ベトナム メコンデルタ バックパッカーの旅先あれこれ

こんな事が!現地ツアーの話ベトナム編

投稿日:

ベトナムでは3回、現地ツアーに参加した事があって、

どれも色んな意味で印象深いです。

前回の記事の続き、「現地ツアーってこんな感じ」から、

今までで一番最悪だった現地ツアー参加談を書きます。

 

 

メコン川クルーズ日帰りツアー、大遅刻事件です。

この時は、一人旅ではなかったのですが、

初めての東南アジアで、結構どきどきでした。

まだ一人旅もしていないし、

バックパッカーデビューもしてなかったから、

旅のノウハウも知らず、今思えばありえないことだらけの、

騙されまくりツアーでした。

 

現地ツアー最悪話はじまり

 

ベトナム旅行をすると決めてから、

現地で日帰りツアーに参加したいなと思い、

日系の会社に、もう一カ月以上も前から、

現地ツアーの予約を入れてありました。

 

今思えばそんなに安くてお得なツアーってわけでもなく、

旅慣れた今だったら、絶対使わないようなツアーだったんですが、

完全プライベートツアーって事で、

たまには贅沢にいいかな程度で選んだのです。

内容も料金の割に結構豊富で、送迎もしっかりついているし、

何より現地にもある日本人運営の会社ってことで安心していました。

 

予約の段階では、サイトからの予約、その後の詳細メール共に、

特に不審点は見当たらず、当たり前に楽しみにしていました。

 

しかし、当日の朝、ホテルで待っていても、迎えがちっとも来ません。

40分を過ぎた頃、ホテルの人に事情を伝えて、電話してもらうと、

電話口の日本人男性は、今日のガイドとドライバーはベトナム人で、

今向かっているそうですと伝えてきました。

 

それから言われた通りに待ってみたけど、待っても待っても来ない。

その時間、1時間半くらい。

東南アジアタイムはこうなのか?とは言え、こういうのが怖いから、

あえて日本人経営の会社にしたのに、これじゃあとんだお門違い。

しかも申し込んだのは私なんで、

同行者いわく、騙されたんじゃないのかっていう疑惑が沸々と。。。

 

初めての東南アジア旅行で、それまで楽しくて仕方なかったのに、

完全にテンション駄々落ち。

すでに、ホテルの人に電話は2回かけてもらっていて、

なんだか、ホテルの人にも迷惑かけてるようで申し訳ない。

さすがに2時間が経過して、3回目の電話をした時、

同行者が電話口でキレました。

 

するとすぐに私がそちらに向かいますとのことで、

責任者らしき日本人男性が10分ほどしてホテルにやってきました。

どうやら、今日ツアーに向かうはずだった車が故障してしまい、

ドライバーもガイドも足止めをくらっているというのです。

そんなの正直、こっちには知ったことじゃない。

ましてや、連絡すらそっちから入れてこないんだから、

そんな理由わかるわけないし、今更本当かどうかも疑わしい。

 

とは言え、この男性に怒りまくったって仕方ないし、

とにかく一緒に待つしかありませんでした。

もう翌日は帰国する日です。代えは効きません。

本当に、ただでさえ短期の海外旅行で、

そんなことされたら溜まったもんじゃないですね。

 

そしてようやく3時間近くになろうとしていた頃、

ドライバーとガイドが到着。

じゃあ楽しんできてくださいと、男性に送りだされたものの、

もはや3時間近くも遅れている上に、テンションもさがりまくってる。

 

結局、織り込まれていた観光場所はところどころ終了感が漂っており、

なんか想像してたのと違う感。

メコン川のボートもすっかり曇っちゃってたし。

 

ランチのはずだったごはんは、ほとんど夕食。

メインのエレファントフィッシュはしっかり出たけど。

しかも、大遅刻と同じくらいに、今思うとあり得ないと思うのは、

いちいちチップを払うようにガイドから言われたこと。

 

まだ若いし、チップの払い方もよくわかんなかったし、

確かにスマートな渡し方は知らないけれど、

観光場所について、その場所の係員が軽く説明してくれれば、

説明してもらったのだからとチップを渡すように言われ、

レストランでは、この料理を作ってくれた人だからと、

ウエイターに渡すように言われ、

なんか歌と演奏が始まれば、演奏者全員に渡すように、

そしてボートに乗れば、漕ぎ手の人に渡してと。

 

手漕ぎボートに乗る前に、

サービスで出されたフルーツをいくつか食べたら、

これも食べたならチップをと、言われました。

チップ渡しまくりなんて、どれだけセレブなんだよ。。。

大遅刻までされて、観光場所はほとんど終了感漂ってて、

見どころもないのに。

 

後から、旅友にそんな話をしていた時に、

ベトナムにチップの文化はないから、

それは足元見られただけってことが、

その時になってようやく気付いたのですが、

気持ちとして渡すにしても、渡すように言われて、

しかも金額まで指定されて渡す物ではないですよね。

ツアー料金だって払ってるんだし。

 

当時、両替しに行ってまで、素直に渡してた哀れ過ぎる私達。。。

 

結局ツアーは、夜遅くに無事終わったわけですが、

旅慣れた今思えば、かなりやられちゃったなーと思う、

足元見られまくりのありえなさすぎる現地ツアーでした。

 

今でも、メコン川クルーズで現地ツアー検索かけると、

しれっとその会社が出てくるのが恐ろし過ぎます。

本当に私達の時は、ただの車の故障だったのだろうか。。。

 

それから2年後に、私は一人で東南アジア一周をしたのですが、

その時にベトナムでは2回、日本人経営じゃない現地ツアーに参加して、

一度も大遅刻をされた事はありませんでした。

むしろ、現地の人経営のツアーの方がしっかりしてるっていう。

 

ベトナムは、横断したし、女性がたくましいと思うし、食べ物美味しいし、

この初めての旅行の時も色んな人に親切にしてもらって、

好きだなーって思うんですけど、

一人旅の時も思ったけど、東南アジアの中では結構お金好きな国かなーと。

その商売熱心さに、旅人だからこそ救われたこともあったけど。

 

まぁ、日本にもいい人悪い人いるし、

そもそも日本人経営の会社だったし。

 

とは言え、今では全くパッケージツアーで海外行く事もなくなってしまったけど、

この時のこの記憶が色濃く残り、現地ツアーは現地で申し込むってのが、

私にとっては、ベストになっています。

 

そしてこれからホーチミンに行かれる方、

メコン川クルーズには、要注意ってことで。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

<sponsored link>







-ベトナム, メコンデルタ, バックパッカーの旅先あれこれ

執筆者:


comment

関連記事

世界遺産の町 ホイアンを更に散策してみよう

まだまだ、ホイアンの町は、見どころがいっぱいです! 写真で、ガンガン紹介したいと思います。   まずは、お土産屋さん。 うーん。。。買って帰りたくなるくらい、綺麗なものがたくさん売られている…

続きを読む

カトマンズでアーユルヴェーダ体験 アーユルヴェーダヘルスホーム

ネパールで観光客が行く街と言えば、大都市カトマンズや人気の街ポカラ。どちらの街にも、お手軽な料金でマッサージやアーユルヴェーダ施術をしてくれる施設がいくつかあります。今回、私が行った施設は、アーユルヴェーダ・ヘルスホーム。本格的なアーユルヴェーダ体験ができるということで、楽しみにしていました。

ここまで清く正しい旅をしてきたけど・・・

サルタの町って、爽やかだけど、なんだか住んでる人たちが明るくて、 ラテンって感じで楽しんでいるけど、落ち着いてもいる雰囲気のいい所。   町の中心でもある7月9日広場には、人が集まっていて、…

続きを読む

メコンデルタ 島に生えるフルーツの木々

そしてまた、船に乗り込み、ちょっと走ったら、小さな島でランチです。 ここでもまた、例のわがままスペイン人軍団が、ランチより先に島を散策したいとか言い出しました。 ハンサムスリムに却下されていましたが。…

続きを読む

海外での値段交渉術 買い物編

前回は海外で乗り物に乗る時の料金交渉について書きましたが、今回はバックパッカーの海外での買い物時の値段交渉事情。コツはあるのか、相場はどのくらい?実際の体験も併せて書きました。

心から大好きな宿に出会えたよ!POKOJE GOSCINNE SUN

さて、ヨーロッパ旅最後の新しい宿へと行きます。   最後は、いいホテルなんかで優雅に、ってのも考えたけど、 静かな場所で、できれば現地っぽい場所に泊まりたい!   ってことで探して…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link