旅日記 ネパール ポカラ 世界のごはん・お菓子

チベットのお茶、バター茶はどんな味

投稿日:2019-05-15 更新日:

ポカラに来たら、行ってみたいレストランがありました。

それは、タカリ族の経営するレストラン、

 

タカリキッチン

ネパールには、たくさんの民族が暮らしています。

例えば、カトマンズに多く居るという、ネワール族。

彼らは、タメルから南下したエリアでも見た、

ネワール建築を始めとした、技術が優れている民族です。

もちろん、技術だけではなく、商業や農業なども行っています。

 

ネパールで一番多いのは、インドからやってきたパルバテ・ヒンドゥー族。

彼らは、農業を得意とした民族。

他にも、少数民族で言えば、登山ガイドで有名なシェルパ族などなど、

それはもうたくさんの民族が居て、それぞれに得意な職業なんかを持っているのです。

 

とは言え、その民族内でもそこから更に、カーストに分かれて行き、

宗教も異なるので、 完全に多文化でややこし過ぎて、

なかなか深い理解が難しい仕組みになっています。

 

日本で生まれ育った私は、普通に日本人であることで愛国心はもちろんあるけれど、

ネパール人は、国を愛すというよりも、自分達の民族に対しての誇りを持ち、

愛情や不満も、自分達の民族へ向けて思うようです。

 

それを知って行くと、今ポカラで色んな人から褒めてもらっている、

このヘナタトゥーを描いてくれた、 カトマンズのマーラが言っていた、

「私はヘナカーストなの」の言葉の意味も、より詳しくわかってきますね。

ヘナカーストとサーランギー  

 

で、このタカリ族は、料理を得意とした民族。

元は、チベットからやって来た民族で、山の上の方に住む山岳民族でした。

タカリ族が作る料理は、ネパールの代表料理のダルバートでも、

また品数や調味料、調理方法なども違うらしく、特段美味しいと言われているのです。

 

ネパールでは、タカリと名前が付いているレストランがあるけれど、

それらはタカリ族の経営するレストランです。

 

それにしてもここ、立派ですね。

店の中も、中国人の観光客で賑わっています。

 

まあ、ここは店内も綺麗だし、ちょっと料金もお高めです。

とは言え、全く嘆くほどの金額じゃないけど。

 

ちなみに、レストランや食堂なんかでネパール人がしていることがあって、

気になっていた事がありました。

それは、食堂やレストランでの水の飲み方。

このテーブル中央の、ティッシュの横に置いてある水差しは、

いわゆる飲料水なのですが、ネパール人は、コップなどに注いで飲みません。

この水差しをひょいっと持って、注ぎ口から直接水を飲んでます。

 

で、この中にある水は足されるだけで、水差しが交換されるわけじゃなく、

いわゆるお客さん共用の飲み水なのです。

注ぎ口に、口をつけて飲むわけじゃなくて、上を向いて、口の中に注ぎ込むって感じだけど、

ちょっと、飲んでみるにはハードル高いですね。

 

潔癖症ってほどじゃなくても、万人が口をつけた(実際はつけてはいないんだけど)

っていう感覚と、私の場合絶対にやらかしそうなのは、

口に入れようとして、顔にビシャーってぶちまけちゃうってこと。

いや、一人旅だと、恥ずかしい~なんて、共有する人もいないから、

一人でやらかしてて余計に恥ずかしいって言う。

 

基本、ペットボトルの水は常に持ち歩いているので、この水差しに手をつけた事はないですが、

ここは、ちゃんとコップも用意してあって、やっぱりちょっとお高いレストランだなってわかります。

 

ちなみに、評判のいいダルバートよりも、私がここに来た理由は、これが飲んでみたかったからです。

 

タカリティー

別名、バター茶。

 

これはもちろんタカリ族の故郷、チベットを始め、ブータンなどでも飲まれているお茶。

チベットではブージャと呼ばれています。

 

見た目、ちょっと濃くて美味しそうなミルクティーに見えますけどね。

飲んでみましょ!!!

 

うん。

不味い!!

 

ってほどではないけど、初めて出会うなかなか癖のある味。

塩味が効いていて、クリーミーなんだけどバターの味とにおいが凄くする。

どっちかと言えば、ティーだよと出されるよりも、

スープだよって出されたら受け入れられる味かも。

 

旅友は、このバター茶を一口飲んで、思わず吐き出しそうになったらしいですけど、

まぁ、日本人で、これ大好き!って人は、なかなか貴重かも。

ちなみにミルクは、ヤクの乳で作ってます。

ほんと、これからチャレンジする人は、スープだと思って飲んだ方が抵抗ないはず。

 

以前、東北方面に旅行に行った時、

途中のサービスエリアで人気だと言うカレーパンを買ったんですけど、

そのカレーパンがひたすら激甘で、パンも甘けりゃカレーも甘くて。

なかなか不味いと思わない私の馬鹿舌ですら、ウエーってなる味で。

一緒に居た友人と、これカレーパンじゃなくて、

カレージャムのパンだよねって話してたんですけど。

あれがカレーパンと言い張って売られているのと、

カレージャムのパンって付けられて売られているのとじゃ、

売り上げもだいぶ変わってくるだろうから、

商戦としてはカレーパンって言い張って正解なんだろうなと。

 

何が言いたいかと言うと、

タカリティー:バター茶は、ミルクティー感覚ではなくスープ感覚で飲むと美味しい。

 

ちなみに、ここのお店では、スモールポットで90ルピーなんですけど、

だいたい3杯分入っているので、複数人で来ても注文は1つで充分かも。

もし気に行ったら追加すればいいし。

一人でこれを3杯飲むのは、なかなかの苦労でした。

 

ダルバートは、噂通りとっても美味しくて、味も凄く良かったです。

サービス精神旺盛だったマクドナルドの米の量に比べて良心的な量!

あ、いやカビンのマクドナルドは、あの感じがいいんだって。

 

まだまだポカラには、気になるレストランがあるので、

引き続き、ネパールで食べられる料理を責めて行きたいと思います!

 

会計の時、レジの隣りに、口直しのガムみたいに、

ご自由にお取りくださいセットが置いてあるんですよ。

これまた、カビンに教えてもらったソーンフ なんかも置いてあったんですけど、

1つこれなんだろうって凄く気になったのがあったんですよ。

 

レジ係のお兄さんに、これ何?って聞いて名前教えてもらったけど、

全く聞き慣れない名前だったうえ、なんか難しくて速攻で聞いた言葉は抜けてったんですけど、

食べられるの?って聞いたら、美味しいよって言うんで、もらって店を出ました。

 

これ。乾燥イチヂクのかけらみたいな見た目。

これまた、スパイス系の衝撃な味がするんだろうなー。

 

ひとまず、ほんのちょっと齧ってみようと思ったんですけど、

衝撃の味ならず、衝撃の硬さ!!

石を齧ろうとしてんのかなってくらいのとてもじゃないけど噛めない硬さで、

もはや味もへったくれもありませんでした。

 

ネパール人はほんとにこれ食べてんのか?

だとしたら、どんな強靭な歯を持ってんだよ。

そりゃ、こんなの齧ってたら、カトマンズの歯の神様にもお願いしたくなるよ。

 

いや、もしかしたら本気で私がからかわれただけで、

実は食べ物なんかじゃなかったのかもしれないですけど。

 

これまたひとつ、ネパールにて変なちっちゃな体験が出来ました。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

 

<sponsored link>







-旅日記, ネパール, ポカラ, 世界のごはん・お菓子

執筆者:


  1. 武家の娘ひかる御前(旧 シャンタル) より:

    お邪魔いたします
    ヨーロッパから北アフリカ、シリア、アラビア半島、ペルシャと旅して、ユーラシア大陸の中での紅茶文化と緑茶文化の境界はどこなのか?とずっと研究してまいりましたわたくしにとって(現時点ではアフガニスタン東部が一つの境界?)、未知のネパール、チベットのバター茶について詳細にお書きになっている興味の尽きない記事です。

    バター茶はスープのようだとのことですので、緑茶ではなく発酵茶なのでしょうか?お砂糖を入れたり、角砂糖を口に含んで飲むことはないのでしょうか?また水差しから直接、口に水を注ぐ文化も初めて聞いたもので新鮮です!

    色々と質問してしまいまして申し訳ございません。

  2. tekutekubunbun より:

    こんばんは
    その水差し直接飲むの??
    それはさすがに抵抗ありすぎ (≧▽≦)
    お国柄なんだろうな
    日本でやったら大問題(笑)

    そのバター茶見た目はおいしそうなんだけどね~
    濃厚すぎるのかな??
    ネパールの人はお茶として飲んでるのだろうか(笑)

    最後にもらった謎の物体写真で見ると石に見えるんだけど、結局なんだったの??

  3. Sonoko より:

    こんにちは✨
    水差しから直接飲むのって、インドも同じですよね。彼らはペットボトルや瓶コーラでも口を付けずに(汚いからだそう)、しかも口を開けたまま器用に連続でゴクンゴクンと飲むので、一体どうやってんだ~?って思ってました。私も長期でインドにいた頃は真似してペットボトルを口から離して飲んだりしてましたが、よく顔や服をビショビショにしてました(笑)鼻から入った時なんかは最悪です。

    バター茶、私は超苦手なんですが、チベット仏教のお寺に行くとよくお坊さんが出してくれるので、飲まないわけにもいかずいつもおえっおえって思いながら頑張って飲んでました(T_T)
    次回はスープと思ってトライしてみます。

  4. ジョークおじさんタケシ(団塊世代) より:

    いやいや、好き嫌いが多い自分
    食事で行き先が限られそうです
    サヨさんのチャレンジ精神、脱帽です
    バターティー、絶対にお腹壊しそう
    大丈夫だったでしょうか

comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PREV
気まぐれで移動してみたら素敵な宿に出会えた
NEXT
フェワ湖でボートに乗ってみよう

関連記事

ホットシャワー問題

重慶大厦のシャワーはちゃんとお湯が出るのか問題。安宿だって、ちゃんとあったかいシャワーが浴びられるんです。やり方がありました!

英語はまだまだだけど、ママとのお出かけ

今日は、当たり前なんだけど英語力はまだまだなんだなと思い知らされる出来事あり、取り返しのつかない事をしでかしそうになった日でした。数日前、バスルームで手を洗っていると、ちょっとほろ酔いのママがやってきて、話しかけきました。でも、ほろ酔いでいつもよりも巻き舌ヨーロッパ方言のママの英語はいつもよりもわからず・・・そして、私は最低人間になりそうに

ウィハーン・プラ・モンコン・ボピット

再び中心地へ戻ってきました。 しばし、ふらふらしよう。 あ!市場があるので、行ってみましょう!! カラフル~なお菓子や麺が売られていました。 もし、タイに住んだりしたら、色々試してみたいものがたくさん…

続きを読む

安くて美味しい!タイの屋台で食べられるタイフード 2

引き続き、安くて美味しい屋台のタイフードを紹介します。     フルーツのスムージー 出会った場所:タイ全部の町のいたるところ もうタイにいる間、毎日欠かさず飲んでいたってくらい、…

続きを読む

洗濯事情とパーイの町案内

宿も無事決まったことだし、今日はやらなくてはいけないことがあります。 それは、洗濯です。 (なんでだろう、ここんとこずーっと”洗濯”って文字が 自分の中でゲシュタルト崩壊してます。)   そ…

続きを読む

アルゼンチン旅で食べたアルゼンチン料理

今や大好きな国、アルゼンチン応援として、アルゼンチン記事をアップします。 アルゼンチン北部を旅して、色んな料理に出会いました。 素朴な物も、初めて出会う味も、アルゼンチン料理はとっても美味しかった。 …

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link