旅日記 タイ チェンマイ

ワローロット市場を歩こう!

投稿日:2014-03-05 更新日:

かよさんに、はるこの話をしました。

今は、はるこの話はたくさんしたいけど、誰彼かまわず話しているわけでもなくて、

ましてやペットロスなんて、みんながわかってくれるわけでもなく。

でも、なんとなく話す人っていうのは、そういうフィーリングというか、

話したくなるんですよね。

 

そしたら、かよさんも過去に同じ経験をされていました。

旅行中のかよさんの帰りを待って、

かよさんの腕の中で息をひきとったというわんちゃん。


やっぱり、こういう話をしていると泣きそうになるけど、

痛みをわかってくれるような話せる人に、出会えたことに感謝したいです。





今日も、昼は日差しが強いです。

なので、やっぱりスムージーを買います。

路上の屋台から。

カップに入った果物を選ぶか、メニューにある名前を言うと、作ってくれます。

 

で、今日のスムージーはパッションフルーツを選びました。

無数に残る種の食感と、すっぱさが暑い中飲むととてもおいしい!!

本当にタイのスムージーのレベルは素晴らしい!

 

そしてそして、色んなお話をしながら、目的地を通り過ぎ、

はて、ここは?と地図を見ると、なんと駅!!

 

駅まで歩いて来ることができました。

チェンマイ初日の怒りが沸々と蘇って来ます。

 

そりゃ、バックパックを背負って歩くには、大変すぎる距離かもしれないけど、

もんの凄く遠いなんて、超でたらめ!スローハウスからだって歩けない距離なんかじゃありません。

あー、もうあのオヤジ!不幸になれ!!あの時いた全員まとめて!

 

。。。

 

気を取り直して。

 

もうひとつ、旧市街に来たら行きたい場所があります。

 

チェンマイ最大の市場と呼ばれている、ワロロット市場です。

売られているものは、野菜を始め、

これは、とうがらしの山 ↓

米量り売りとか、

こんなモノ達まで!

ペット用?それともお食事用??

 

そして、魚たち。

 

 

かかか・・・

カエル!! 食用ですね。。。Σ(・ω・ノ)ノ!

 

 

そして、市場の建物の中に入り、よくわかんないヌードルを食べて、

二階へ。

 

ここ、すっごくたくさんの洋服とか小物も売られていて、

見ているだけで楽しいです。

で、この旅初の服を購入。

エスニックっぽいスカート180B

これで、この後の旅は時々、スカートひらひらで素敵女子に。。。なれそうにないけど。

 

本当はもっとたくさん欲しいものがあって、でも荷物になるので買えませんでしたが、

とにかく安い!!

 

しかも、先日、モン族のグッズ売り場で買ったものが、

ここにも売られていて、こっちの方が、安いというオチ。。。

 

い、いいんだよ!

私が買ったのはきっと、オリジナルで、なんかが、わからないなんかが違うはず。。。

 

チェンマイに来たら、ワロロット市場へGoですよ!

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

<sponsored link>







-旅日記, タイ, チェンマイ

執筆者:


  1. ☆まりりん より:

    わー
    かえる無理。゚(゚´Д`゚)゚。
    でも怖いもの見たさに見ちゃう。
    画像大きくするのが怖くて見れないけど、皮剥いでるのかな?

  2. まーぼー より:

    パッションフルーツ!!
    数年前に、パッションフルーツをグリーンカーテンとして作ってみました。
    しかし、その冬の寒波で枯れてしまいそれっきりです・・・Σ( ̄□ ̄;)

    でも、とてもいい香りがするんですよねぇ~(o^-‘)b グッ!

    3月1日のブログの記事に『はるこ』の写真をお借りしました。
    報告が遅れてすみません

comment

PREV
チェンマイの旧市街へ
NEXT
ただいま。おかえり。

関連記事

ついにルアンパバーン到着!

9時にパクセーの村を出発したスローボードは、いくつか岸に寄り、 何人かの村人を送り届けながら、夕方4時、ルアンパバーンの岸に到着しました。 いつものごとく、到着アナウンスもなければ、看板的なものもない…

続きを読む

ラパスからウユニへのバスチケットを買う

海のない内陸国ボリビア、かつてはちゃんとボリビアにも、海があったのです。 正しくは、海への領土、港を持っていたのですが、戦争によってチリに奪われ、今ではお金を払って、港を使わせてもらっています。 これ…

続きを読む

ウユニ塩湖の中のサボテン島

続いて、またまた新しい場所へと到着しました。 またまた、ウユニ塩湖にこんな場所もあるなんて、とちょっと驚きました。 遠くから見ると、まるで、無数のアルパカやリャマなどが、生息してるみたいに見える! &…

続きを読む

トゥールスレン虐殺博物館 2

カンボジア プノンペン トゥールスレン虐殺博物館 前回の記事からの続きです。 そして、ここの棟は独房として使われていました。   有刺鉄線で覆われた入口。 収容者が逃げられないように張り巡ら…

続きを読む

罪を洗い流してくれる沼

岡村さんのトゥクトゥクは、更に走り、 また新しい遺跡に到着しました。   なんかお祭りみたいな音楽が流れていて、 ※音楽の正体は、地雷で足などを失った方達が楽器を演奏しているのです。  アン…

続きを読む

インカレイルに乗ってマチュピチュ村を目指す

オリャンタイタンボ駅から列車に乗り込み、マチュピチュ村を目指します。  念願の列車に無事に乗ることができて、ウキウキなゴロー丸さん。 駅に来るまでのミニバンでの岐阜事件(前記事参照)にもめげずに、  …

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link