!何故なら私が怒り心頭だからさ・・・」とオチをつけてくれるとオジさんもっと喜んじゃいます。

    サヨさんが優しい事はずうぅーーーと知っていますよ。
    アメーバいや……インターネット界の負の遺産?いや汚点の私のブログに遊びに来てくれるぐらいですからね。

  6. ケムきち より:

    ぶっとばせ~!

    でもサヨちゃん偉いなぁ~

    言うだけでも凄いよ。

    オイラもこういうのは許せない性質(たち)だけど、
    その場に居て言えるかどうかわからないなぁ~

    後で後悔してるパターン多いかも。。。

    でも、こんなことされたらキレるよね!

    ぶっ飛ばしても足りないくらいだよ。

    オイラもキレたら・・・・、

    怒りを抑えて、、、、
    優しい顔を作って表に連れ出しちゃうかも~www

    優しい先生の顔、ちゃんと見えてますよ~

comment

PREV
SORYAショッピングセンター
NEXT
プノンペンの夕陽を一緒に見に行こう!!

関連記事

マチュピチュの裏側

そういえば!! 有名な観光地って、基本、誰もが思い浮かべる代表的な姿があるけれど、 裏側ってどうなってるんだろうって思いませんか?? 素敵な場所って裏側も隠れ絶景だったりするんですよね。  …

続きを読む

やっぱりなんか暗いって

ドミトリーには、寝る時まで誰も来ず、一人だと思ってたけど、夜中爆睡してたら誰か来た。   でも、眠すぎて起きられず。 で、朝方部屋に鳴り響くヘビメタの歌で目が覚めました。   同室…

続きを読む

チェコの田舎を散歩する

プチパニックに陥りながらもクトナー・ホラ、ムニュスト駅に到着すると、 想像をはるかに超えて誰もいない田舎町が広がっていました。 駅前ですら、こんな感じ。 これ、観光地と言っていいのか?ってくらい、ひと…

続きを読む

マカオでも人骨を巡る旅

聖ポール天主堂跡は、マカオの歴史をぎゅっと詰めたようなそんな歴史的建造物。その歴史の波の中を泳いでいた人達の骨も祀られているのです。

メコン川からラオスの村を見つめて

トラックに乗せられ、ちょっと走って、まずはスローボードのチケット売り場に到着。 でも、ツアーに組み込まれているので、ここでは手続きだけです。   ボードに名前、国、パスポートNoやらを書かさ…

続きを読む

ウユニでのトリック写真はこんな風に撮っている

私達を乗せた魔法の馬車は、更に遠くへと走って、 さっきよりも、もっともっと真っ白な場所へ来ました。   大粒の塩の結晶がよくわかります。 もう、ちょっとやそっと周りを見回しても、人影すらあり…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link