旅日記 ベトナム ハノイ

いい男と・・・な男

投稿日:2014-04-12 更新日:

バスターミナルに到着すると、英語が話せる人が乗り込んできて、

ここからの移動について説明してくれるのですが、(ベトナム、、おまえもか)

かなり、この人の英語、ベトナムなまりが強くて聞きとれず。。。(;´Д`)

みんな、”???”のままバスを降り、タクシードライバー達に囲まれます。





と、、、とりあえず、

のぶや君せいいち君、ヨハネス、私の4人は一緒に行動することに。

 

しかし。。。ハノイ中心地までは、どう行ったらいいのか、

タクシーはふっかけてくるし。。

一斉に服数人のタクシードライバーに囲まれて、あーでもないこーでもないと言われると、

ほんっとうるさくて、

「ちょっと待って!!待って!!」と思わず、大きな声を出してしまう程です。

 

とりあえず、ジェシーさんが教えてくれた8番バスで、中心街に近いところまで行けるらしいので、

乗り込みます。※ローカルバスなら4,000ドン。

 

バスに乗り込み、しばらくすると現地人の太った眼鏡の男の人が話しかけてきました。

 

「どこから来たの?」

「日本」

「かわいいねー。一人?」 ニヤニヤ ニヤニヤ

 

「いや、彼らと一緒だけど。」

「なんだ。ボーイフレンドかい?」 ニヤニヤ ニヤニヤ

 

「(イラッ)そう。ボーイフレンド。」

「どいつがボーイフレンドなんだ?」

 

「全員」( ̄^ ̄)

 

 

まぁ、、、まずイケメンは、なかなか話しかけてきませんが、

こんなニヤニヤ下心満載の人じゃなくて、

せめて普通っぽい、しっかりした人から話しかけられたい。

 

しかも、さらにイラッとしたのは、席が空いたら、私にすすめてくれるでもなく率先して座って、

 

「荷物重い?君はストロングレディだね。」( ̄ー ̄)

 

と、ぬかしやがったことです。

 

究極にイラッとしたので、離れましたが。

そして、15分程過ぎて、よくわからない通りでみんなで降ります。

 

さあ、ここからはどうしよう。

 

とりあえず、のぶや君とせいいち君は行きたいホテルがあるみたいで、そこに行く様子。

私は、予約したドミトリーへ向かわないとなー。

 

「じゃあ、私はタクシーで宿まで行くね。ここからなら、そんなにかからなさそうだし。」

 

と言うと、のぶや君達が、

 

「ああ、じゃあ宿まで送って行くよ。よくわかんないところに連れてきちゃったし。」

と。

 

(iДi)

 

な、なんて優しいの!

やっぱ日本人男子最高!

 

女の子扱いされることがめっきりなくなった女一人旅には、

その言葉はもはや神様イケメン様の言葉です!!

 

私なんて、全然送り届けてあげないと不安っていうか弱いタイプじゃないのに。。。!!

 

もう、惚れてまうー!!笑

 

 

「でも、いいよー。私の意思でついてきただけだし。行きたいホテルあるんでしょ?」

「ああ、予約はしてないから。送ってからでも行くよ。」

「あ、じゃあ、私の予約したとこ一緒に泊まる?ドミトリーで600円くらいだけど。」

「ああ。いいかも!行ってみようか」

 

と、なりまして3人でタクシーを探すことに。

 

ヨハネスは、「僕はこの辺でホテル探すよ」と、ここでお別れ。

「いいかい、タクシーは緑色のタクシーに乗るんだよ!」とアドバイスをしてくれて去って行きました。

 

タクシーの中で、「良かったら夜ごはん食べない?私おごるから!」と、せめてものお礼をしようと

二人を夕飯へ誘いました。

 

さて。

やっと宿に到着。

もう時間も、夜9時近くになっていました。

 

ハノイでの宿、Hanoi Hostel


ドミトリーといえば、、、ルアンパバーンの悪夢が甦りますが、

ここはだいぶ綺麗で設備もちゃんとされていて、口コミの評価も高かったです。

 

ドミトリー以外に、シングルルーム、ツインルームもあります。

 

でももう、今日はドミトリーに空きがなかったため、二人はそれぞれシングルルームに泊まることに。

 

私は鍵をもらい、ドミトリールームへ荷物を置きに行くと、

部屋にはチャイナの女の子がひとり。

他の人達は、出かけている様子。

 

とりあえず、チャイナの子に挨拶をすると、


「あなたもチャイナ?」

 

と聞かれたので、

「ううん。私はジャパニーズ!」と、光の速さで返してました。

速効過ぎて、感じ悪かったかも。すみませんねぇ。。。

 

残念そうな顔をした彼女を、視界の隅に見届けて、再びふたりのもとへ向かいました。

 

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

<sponsored link>







-旅日記, ベトナム, ハノイ

執筆者:


comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PREV
2年ぶりのベトナム
NEXT
ミエン・ルオンを食べに行く

関連記事

ヴァヴェル城の見えるヴィスワ川で鳥あつめ

雨の中央広場はやっぱり静か。。。 そもそも、昨日空港で観光客ほぼいなかったけど、 この街に観光客というのは足を踏み入れてもいいのでしょうか、と心配になるレベルです。   建物は、きれいなんだ…

続きを読む

小さいけど見どころたくさん。サルタの町を紹介!

偶然、滞在することになり、でも凄く親切にしてもらい、 予想外に大好きになったサルタの町も、そろそろ去らなくてはいけない時間が近づいてきました。 サルタの町は、表参道、原宿的な若者おしゃれ通りもあれば、…

続きを読む

ウィーンの犯罪博物館つづき 地下へと

すいません。 今日も、犯罪博物館の続きです。   前記事はこちら。   本当にここの博物館は思ったよりも、展示物がたくさん。 それだけウィーンの歴史や革命、そんな時代に起きた事件なんかも深い…

続きを読む

パラグアイ名物パンと新しい町に着いた!

サルタの町を出てから、14時間バスに揺られ、 窓の外は、だいぶ水が多めの景色に変わってきました。 日差しの色も濃くなってきたし、気温も上がっているのがわかります。 丸めて置いてある俵が、なんだか可愛ら…

続きを読む

プラハの夜景は、おもちゃ箱

さて、宿でのんびりしながら、この後白紙だったルートの予定を練っていました。 ヨーロッパ旅のいいところは、陸路移動をネットで予約しながら進めることですね。 東南アジアの旅では、安いバスを探して何件もツア…

続きを読む

イグアスの滝 悪魔ののどぶえ

先に滝の下の方で、思う存分、滝へと接近しました。   凄い水の量が、落ちてきます。 もちろん音も凄いです。 そして。 イグアスの滝、公園内でも、さらにトロッコ列車を乗り継いで、行くハイライト…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link